WORQLIP

元転職エージェントのここだけの話

動物園や水族館で働く動物飼育員になるためにはどうすればいいの?必要なスキルや就職する方法を紹介

動物好きな人の憧れの職場は動物園や水族館ではないでしょうか。今回は動物園や水族館で働く動物飼育員の仕事内容から年収、注意すべき点などを紹介していきます。

動物飼育員とはどんな仕事?

動物飼育員ではそもそもどのような仕事なのでしょうか。業務内容や必要なスキル、年収などを調べてみました。

動物の体調管理や飼育を行なう係

動物飼育員とはその名の通り、動物の体調管理やお世話をする仕事です。

日々の体調変化を観察し、規則正しい食事を与え、ストレスを解消させてあげる努力が必要になります。

普通にペットとして飼育されている動物に比べて、動物園や水族館の動物たちは人の目にさらされることが多く、それだけストレスを感じやすいと言われています。

ストレスを多く感じると体調不良や気性が荒くなるなどの変化の原因になるため、そうした変化を見逃さず、ベストな状態で来場者に観てもらえるように健康管理することが最大のミッションです。

飼育小屋の清掃や来場者に観てもらうための環境作り

動物飼育員は生物の世話だけでなく、飼育環境の改善や来場者数アップのための施策を考えることも必要とされています。最近では来場者数の減少に悩む動物園や水族館も多くなっているのが実情です。

そうした中でも動物飼育員からのアイデアによって、イベントや場内の案内を変えたことでV字回復を遂げた事例もあります。

今や動物飼育員はただの動物の世話をする立場だけにとどまらず、サービスや営業などでも自由な発想で動物園や水族館を盛り上げていく一員として重要視されています。

好きでないと続けるのが難しい仕事

動物飼育員の仕事は体力が必要で、職場環境も良いとは言えません。朝早くからの仕事が多く、一日中立ち仕事で重たいものの運搬作業や動物とのスキンシップ、動物園のスタッフとして来場者との接客業務など、常に動き回ることになります。

また清潔感のある職場ではないため、匂いや雑菌も多く、衛生面での心配もあります。こうしたことに耐えながらも動物への愛情や、来場者の笑顔といったやりがいを見出して頑張ることができる人でないと辛いかもしれません。

新規で開園する動物園は少ないものの、人気のあるスポットであるため一定の将来性はある

新しく開園する動物園はあまりありませんが、現在運営されている動物園や水族館がすぐに閉園することは少なく、家族連れやデートスポットとして長く愛されるのである程度の安定はあるといえます。

一時期は不況の煽りを受けて、閉園が相次いだこともありますが、現在では落ち着きを取り戻しており、ある意味淘汰された感じがあります。

そのため、現在ある動物園や水族館の職員は安定した就職先と言えます。また一部の動物園や水族館は公的な施設として市などが運営しているので、そうした場所はより倒産する可能性が低いとの見方もできるでしょう。

年収は350万円~500万円ほどと、そこまで高くない

動物飼育員の年収は正社員でも350万円~500万円の間と言われており、低くはありませんが高くもありません。特に高い年収の方でも約500万円止まりとなっている点が気になるところ。

それ以上の収入を得るためには資格や専門知識を得て転職するしかないため、年収アップを望む方は動物飼育員として長く働きつづけるというよりは、自分のキャリアアップの通過点として勤務するスタイルがいいのかもしれません。

民間企業よりも公営の方が安定した給与がもらえ、福利厚生が充実していると言われています。また、専門学校卒業か大学卒業かでも給与は若干変わってきます。ちなみに、アルバイトの場合は日給7,000~8,000円、時給にすると800~1,000円です。

動物飼育員として働くにはどうすればいいの?

動物飼育員として働く方法を具体的に考えてみましょう。特別な資格の必要性や有利になるものに焦点を当てて紹介していきます。

企業の運営する動物園であれば特別な資格は必要ないが、学芸員の資格が必要になることも

動物飼育員として働く際に必須の資格は特に定められていません。そのため、やりたいと思った人はだれでもチャレンジできる職業と言えます。ただし、施設によっては学芸員の資格の取得を求められることもあります。

学芸員は日本の博物館法に定められた国家資格で、資格を取得するには大学に2年以上在学する必要があるなどの条件がありますが、この資格を持っていると動物園や水族館以外にも博物館や美術館での勤務にも役立つため、興味があれば持っておくと便利でしょう。

施設や運営を市や県が行なっている場合は公務員試験の合格が必要

就職を希望する動物園や水族館が公的な施設として運営されている場合には公務員試験を合格する必要があります。どの公務員試験を受ける必要があるかは都度異なりますが、受験期間などが限られていることもあるため注意が必要です。

トレーナーや動物看護師などの資格があれば転職が有利になる

必須ではありませんが、動物飼育員となるために必要な資格として動物のトレーナーや看護師、獣医師などが挙げられます。

転職時に持っていると良いと紹介していますが、逆にこれらの資格を取得したいと考えている人にとっては、動物飼育員として働きながら学べることも多いです。

さらに転職する際の手助けにもなる可能性があるので、働きながらこれらの資格を身に着けていくことをおすすめします。

動物飼育員として働くために注意すべきこと

動物飼育員として働く前に覚えておいてもらいたい注意点4つを紹介します。

具体的には年収が上がりにくく、モチベーションの維持が難しいこと、肉体労働であるため、長く続けることができないこと、求人数が多くないこと、そして、トレンドの職種とは言えず、将来性に疑問が残ることです。それぞれ紹介していきます。

年収が上がりにくく、モチベーションの維持が難しい

動物飼育員の仕事は紹介したように年収が高くなりにくいので、同じ仕事を続けるにはモチベーションの維持が課題です。何か目標を持って仕事しながらスキルを身に着けていけばいいのですが、ただ漠然と仕事をしていくには、厳しい仕事内容です。

肉体労働であるため、長く続けることができない

動物飼育員の仕事だけをずっと続けるのは厳しい現実があります。

飼育方法も楽ではないため、年配になれば当然体力も落ち、若い頃と同じように仕事をしていくことができなくなるでしょう。そうなる前にスキルを活かした転職ができるようにしたほうがいいかもしれません。

求人数が多くない

動物飼育員の求人案件はそれほど多くない上、人気なので倍率が高めになります。

人が多ければ良いわけではない仕事なため、基本的に欠員が出た際の募集です。もちろん動物好きな人にとっては憧れの仕事なので、募集があると多くの人が応募します。

そうなると、動物好きというだけでは動物飼育員になることは難しいです。先に紹介した資格を取得したり、勉強するなどの姿勢を見せてアピールポイントを増やしましょう。

トレンドの職種とは言えず、将来性に疑問が残る

動物飼育員の仕事はトレンドの職業とは言えないので、今後伸びていく可能性はあまりありません。将来的に不況や動物たちにとって危機的な気候変動などがあった場合は、一気に状況が変わってしまうことも考えられます。