WORQLIP

元転職エージェントのここだけの話

携帯電話販売員として働くためにはどうすればいいの?必要なスキルや就職する方法を紹介

スマートフォンや携帯電話を持つ人が一度はお世話になったことのあるのが携帯電話ショップではないでしょうか。

今回は携帯電話ショップで働く販売員の仕事内容から年収、注意すべき点などを紹介していきます。

携帯電話販売員とはどんな仕事をするの?

携帯電話販売員はそもそもどのような仕事があるのでしょうか。業務内容や必要なスキル、年収などを調べてみました。

スマートフォンや携帯電話の新規契約や機種変更を促す

携帯電話販売員は各携帯キャリアのスマートフォンや携帯電話の新規契約や機種変更をお客様にしてもらうことで、店舗の売上を稼ぐ仕事です。

中でも、大手キャリアであるドコモショップ・auショップ・ソフトバンクは有名ですね。

携帯電話のキャリアショップにはキャリア直営の場合と代理店の2つがあり、受付スタッフとして働くときの多くは代理店での勤務になります。

代理店は家電量販店やショッピングモールにも入っているものも含まれており、そうした場所で販促をするのが携帯電話販売員の役目です。

各種契約や料金体系についての知識が必要

携帯電話販売員の仕事で大変な部分は端末を売ること以外に、細かい契約内容や変化する料金体系など自分自身が学ばなければならないことです。

特に、契約に関わる注意事項や契約の期間、料金については専門家としてきちんとお客様に説明する必要があります。

覚えることが多い上に変更されることも多いため、その都度勉強し直さねばなりません。また、新しく登場する商品の情報収集も欠かせません。

万が一、サービス内容の説明を間違えてしまうと、お客様からのクレームや、契約の解除にも繋がるため、学ぶ姿勢は重要です。

こうした契約や要項の確認作業に慣れている人は難なくこなせるようマニュアルも作成されているので、続けていけば自分の中でコツを掴むこともできるでしょう。

機械操作が得意な人は仕事に慣れやすい

携帯電話販売員の仕事は機械を扱うことが多いので、機械操作が苦手でない人はスムーズに仕事に就くことができます。

販売しているスマートフォンなどの操作はもちろんのこと、契約手続きの際に使用するタブレット端末など、仕事の大部分を機械操作で行なうことが多くなっています。

機械操作の手順さえ覚えることができれば仕事をこなせるようになるので、反復練習あるのみです。

働く場所が多く、転職できるチャンスが多い

携帯電話販売員は全国で募集のある仕事であるため、働く場所には困りません。

東京や大阪といった主要都市以外にも地方でも多くのショップがあるので、転職を機に引っ越しや地元へのUターンを考えている人にもおすすめです。

また、携帯電話販売員は、男性よりも女性が多いためか、産休・育児休暇、介護休暇などの福利厚生が充実している会社もあり、女性が長期で働きやすくなっています。

年収は200万円~350万円と低いが、手当てや成績に応じて上げることは可能

携帯電話販売員の年収は約200万円~350万円ですが、各種手当やインセンティブで収入を上げることができます。

ベースとなっている時給は接客業の中でも低いほうですが、社内規定による役職手当や勤務日数に応じた手当てに、業績を反映させたインセンティブなど収入を増やす方法が比較的多くなっています。

自分の頑張りを収入に反映させたいと考えている人は頑張りがいがあるのではないでしょうか。

携帯電話販売員として働くにはどうすればいいの?

携帯電話販売員として働く方法を具体的に考えてみましょう。

特別な資格も必要なく、未経験から応募できる案件がほとんどですが、それでも有利な経験や知識があるので、自分にそれらがあればアピールポイントになります。

ほぼ未経験から可能な仕事が多く、どんな人にもチャンスがある

携帯電話販売員の求人を見るとその多くが未経験でも応募可能なものになっています。

学歴や職歴も問わないことがほとんどで、チャレンジしやすい職業でしょう。実際、未経験OK・未経験歓迎の求人が多いですし、研修制度の充実しているところもあります。

スマートフォンの操作や活用方法などの知識があると有利

販売するスマートフォンの操作や使い方をしっかりと熟知しているとお客様からの質問をスムーズに対応できるので、転職において有利になります。

普段からスマートフォンを使いこなしているヘビーユーザーや、アプリ開発経験のあるエンジニアなども適正があるとみなされるので、転職しやすいでしょう。

接客業や営業の経験を活かした仕事ができる

仕事の内容はほぼ接客業となるので、接客業や営業といったコミュニケーション能力を必要とする仕事の経験を活かして仕事ができます。

老若男女問わず利用する携帯ショップでは、お客様に合わせた対応ができることが重要で、しっかりとしたコミュニケーションを取ることがクレームの低減に繋がります。

今ではショップの評判がネットを通して拡散しやすく、一度悪評が流れてしまうと信頼性が低くなるだけではなく本部からの指導対象にもなってしまいます。

そうしたリスクを減らすためにも丁寧な対応が期待できる接客経験者は、大手企業であっても採用に繋がりやすいでyそう。

携帯電話販売員として働くために注意すべきこと

携帯電話販売員として働く前に覚えておいてもらいたい注意点3つを紹介します。

具体的には安定して高い年収を得ることが難しいこと、正社員として働ける求人が少ないこと、そして、お客様からのクレームや問い合わせでストレスが溜まることです。それぞれ紹介していきます。

安定して高い年収を得ることが難しい

携帯電話販売員は基本的な年収が低く、常に高い業務成績を維持する必要があります。

能力や勤務態度に関する手当てであれば毎月受けることも可能ですが、業績や一時的な手当てでは安定した収入に繋がりません。

残業時間はほぼ全額支給されるため、繁忙期となる年末年始や新機種発売のタイミングなどでは給与が増えるものの、そうでなければ残業もなく手取り額の減少は免れません。

正社員として働ける求人が少ない

携帯電話販売員の雇用形態は派遣やアルバイト、パートがほとんどです。

最初から正社員として雇われる案件もありますが、年収は他の雇用形態とほぼ変わらず、正社員として勤務するメリットが薄く感じるかもしれません。正社員で安定した収入と手厚い福利厚生を望む方にはおすすめできません。

お客様からのクレームや問い合わせでストレスが溜まることも

携帯電話販売員はクレームやお客様からの問い合わせが多い仕事です。

契約に関するトラブルや料金プランの相談、スマホの操作説明など、特に年配の方を中心に問い合わせがあります。そうした対応に追われていると、おのずとクレーム対応をすることも多く、ストレスを抱えることにもなってしまいます。

接客スキルの高さである程度は回避できるものの、仕事によるストレスで体調を崩しやすい人には向いていない職場環境と言えます。