自販機補充の仕事で正社員になるのはやめた方が良い?労働環境や仕事のキツさを考えてみよう

求人情報をチェックしてみると、自販機補充の仕事は、未経験OK・未経験歓迎というキーワードが多いので、比較的簡単にできる仕事のように思えますが、実際はどんな仕事なのでしょうか。

調べてみるとかなり厳しく、過酷な労働条件であることが見えてきました。もし目指そうと思っている方がいれば、もう少し考えてみた方が良いかもしれません。

自販機補充の仕事とはどんな内容なの?

自販機補充の仕事と聞くと、よく道端で見かける自動販売機へのジュース補充だけのように思えますが、この仕事だけを行なうのは派遣やアルバイト。求人情報などでは自販機オペレーターという名称でも扱われています。

正社員になるとこの他にも様々な仕事を任されることになりますので、それらを紹介します。

自動販売機に飲み物を補充する

自販機補充はルート配送スタッフとも言われ、自動販売機に入っているジュースの補充を行なうのが主な業務内容です。

担当ルートを回って決められた自動販売機に不足している飲み物を補充していくため、淡々とした業務内容に思われがちですが、実際には四季によって業務の忙しさも変わってきます。

夏場は水や清涼飲料水、炭酸ドリンクが良く売れるため、そうした商品を多く扱う自動販売機には補充が増えることがあり、逆に冬場は温かい缶コーヒーなどが売れ筋に変わります。

またスポーツジムや工事現場、オフィス街など、場所によっても売れる商品に違いがあるので、そうした変化を考えながら対応できるようにする必要があります。

自動販売機の営業活動

自動販売機を店頭や街角においてもらうための営業活動も業務になります。自動販売機の売り上げを伸ばすには、自動販売機自体の設置台数を増やすことが不可欠。

ほかの販売業であれば、さまざまな販促活動がありますが、自動販売機ではなかなかそういった施策による効果は出にくいため、設置台数の増加を行なう必要があります。

正社員になると、商品の補充を行ないながら同じ場所に追加で自動販売機を置いてもらうことや、新しくできた施設へ設置してもらえるよう営業するような仕事も任されるようになります。

自動販売機の集金やゴミ箱の空き缶回収

自動販売機内の売上金の集金やセットで設置されているゴミ箱の空き缶回収といった業務も行います。自販機補充の派遣やアルバイトの場合はお金に関わる作業は扱いませんが、正社員になると管理業務や雑務が増えます。

また、自動販売機の隣によく置いてあるゴミ箱の回収も同時に行ないます。猛暑日が続くとそれだけゴミも増え、中身の残ったジュースで汚れてしまうことも。

自販機補充の仕事がブラックだと言われる理由

自販機補充の仕事はネット上ではブラックで過酷だといわれていますが、実際はどうなのでしょうか。その理由は一日中続く肉体労働と労働時間の長さにあります。具体的にどれほどのものなのか紹介します。

重たいジュースの持ち運びによる肉体疲労

自販機補充の仕事はとにかく肉体労働になります。ジュースの詰まった箱はおよそ7~8キロほどの重さがあり、それを毎日何十回、何百回と上げ下げする運動の繰り返しが必要なのです。

それなりに体を鍛えている人や運動系の部活で体力に自信がある人でも、長期にわたりこの作業を繰り返せば腕や腰に疲労が溜まり、やがて筋肉痛や腰痛に悩まされるようになる可能性が非常に高いでしょう。当然車の運転だってしなくてはいけませんし。

夏場の暑い日はそれだけ仕事も増え、さらに熱中症の危険性もあります。冬場は雪の積もる地域での補充作業をする上、補充前のジュースの缶は思ったより冷たく厳しい作業になります。体調管理がしっかりできていないと務まらない仕事です。

仕事が終わるまで帰れない労働時間の長さ

募集要項などを見ると普通の勤務時間に見えますが、実際は担当エリアへの配送が終わるまでです。すんなり何のトラブルもなく回りきれば、定時に退社できる可能性もあります。

しかし、時期によって忙しさも変化し、付随業務もしっかりこなしながら営業活動までしていると、とても定時に終われるような仕事量ではありません。

集金した売り上げの計算や、場合によっては商品の発注まで行なうので、肉体労働に加え頭脳労働も発生します。残業が続くと疲れはより蓄積されていきますが、中には残業代が出ない会社もあるのだとか。

それだと更に精神的な負担が増してしまいます。人手不足であるためにブラック体質の中で働かされていた経験者も少なくありません。

自販機補充の仕事を続けるとどうなるか

自販機補充の仕事はつらい仕事ですので、長期間働くとそれだけ体への負担が重なっていきます。体を壊すことも考えられ、将来的に続けて行くことが難しくなるかもしれません。

また、年収が上がる見込みが低く、収入を重視した就職を考えている人には注意するべき職業かもしれません。

長くは続けられない仕事内容なので体を壊す可能性がある

肉体労働と長時間労働で体を壊す可能性が高い仕事と言えるので、長期で働くには向いていません。派遣やアルバイトとして短期間に収入を得るための仕事としてはメジャーですが、正社員として長く年齢を重ねて働けるような仕事ではありません。

プライベートや休みの時間が少ないうえ、肉体労働を長時間連続で行なえば、誰でもいつか体の不調を訴えるようになるでしょう。

体の節々が痛い、腰痛やヘルニアなどを患う、長時間労働による精神的なストレス、さまざまな要因があなたの健康をじわじわと追い詰めていきます。

若い内は体力もあるので仕事をすることができますが、年をとるにつれ確実に体力の衰えや体の不調がやってきます。そうなってしまうと、仕事も普通にすることが難しくなり、結果的に使い捨てのようなかたちで退職することにもなりかねません。

健康被害が出てからでは再就職や転職もままならず、将来への悪影響も考えられます。

給与が上がりにくいため、年収アップしたいならほかの仕事を検討しよう

自販機補充の仕事は激務の割に収入が少なく、月給は上がりにくいといわれています。派遣やアルバイトでもできる仕事に加えて営業や集金などの作業が追加されますが、時給換算で考えれば非正社員と大差ない状態であることも少なくありません。

年齢を重ねれば給与が上がるわけでもなく、体力が落ちてくる年齢になると逆に仕事が昔ほどできなくなるため、上がる見込みがより一層なくなります。

一般的な営業活動が得意なのであれば、営業に専念してインセンティブをたくさんもらえるような仕事に就いた方が、将来的な年収アップにつながります。

体力的に自信があるなら工場のライン作業や土木関連企業など、選べる道はたくさんあります。本当に自販機補充や自販機オペレーターと呼ばれる仕事に就きたいのかをよく考えてみてください。

まとめ

自販機補充の仕事はかなりの激務が予想され、収入も少ないうえに将来への不安がある仕事といえます。自販機補充の仕事を紹介する企業としてはネオスが代表的で、コカコーラなど大手企業への正社員雇用などもあります。

しかし、正社員雇用と言っても名ばかりで、結局派遣やアルバイトがやるような仕事に責任のある作業を追加して、働ける若いうちに長時間労働させるような場合が多くあります。

前述の通り体を壊してしまってからでは再就職や転職が難しいため、正社員として目指す場合はそれなりの覚悟と理由を見つけてからにしましょう。

安易に「楽そうだから」「昔派遣やアルバイトで経験があるから」「コカコーラなどの大企業のネームバリュー」といった考えで入社すると後悔することにもなりかねません。

もし、あなたが自分の体力や営業力を活かしたいと考えているならDODAに相談してみてはいかがでしょうか。

転職サービス最大手のDODAなら数多くの転職情報を保有し、その中からあなたにぴったりの案件を探してもらえます。登録も相談も無料ですので、転職やこれからの働き方に迷っているのであればぜひ利用してみてください。

>>転職エージェントの最大手DODAで仕事を探してみる

https://doda.jp