WORQLIP

元転職エージェントのここだけの話

AIエンジニアになるためにはどうすればいいの?必要なスキルや就職する方法を紹介

人工知能システム(AI)は、いまやビジネスを行う上で欠かせない存在です。世界で注目される中、同時にAIエンジニア目指す人も増えています。

AIエンジニアはどんな仕事なのでしょうか。今回はAIエンジニアになる方法から必要な資格、注意すべき点などを紹介していきます。

AIエンジニアとはどんな仕事?

AIエンジニアとはそもそもどのような仕事なのでしょうか。仕事内容やどんなサービスで活躍できるかを調べてみました。

様々な業界から注目を集める人工知能の運用や活用を行なうエンジニア

AIエンジニアはその名の通り、最先端技術である人工知能に関わる仕事を行なうエンジニアです。

ロボットやスマートフォン、スマートスピーカーといった人工知能を使った機械や製品が最近では注目を集めていますが、ハード面だけでなくソフトウェアの部分でも大きく進歩してきています。

どれだけハードが優秀でも人工知能が機能していなければ使い物になりません。そういった意味ではAI業界の中でもAIエンジニアは中心的な存在とも言えます。

AIエンジニアの仕事は企業によって2つに分けられる

AIエンジニアはプログラマー分野と分析を行なうアナリスト領域の2つがあります。

まだ登場したばかりの職業なので、細かな棲み分けがされていないため、2つの仕事が混在している状況です。プログラマーは人工知能の実装や修正に関わる、直接的なプログラミングを行ないます。

アナリストの仕事は、人工知能が学んだことや内部で構築したデータ解析を行い、修正点や改善点を洗い出す作業を行ないます。

小規模な開発プロジェクトであればこれらを兼任することもありますが、通常はプログラマーとアナリストが別々に作業し、双方が協力して人工知能のブラッシュアップを行なっていきます。

プログラマーとアナリストと異なるスキルが必要

AIエンジニアは上記で紹介したようにプログラマーとアナリストの2種類が存在するため、それぞれで勉強すべき基礎知識や必須スキルが変わってきます。プログラマーは使用する言語が複数あり、代表的なもので言えばJAVAやPythonなどがあります。

企業の募集内容と自分の扱える言語スキルを見比べて、応募先を決めましょう。アナリストは数学的な解析法や論理的志向といった、考え方という部分が重要なため具体的なスキルの指定はできません。

しかし、人工知能の分野でなくても、統計解析、ビッグデータを扱った経験があれば活躍の場があります。

年収は500万円以上!1,000万円も目指せる仕事

AIエンジニアは今後の発展も見込まれる職業であるため、ベースとなる年収の上昇も大いに期待できます。現在では500万円~700万円ほどの平均年収と言われていますが、関わるプロジェクトは成果によっては1,000万円以上の年収を得ることも可能です。

AIエンジニアになるにはどうすればいいの?

AIエンジニアになるための方法を3つ紹介していきます。AIエンジニアはまだ経験者自体が少ないため、一定のエンジニアやアナリストとしての経験があれば、未経験でも応募できる求人が多くあります。どんな人にチャンスがあるのか紹介しましょう。

アプリケーションやスマートフォンエンジニアはスキルを生かせる

AIエンジニアとしてやりたいことがプログラミング重視であれば、アプリケーション開発の経験を生かして転職することもできます。

経験言語の適性もある程度ありますが、Pythonなどの言語に関してはプログラミング経験があれば、スムーズに使いこなせるようになることが多いため問題ないです。

プログラマーとしての経験と実績があれば、AIエンジニアになれる可能性が高いと言えるでしょう。

エンジニア職以外でもデータアナリストや数学的分野に長けている人は挑戦可能

AIエンジニアのアナリスト領域で仕事をしたいと考えている人は、業界に関わらずアナリスト経験があれば転職可能です。

アナリストに必要なことは知識と経験、そして基礎的な考え方なので、業界が違っても応用することができます。人工知能に関する興味や好奇心があることを積極的にアピールしましょう。

未開拓の領域なので未経験にもチャンス

AIエンジニアになるために必要なスキルをいくつか紹介しましたが、未開拓の分野であるため、AIプログラミングスキルや技術力、実務経験がほとんどなくても、意欲だけで転職できる可能性があります。

というのも、AIエンジニアの具体的な仕事がしっかりと定まっていないこと、そして、どんな経験や考え方が生かせるか未知数なことが相まって、必須スキルや業務経験は特に決まっていないのです。

とにかく学びたい、興味がある、という前向きな姿勢があれば転職の道は開けてくるでしょう。

AIエンジニアに必要なスキルや資格は?

AIエンジニアに必要な資格3つを紹介します。新しく設立された資格が多く、今後も専門性の高い資格が登場すると思われますが、現在あるものから紹介していきます。

Python 3 エンジニア認定データ分析試験

Python 3 エンジニア認定データ分析試験はその名の通りPythonを使ってデータ分析を行なうための基礎的な方法を問われる試験です。紹介してきた通りAIエンジニアが使う言語として主流になってきているPythonをどれだけ扱えるかをアピールするための資格となっています。

日本ディープラーニング協会の検定(G、E検定)

日本ディープラーニング協会が行なう検定にはG検定とE検定の2種があります。

AIを扱うにあたって必要となるディープラーニング(深層学習)の知識を問われるもので、G検定ではジェネラリスト(事業活用する人材)、E検定ではエンジニア(実作業を行なう人材)を対象に行なっています。

IPAが設立した基本情報技術者試験や応用情報技術者試験

基本情報技術者試験や応用情報技術者試験はAIエンジニアではなくITエンジニア向けの試験ですが知名度もあり、共通する部分も多いため転職の際に有利になることは間違いありありません。

どちらも国家資格であるため、ITエンジニアやAIエンジニアだけでなく、その他のエンジニアとして転職したいと考えたときにもアピールポイントになるでしょう。

AIエンジニアなるために注意すべきこと

AIエンジニアになるために覚えておいてもらいたい注意点3つを紹介します。

具体的には会社によって仕事内容が異なるため、転職対策が難しいこと、若い年齢の採用が多いため、40代以降で転職するにはスキルが必要なこと、安定している職業とは言えないことです。それぞれ紹介していきます。

企業によって仕事内容が異なるため、転職対策が難しい

AIエンジニアの業務は職種や企業によって大きく異なり、詳しく調べてみないとどんな人材を求めているのかわかりにくいことも。

紹介してきたように、AIエンジニアの仕事自体が1つではないため、募集要項を見ただけでは転職対策が難しいです。不明な点は事前に問い合わせるか転職エージェントに相談してみましょう。

若い年齢の採用が多いため、40代以降で転職するにはスキルが必要

AIエンジニアの仕事は成長が著しい分野であるため、知識の吸収が早い若い年代のほうが圧倒的に有利です。

30代前半までであれば未経験でも意欲や業界経験だけで転職できる可能性がありますが、40代以降になると、社会人経験が豊富であっても即戦力として使えるプログラマーやアナリストとして秀でたスキルが無いと難しいでしょう

まだまだ安定している職業とは言えない

AIエンジニアはベンチャー企業などでも活発に求人のある職業ですが、最悪の場合企業の倒産というリスクもあります。

大手企業であっても「とりあえず手を出してみたもののうまくいかなかった」という理由でプロジェクトが頓挫してしまい、働くことができなくなる可能性も。

様々な企業で研究が進められている分野ですのでライバル企業も多く、勝ち組になれるかどうかはわかりません。

まとめ

AIエンジニアは人工知能の活用とともに注目されている人気の職業です。IT業界で活躍したいなら転職サイトや転職エージェントを利用することになると思います。

職場環境や給料、研修の有無など、企業には直接聞きにくいことも積極的に質問してみてください。