WORQLIP

元転職エージェントのここだけの話

CGデザイナーになるためにはどうすればいいの?必要なスキルや就職する方法を紹介

現代の映像技術を支えているCGデザイナーを目指している方は多いのではないでしょうか。今回はCGデザイナーになる方法から必要な資格、注意すべき点などを紹介していきます。

CGデザイナーとはどんな仕事?

CGデザイナーとはそもそもどのような仕事なのでしょうか。仕事内容やどんな分野で実際に活躍できるかを調べてみました。

映像からポスターなど静止画作品に欠かせないCGの作成

CGデザイナーと聞いてまず思い浮かぶのは、ゲーム業界やアニメーション、映画などの映像作品やポスターといった静止画像に関われる仕事ということではないでしょうか。

映画だけに絞ってもCGはエフェクトや近未来的なデザイン、背景など多種多様な利用がされています。

昔は現実のセットや風景とCGの違和感がありましたが、現代では技術の進歩により、リアルで現実の境目がわからないほどになってきています。

静止画作品も同様に完成には欠かせないものとなっており、今後も必要とされる職業です。主な就職先は、映像制作会社やゲーム開発・制作会社です。

車や機械、プラスチック製品などのモデリング

CGデザイナーには、キャラクターデザインや世界観を作り上げると言った役割もありますが、他にも自動車などのデザインが重要視される製品のモデリングもあります。

以前はデザイナーの描いた形状を再現するためにクレイモデルなどを用いて作成していました。しかし、コストも時間もかかる上、複雑な形状になるほど再現が難しくなります。

そこでCGでモデリングの活用です。モデリングデータであればPCを見ながらすぐに形状を変更できる上、そのまま加工データに利用することも可能です。こうしたことから工業分野でも重宝されています。

専用のPCソフトを用いて形状データを作成する

基本的にCGデザイナーは専用のPCソフトを用いて形状データを作成していくデスクワークになります。

このほかには打ち合わせ作業も多くなります。自分でメインのデザインから起こす場合でも、他の部署などとのすり合わせをしないとならないことがあるので、コミュニケーション能力も若干求められます。

慣れないうちは仕様書を見ながら黙々とモデリングをすることも。業務の進め方は業界や企業によって変わってきます。

CGデザイナーになるにはどうすればいいの?

具体的にCGのデザイナーになるための方法を3つ紹介していきます。最も確実に知識を身に着けながら就職に繋がるのは学校に通う方法ですが、働きながら転職を目指す方向けに通信講座や独学での勉強方法を解説します。

大学や専門学校などで教育を受ける

CGデザイナーとしての基礎をしっかり学びながら就職までサポートしてもらいたいと考える人には大学や専修学校といった教育機関に入ることをおすすめします。

学校では未経験の人を対象としたカリキュラムが組まれており、基本はもちろん専門知識までしっかり学ぶことができます。

また、学校を卒業する際の就職の面倒も見てもらえることが多く、CGデザイナーになるための確実な道と言えます。

しかし、転職からCGデザイナーを考えている人にとっては時間もお金もかかるため積極的に利用できる方法ではありません。また、最近では技術の進歩に学校側が追いついておらず、学んだことも結局現場で活かせないといった状況も発生しています。

通信講座で技術を学ぶ

学校に通う以外にも通信講座でCGデザイナーの勉強する方法も多数存在します。CGデザイナーの講習を行なっている場合の多くは、ネットを利用した通信講座を開設しており、パソコンがあればどこでも自分のペースで学ぶことができます。

さらに通常CGデザインを行なうために必要なソフトウェアは高価なものが多いのですが、通信講座を受講することで割引や優待価格で入手できる場合もあり、長い目で見るとオトクな面もあります。

独学で勉強する

CGデザイナーの知識は独学でも身につけることができます。自分で参考書や学びたいCGソフトを購入、地道に勉強する形になりますが、始めやすいのではないでしょうか。

ただし、技術者としての習熟度に差が出やすいのと、CGデザイナーに必要なソフトを定価で購入しないとならないため、トータルで考えると通信講座のほうが効率はよいかもしれません。

CGデザイナーに必要なスキルや資格は?

CGデザイナーに必要な資格4つを紹介します。どれも国家資格ではありませんが、独学でも習得できる可能性があり、転職にも有利になります。

色彩検定

色彩検定はデザイナーとして必要な色彩感覚を身に着けていることを証明できます。

1級から3級までが用意されており、3級では基本的な色彩についての知識を問われ、2級ではインテリアやファッションに関する分野、1級になるとファッションから派生するビジネスやコーディネートなどについての知識を問われます。

制作スキル自体が上がるわけではないものの、色彩について学べば、背景や質感などのセンスが上がりますので、表現力も磨かれます。

CGクリエイター検定

CGデザイナーに特に関連する資格として、CGクリエイター検定があります。この資格ではCGに関する基本的な知識や操作スキル、理論などが出題されます。級などはなく、これ単体の資格になり、合格率は6割ほどです。

各種Adobe社製品のクリエイター能力認定試験

CGデザイナーの現場でよく使用されているAdobe社製品、特にフォトショップやイラストレーターについての能力認定試験も就職に有利な資格です。

試験内容は、指定されたソフトで提供されている素材を用いて作品を作り上げるといった実作業から、基本的なデザインに関する知識を問われるものまで様々です。

CGデザイナーなるために注意すべきこと

CGデザイナーになるために覚えておいてもらいたい注意点3つを紹介します。

具体的には専用のソフトを扱うため、汎用性は低いこと、企業の中で働いているだけでは収入は上がらないこと、技術の進歩が早く、新しいスキルを習得する柔軟性が必要なことです。それぞれ紹介していきます。

専用のソフトを扱うため、汎用性は低い

CGデザイナーの業務内容は職種や企業、携わる仕事内容によって扱うソフトが異なります。

そのため、CGデザイナーとして働きはじめても、キャリアアップのために転職するとまた新たにソフトの扱い方から学ばなければならないことも。

フォトショップやイラストレーターといったよく使われているものであれば活用できますが、CGモデリングを行なうソフトは数多くあり、デザイン重視のものと工業製品用では全く考え方が異なります。

企業の中で働いているだけでは収入は上がらない

CGデザイナーの仕事は企業で働いている間は稼げる仕事とは言いにくいです。一般的な企業でCGデザイナーをしていても年収500万に届くかどうかといった収入になり、決して高収入を期待できる仕事ではありません。

ただし、独立してフリーのCGデザイナーとして仕事を請け負うことができるようになれば、努力次第でどんどん稼げるようになります。

技術の進歩が早く、新しいスキルを習得する柔軟性が必要

CGデザイナーの分野は日進月歩で技術が進んでおり、常に新しい技術を身に着ける努力と情報を仕入れるアンテナが求められます。

こうした新しい技術を受け入れてCGスキルを習得していく柔軟性がなければ、より良い作品や効率の良い仕事ができなくなっていきます。

まとめ

CGデザイナーに転職するためにはいくつかの方法があるので、自分の今の環境に合わせて考えてみてください。

もちろん未経験からでもCGデザイナーに転職できる求人はありますが、最低限フォトショップやイラストレーターはどこでも利用されているソフトであるため、触れておくとアピールポイントになります。