WORQLIP

元転職エージェントのここだけの話

退職の意向を電話で伝えるのはアリ?実際に退職するにはどうすればいい?

退職の意思を伝える方法はいろいろありますが、電話で退職の意向を伝えることは認められるのでしょうか。さまざまな理由によってそうせざるを得ない状態になった時の方法と、実際に退職するための手段を紹介します。

退職の考えを伝えるのは方法がどんなものがあるのか

退職する一段階前の手段として退職の意向を伝える方法には、どんなものがあるのでしょうか。それぞれの方法についてまとめてみました

基本的には上司に直接相談する

退職を考えた際にまず考えられる方法としては、職場の上司に相談することです。最初は直属の上司に退職の理由や時期について相談し、話がまとまった後にその上の上司などに連絡がいく形になります。

伝えるタイミングは一般的に退職したいと考えている2ヶ月前が目安。

それくらいには退職したいという意思表示や相談することが社会人としてのマナーとされていますが、会社側の都合や規則、引き継ぎなどによってはそれよりも早く退職届を提出しないといけない場合もあります。

アルバイトやパート、試用期間中でも同様ですので、会社の規則を確認しておきましょう。

退職の際に悪い印象が付いてしまうと、退職までの期間の業務が非常に居心地の悪いものになってしまいますので、無用なトラブルを避けるようにしましょう。

場合によっては「退職願」を提出する

口頭での相談だけでなく、「退職願」を提出しなければならない場合もあります。「退職願」は「退職届」とは違い退職の意向を社長や経営者に伝えるもの。

したがって、「退職届」とは別に提出を求められることがあります。こちらも企業の方針や規則によっては定められていますので、確認しましょう。

手順としては上司への相談が先になるため、その際に書くように求められるかもしれません。あらかじめ書き方などを学んでおきましょう。

電話でしか伝えられない場合はどうするのか

原則やマナー的には実際に会社で上司などへ相談や報告することが求められますが、それが難しい場合もあるかと思います。身体的な理由で動きがとれないことや、精神的に出社できる状況でないときはどうすれば良いか考えてみましょう。

怪我や病気などの身体的な理由の場合

入院や自宅療養を余儀なくされている間は会社に行くことができません。そうなると、「このままでは会社に迷惑をかけてしまうので退職しよう」「もう出社できる体ではないので仕事をやめたい」と思ってしまうこともあるかもしれません。

その場合は、顔を合わせにくいかもしれませんが、一度上司の方に自宅や病院に来てもらい、退職の意向を相手に直接伝えるのが最善の方法です。

医師も交えて会社への復帰ができないことを説明してもらい、今後の方針を一緒に考えてもらうことも有効な手段。協議の結果、どうしても退職が必要だと判断されれば、手続きを上司が進めてくれるでしょう。

身体の状態によっては退職ではなく、休職ということで会社に籍を残したまま退院まで待っていてもらえるかもしれません。

身体的な理由で「退職したくはないが、そうするべきなのかもしれない」と迷っている時には相談することで解決策が見えてきますので一人で抱え込んではいけません。

ただし、上司が忙しく面会の時間が取れない時には電話で事情を説明し、了承を得ることで退職するケースもあります。

精神的な原因で出社できない場合

身体的な原因ではなく、精神的な理由で退職をしたいと考える方は電話やメールで退職の意向を伝えるしかありません。

仕事が原因で鬱などの精神的な病気になってしまった場合、会社に行くことが難しく、無断欠勤が増え、それによってさらに病気が悪化してしまうことも考えられます。

その際には自分の判断だけで決めるのではなく、医師の診断をもとに出社できないことを伝え、退職の手続きを進めてもらえるようにお願いしましょう。診断書もあったほうが話はスムーズです。

精神的な原因で出社できない状態にも関わらず、無理に出社すると病状の悪化につながるばかりか、人間関係が悪くなって、社内で批判的な言葉を浴びせられた結果、社会復帰が難しくなってしまうことにもなりかねません。

現代では、仕事や会社が原因の鬱や精神的な病気が理解されつつありますので、無理をせずに医師と相談して退職できるよう動いていきましょう。

どうしても退職できない場合の解決方法やトラブルを避けるための手段

退職は、働く人の権利の一つですので、企業側が拒否することはできません。しかし、企業の中には電話では受け付けず「きちんと出社して説明しないと退職届を受理しない」というところもあります。そうした場合にはどうすれば良いのでしょうか。

会社の規定を確認し、退職に必要な最低限の手段を把握しておく

まずは会社側の規定をしっかりと把握して、抜けのないようにしておくことが大切。いつまでにどのような手順で手続きや相談をすれば良いかを確認しておくことで、勤務先から些細なことで受理できないといわれないようにしましょう。

規定に則っておけば文句をいわれることもないはずです。

退職届を提出し、法的に会社を辞める

会社の規定に沿っているにも関わらず、頑なに退職を認めない場合には退職届を郵送して退職する方法もあります。事情を説明しても「とにかく一度出社しないと話を進めない」という会社も存在します。

電話で退職の相談をしても一向に話がまとまらないときは、法的には内容証明郵便で退職届を送付することで、2週間後に会社を辞めることが可能です。それでも揉める場合は最終手段として弁護士に相談する方法もあります。

あくまでも最終手段となりますが、退職の際のトラブルはよくあることですので、覚えておいて損はないでしょう。

無料で転職(退職)を成功させるたった一つの方法

無料で転職(退職)を成功させるコツは、転職エージェントを利用する事です。

転職エージェントは転職に関する専門家が在籍しており、求人紹介だけではなく、転職に関係する全ての相談に対応してくれます。

退職届や退職願といった必要書類の書き方がわからない、いつまでに上司に報告すればいいか判断できない、どのように話せばいいのかなど、転職活動の基本的な部分も丁寧にサポートしてくれます。

「退職を相談したら損害賠償を求められそうになった」「転職先について質問されたが答える必要はあるのか」という悩みは退職の際多く聞かれますが、時代の流れに沿った最善の回答を導き出してもらえるでしょう。

転職エージェントを利用する大きなメリットは他にも3つあります。

表に出てこない非公開求人に応募できる
面接のサポートをしてくれる
年収アップ交渉もエージェントにお任せ

1つずつ解説していきます。


表に出てこない非公開求人に応募できる

求人検索をして、気に入った案件がないと諦めていませんか?

実は、転職サイトに掲載されている求人はほんの一握り。

専門性の高いものや良質な案件は非公開の求人として、運営企業が当てはまる人にのみ紹介しているのです。

その大きな理由として挙げられるのが「ライバル企業に知られたくないから」。

求人内容をライバル企業に見られることで、どんな事業をしようとしているのか、どの職種にどれだけの報酬を支払っているかがわかってしまいます。

そこで、重要な仕事やポジションの求人を非公開にして、応募してもらえる人にだけ提供するよう運営企業に求めているんです。

転職エージェントに登録すると、この非公開求人を紹介してもらう事ができるようになります。


面接のサポートをしてくれる

「書類選考は通過するけど、面接でいつも失敗してしまう」そんな悩みを抱えている人はいませんか?

転職エージェントは転職のプロ。

ビジネスマナーから転職業界のトレンド、そして何より企業に関しての情報を多く持っています。

今までの面接で落ちてしまったのは、マナーが間違っていたり、アピールの方法がズレていたのかもしれません。

転職エージェントはマナーの講習ももちろんのこと、応募先企業に合った面接対策も教えてくれます。

あなたの経歴で、どこをアピールポイントとすべきか、想定される質問から事前にどのように回答すれば良いのかも一緒に考えてくれます。

エージェントと面接の練習をしておけば、本番で緊張することも少なくなりますね。


年収アップ交渉もエージェントにお任せ

とてもやりたい仕事でも「年収がもう少し良ければ…」「条件がちょっと合わないかな」と思うことも少なくありません。

そういった時に自分から企業側へ言い出すのは難しいですよね。

しかし転職エージェントなら、そんな交渉も快く請け負ってくれます。

自分で転職活動をして応募していると、どうしてもあなたが立場上弱くなりがち。

これを利用して、ブラック企業などは最低限の年収や条件交渉をしてくることもあり、結果的に不利な転職になってしまいます。

年収アップやキャリアアップのために転職活動をしている方にとっては、転職エージェントは大きな力となります。

他にも転職エージェントは求人紹介、相手企業への連絡、面談などの日程調整等も代わりにやってくれるので、自分は転職に集中する事ができますよ。
以上3点が転職エージェントを利用する大きなメリットですね。


元エージェントが本気でおすすめする無料の転職エージェント2選

元転職エージェントの私から見て、無料でも本当にオススメできると感じた転職エージェントは以下の2つです。

どちらがオススメなのか?と聞かれたら、私は両方とも登録することをおすすめしています。

実は、非公開求人は運営会社ごとの差が出る部分なので、2社のエージェントに希望条件を出すと、同じ案件はほとんど出てきません。

単純に2倍の非公開求人を見ることができるので、良い条件の仕事を見つけやすくなります。(※どちらも登録は3分程度、完全無料で利用できます。)


1.DODA 2人体制での手厚いサポートが魅力

DODAは「キャリアアドバイザー」と「採用プロジェクト担当」の2人体制で行う、手厚いサポートが魅力です。

キャリアアドバイザーは電話面談やカウンセリングを通して、あなたにあった職業選択や、キャリア開発のアドバイスを行ないます。

これに対し、採用プロジェクト担当は、求人情報や企業情報の提供、面接や書類作成のサポートなどを行います。

他社では1名で行う為、仕事が雑になりやすい傾向がありますが、2名体制で行う事で質の高いサポートが受けられます。

求人案内も早いので、なるべく早く就職したいと考えている人には、DODAがオススメですね。

DODA公式サイト:https://doda.jp


2.リクルートエージェント 求人数は業界ナンバー1

リクルートエージェントは人材紹介業界最大手の「リクルート社」が提供するサービスです。

現在20万件以上の求人が登録されていますが、ホームページから探せるのは3万件程度で、残り80%は非公開求人となっています。

リクルートエージェントに登録することで、17万件を超える非公開求人の紹介を受ける事ができます。

他社と比べても求人数が圧倒的に多いので、就職を考えているなら必ず登録しておきたいサービスです。

リクルートエージェント公式サイト:https://www.r-agent.com

就職後に後悔しないように、この2社は必ず抑えておきましょう! 

 

まとめ

退職に関する悩みは尽きないものです。できる限り電話でなく出社して退職の意思を伝えた方が良いですが、それが難しいときは電話で伝えるのも悪い方法ではありません。

上でも説明したように、身体や精神的なことが原因で出社できない状態であれば、電話で退職の意向を話すしかありません。

ドクターストップが出ているにも関わらず、強引に出社させることはパワハラとして企業体質の問題点を問われる可能性があります。できれば退職など大切な話をする際には通話内容を録音しておき、後で揉めることがないようにしましょう。

実際に電話で相談して、通話内容の録音や応じてもらえない場合は退職届を内容証明郵便で送付すると伝えれば、これ以上の揉めごとを避けるため退職を認めることが大半です。

ただし、対面ではなく電話であったとしも、揉めずにスムーズに退職できることが理想ではあります。次の就職先に影響させないためにも、しっかりと事情を説明して理解を得ながら退職への手続きを進めていきましょう。

問題を抱えており、誰にも相談できない時には、転職エージェントのサービスが優秀であることをぜひ思い出してください。一人で悩まず、周囲に相談しながら退職の準備を進め、新しいスタートが切れるように頑張っていきましょう。