WORQLIP

元転職エージェントのここだけの話

ドローン業界で働くためにはどうすればいいの?必要なスキルや就職する方法を紹介

近年機器の発達と共に、様々な分野で活用が広がるドローン。今回はドローン業界で働くための方法から年収、働く際に注意すべき点などを紹介していきます。

ドローン業界にはどんな仕事があるの?

ドローン業界にはどのような仕事があるのでしょうか。ドローン業界の業務内容や将来像、年収などを調べてみました。

上空から撮影する空撮業務

ドローンと言えば上空から美麗な写真を撮影できるので、記念撮影や雑誌などで需要があります。

写真だけでなく、景色や史跡、スポーツなどの記録映像の撮影も業務のひとつです。主にカメラマン的な仕事内容になるため、ドローンの操縦者としての技術に加えて構図を考えるセンスや、ベストショットが撮れるスポットの知識が必要です。

ドローンを操縦し、高所での作業を行なう

ドローンは撮影に使われることが多いですが、工業用ドローンなども発達しており、高所で作業をするものもあります。

作業例としては窓ガラスやソーラーパネルの清掃、調査、点検、農薬散布などで使われています。この仕事の場合は操縦技術が問われるので、訓練して操縦技術を磨くことで誰でも身に着けることができます。

広い敷地を撮影し測量する

土木関連の事業でもドローンが使われており、特に測量分野で活躍しています。

従来の測量技術では広大な敷地を計測するには現場を歩いて作業しなければならないため、敷地面積によって相応の時間がかかっていました。

しかし、ドローンを用いることで撮影し、専用のソフトで解析することである程度の作業が省略できる上、敷地面積にかかわらず撮影は数分で終了します。この仕事は細かい測量の知識や技術がなくても、手順が判れば未経験でも仕事をすることが可能です。

今後も輸送や運搬の分野など多くの活用が期待されている

ドローンは輸送や運搬の分野での実用化が進んでおり、アメリカは試験的に行なわれています。

日本国内でも法の整備や安全面での確保ができ次第、導入される可能性が高いです。特に近年は運搬業者の労働時間が問題になっており、これを解決する方法として注目が集まっています。

年収は350万円~500万円ほどで、都市部での需要が高

ドローン業界で働く人の年収は350万円~500万円ほどで、勤務地が都市部になるほど給与が高い傾向にあります。

単純に地方ではドローンの活用法が広まっていないことが原因にあるため、今後広まりを見せることで全国どこでも稼げる仕事になる可能性があります。

ドローン業界で働くにはどうすればいいの?

ドローン業界で働く方法を具体的に考えてみましょう。前述の通り様々な業種で活用されているので、調べると意外に多くの企業で採用活動をしていることがわかると思います。

独学でドローンの操縦を行なうことはできるが、注意点も多い

ドローンは誰でも購入できるものなので練習をすることは可能ですが、いくつかの注意点があります。まず、どこでも飛行させていいわけでないので、基本的に所定の場所でしか練習できません。

特に住宅街やビルの密集地、空港や自衛隊基地付近などは飛行禁止区域に指定されているため、その環境下でむやみに飛行させると処罰の対象になります。

国の認可を受けることで、飛行可能になりますが、そのためには一定時間以上の飛行訓練を受ける必要があります。最近ではドローンの訓練を行なえる場所やスクールも開講されているので、そちらで練習をして、認可を受けることをおすすめします。

ドローンを使って業務を行なう企業に入社し、技術を学ぶ

未経験で興味はあるけどドローンを持っていない人は、ドローンを使って業務を行なう企業に転職して、現場で技術を学ぶ方法も有効です。

今はまだ経験者のほうが少ない業界なので、操縦経験がなくても、やる気や機械系の知識があれば採用されることもあり、チャンスは大いにあります。

ドローンの操作自体は特殊なものではなく、訓練や練習を積めば飛行させることができるので、心配することはありません。

ドローンの飛行技術だけで暮らして行くことはまだまだ難しい

現段階ではドローンの飛行が上手いからと言って、それだけで仕事ができるわけではないのが実情です。

ドローンの操縦技術にプラスして、カメラマンや構造物の仕組み、土木関連の知識がなければ厳しいでしょう。例外としてドローンを競技して扱う、プロの選手になることができれば操縦技術だけで賞金を稼ぐこともできますが、かなり狭き門となっています。

操縦以外の仕事としては、ドローン操縦講師、インストラクター、プログラマー・開発エンジニアなどの技術職などがあります。求人募集をチェック時は、条件だけでなく仕事内容についても確認しておきましょう。

ドローン業界で働くために注意すべきこと

ドローン業界で働くために覚えておいてもらいたい注意点4つを紹介します。

具体的には個人でやる場合だと規模にかかわらずそれなりに初期投資がかかること、世間のイメージがあまり良くないため、許可などはしっかり取る必要があること。

今後の技術革新によっては、操縦士が必要なくなるかもしれないこと、そして仕事をしながら人脈やコネを作る営業力を学ばないと苦労することです。それぞれ紹介していきます。

個人でやる場合だとそれなりに初期投資や維持費がかかる

ドローンで生計を立てるにはそれなりの初期投資がかかります。飲食業などの店舗を用意しなければならない職業に比べれば金額は少ないですが、工業用ドローンであれば何十万から高いもので100万円以上するものもあります。

仕事としてドローンを飛行させるにはドローン本体のスペックや機能も高いものが要求されるため、撮影するだけのモデルでも高額になります。

会社を設立してオフィスを構える場合、その分の予算が必要になりますし、もしもの時のためのドローン保険や、オプション品などを揃えていくと管理・維持費もかかるので、金銭的な余裕がないと厳しいでしょう。

世間のイメージがあまり良くないため、許可などはしっかり取ること

ニュースで一時期話題になったようにドローンというもののイメージがあまり良くないのが実情です。

許可を得て飛行させていても「何をやっているんだ」と声をかけられ、最悪の場合警察に通報されてしまうことも。

もちろん許可があるので問題ないのですが、面倒事に巻き込まれる危険性も十分にあります。ドローンを飛行させる際には必ず咎められても説明できるように準備しておきましょう。

今後の技術革新によっては、操縦士が必要なくなるかもしれない

ドローンの技術革新は日に日に進んでおり、操縦にかかる負担がどんどん軽減されています。

自動化や衝突センサー、GPS機能などのシステムの導入で人力での操作が必要なことが減っているのは良いことなのですが、簡単になりすぎることで操縦技術が不要になっていきます。

結果的に誰でもすぐに操縦できるようになり、操縦士が必要とされない時代もくるかもしれません。操縦士の技術力以外にメンテナンスやデータの分析など付随する作業ができれば生き残れる可能性もあります。

仕事をしながら人脈やコネを作る営業力を学ばないと後々苦労する

ドローンで仕事をするには人脈やコネを作る必要があります。

未経験で仕事をして技術や知識を習得すると、独立や副業をして自分で稼げるようになりたいと思うことがあります。その時に必要になるのが人脈やコネ、そして営業力です。

業務を通じて、自分にできることややりたいことを宣伝することで、稼げるきっかけを掴むことができます。逆にこれがないと収入を上げることが難しいでしょう。