WORQLIP

元転職エージェントのここだけの話

医療機器メーカーで働くためにはどうすればいいの?必要なスキルや就職する方法を紹介

医療の現場を支える医療機器を開発するメーカーは転職先企業として魅力的ではないでしょうか。

今回は医療機器メーカーの仕事内容から年収、働く際に注意すべき点などを紹介していきます。医療の現場を支える医療機器を開発するメーカーは転職先企業として魅力的ではないでしょうか。

今回は医療機器メーカーの仕事内容から年収、働く際に注意すべき点などを紹介していきます。

医療機器メーカーとはどんな仕事?

医療機器メーカーではどのような仕事があるのでしょうか。大きく分けると事務系・営業系・技術開発系などがありますので、それぞれの仕事内容や必要なスキル、年収などを調べてみました。

医療現場で活躍する機械の設計業務

医療機器メーカーの製品は医療現場で欠かせない物が多く、より手術成功の可能性を引き上げ、便利にしていく役割を担っています。こうした製品の開発設計を行うことが医療機器メーカーのメインの業務です。

医療機器は電気・電子、機械系の知識も役立ちますが、家電や自動車といった業界とはまた違った開発の難しさがあり、全く新しい製品を設計するにも法規や厳しい基準をクリアしなければなりません。

その分開発が成功し、病院に導入された事例などが出てくると「技術者として人の役に立つ仕事ができた」という達成感を味わえます。

しかもそれが日本国内だけでなく、世界中で喜ばれる可能性もあるのですから、やりがいを感じられるでしょう。機械設計の分野でCADの使用経験や開発部門での職務経験があれば向いているでしょう。

自社製品の販売を促進する営業

開発を行った後は売り込みに回る営業の出番です。商品・製品説明をしながら大小様々な病院を回り、優れている点や置き換えの可能な機器との買い替え提案などを積極的に行っていきます。

また、アフターサービスも大切で、消耗品の取替や故障対応、新製品の案内などきめ細やかなサービスを提供していかなければ、長く利用してもらえません。

競合他社も置き換えのチャンスを狙って営業をしていますので、日々努力が必要です。営業経験者の中でも有形商材を扱った経験があれば活かせます。

薬事法などに精通した品質管理部

医療機器メーカーには自動車メーカーなどと同じように品質管理などを行う管理部があります。

医療機器の製造には薬事法などの規定が厳しく設定されており、自社の製品がそれらに則って作られているかをチェックしています。

また、医療機器には多くの特許が使用されているため、新製品の技術が特許となりうるか、競合他社の特許を侵害していないかの確認も行っています。

製品に利用する部品を製造する製造部

医療機器メーカー独自で開発する製品には特殊な部品が使用されていることが多く、そうしたものは企業内の製造部で制作されていることがあります。

機械部品と言えば専用の設備で大量生産しているイメージがありますが、医療機器自体は受注生産品であることが多く、それほど大量に生産するものではないので、規格外などの特殊なものは自社製造したほうがコスパ的にも良いです。

製造業の現場で働いた経験を活かせる転職先とも言えますが、

年収は500万円~700万円ほどで、年収アップに繋がる案件が多い

医療機器メーカーの年収は500万円~700万円ほどで、転職に際して年収が上がることが多いようです。即戦力としての採用が前提にあることが多く、そうした場合は、高待遇+福利厚生が充実している競争率が高い会社から採用される可能性は高いです。

医療機器メーカーで働くにはどうすればいいの?

医療機器メーカーで働く方法を具体的に考えてみましょう。医療機器メーカーの中途採用では研修などをしなくてもすぐにOJTで活躍できる人材を求められることが多いですが、その他の必要な事柄を紹介していきます。

中途採用に求められる技術レベルは即戦力

医療機器メーカーの従業員として中途採用で求められるレベルは、殆どの場合即戦力で活躍できることです。

中途採用や転職の求人の場合、未経験でも応募できることが多いのですが、医療機器メーカーの求人は経験者採用が大部分を占めます。

未経験歓迎とあっても、ある程度の社会人経験や学歴を重視されるため、社会人経験が少なく、目立った業績がない人には難しいです。しかし、該当する業種で勤務経験がある人には年収アップに繋がる可能性が高いのではないでしょうか。

法律や規律を遵守する姿勢が大切

医療機器は命にかかわる製品ですので、研究や精密機械の扱いに集中するだけでなく、法律などのコンプライアンスを遵守する姿勢は一般企業よりも強く求められます。

こうしたことに違反した場合、企業の信頼を損なうだけでなく人命に危険をさらしてしまうことから、多額の賠償金など企業の存続に関わってきます。そのため、特に慎重な設計や製造が求められます。

医療機器メーカーは大企業だけでなく中小企業も多いため、転職先として狙い目

医療機器メーカーは名のしれた大手企業から町工場の中にあるような中小企業まで、調べてみると多くの求人があります。

もちろん大手企業のほうが待遇や給与はよいのですが、中小企業でも医療機器を扱っているメーカーは年収が高めになっています。

企業の業績が良い背景には競合他社の少なさや高齢化社会に備えて病院が増え続けていることがあります。

医療機器メーカーで働くために注意すべきこと

医療機器メーカーで働くために覚えておいてもらいたい注意点4つを紹介します。

具体的には残業は多めの業種で、納期が厳しいこと、老舗の企業が多く、古い習慣が残っている場合があること、年収アップのための昇進が難しく、上が詰まっている企業が多いこと、そしてやりがいは人によって薄く感じることです。

それぞれ紹介していきます。

残業は多めの業種で、納期が厳しい

医療機器メーカーは残業が多くなる傾向が強いため、プライベートの時間をしっかり取りたい人には向いていません。

残業が多くなる理由として、開発の場合は製品の発売日が決まってしまっているためそれに合わせてスケジュールが組まれます。

業界初の技術や機能を有した製品でないと売れないのですが、実用化できないまま発表され、実装のための検証や試作の時間が足りず完成するまで残業の日々になることも。

すべての部署がそうではありませんが、気になる人は企業説明会や面接の際に質問しておきましょう。

老舗の企業が多く、古い習慣が残っている場合がある

医療機器メーカーは新規参入があまりなく、多くの企業が老舗の企業です。

そのため縦割り社会や同族経営といった文化が残っており、こうしたことを理由に転職を考えている人も多いようです。

残業が多い人が評価され、上司より先に帰ってはいけないといった風潮もあるので、苦手な方にはおすすめできません。

日本企業のやり方が合わないと感じる人は、外資系企業も多い業界ですから海外の人たちと働くことも視野に入れてみるとよいでしょう。

年収アップのための昇進が難しく、上が詰まっている企業が多い

年功序列で年収が上がる傾向にあるため、自身の成長や実績があまり反映されません。

営業職などはボーナスとしてある程度収入として返ってきますが、そのほかの業種では企業の業績に応じて決まってきます。

昇進しようにも上の役職が年配の方で詰まっているため、自分が昇進できるのはいつになるか不透明です。実力主義の企業で働きたい方は不満に思うかもしれません。

人によってやりがいを感じにくい

人命に関わる医療機器を作っていることにやりがいを感じられる人はいいかもしれませんが、実際にそうした現場を見ることができるわけではないため、高い技術力があっても結果的にやりがいを感じにくい仕事と言えます。

日々の業務の忙しさに加えて、頑張りが評価されにくい職場だと何のために仕事をしているのか見失ってしまい、モチベーションが下がってしまいます。こうした環境でも目標ややりがいを見出せないと続けられない仕事ですね。