読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

転職会議のクチコミに信憑性はある?書き込みしたら訴訟される事もあるって本当?

企業の評判やクチコミが気になって検索すると、転職会議のサイトにたどり着いた人は多いのではないでしょうか。

転職会議とはどんなサイトなのかを検証しながら、内容の信憑性や注意を怠ると訴訟に発展してしまう危険性について紹介します。

転職会議の仕組みについて

転職会議はどういったサイトで、本当に無料で使えるのかということを考えてみます。

中小企業・大手企業・ベンチャー企業等、あらゆる企業の評判や社風などが書き込めて、それらを閲覧できるサービス。

総合評価のレーダーチャート、年収事例等もありますので、就活・転職活動中の人にとっては有意義な情報収集が可能です。

優良企業かブラック企業かの判断基準のひとつにもなるでしょう。

ただし、「登録無料」という広告を見て、気軽に登録してしまうと後悔してしまうこともあります。実は登録は確かに無料なのですが、利用には一定の手順を踏まないと口コミを見ることができないのです。

さらに転職会議は転職支援サイト、つまり求人サイトと何ら変わらないということも認識しておきましょう。

登録しないと中身が見えない

転職会議のクチコミを読むには会員登録が必要です。会員登録自体は簡単です。メールアドレスとパスワードだけで完了するので気軽にできますが、これだけではすべてのクチコミは見ることができません。

自分のプロフィールを入力し、企業のクチコミを1件以上投稿しないとクチコミを閲覧できない仕組みになっています。

しかも、1件の投稿あたり39日間の閲覧権限が与えられるだけなので、それ以降はまた別の投稿をしないといけません。このように、こちらからいろいろな情報を提供しないと利用できません。

クチコミサイトではなく、求人サイトである

クチコミが読みたいと思って登録した人は戸惑うかもしれませんが、企業からのオファーやスカウトメールが度々届きます。

このサイトに登録するということは、何かしら企業に対する不満や不安がある人の可能性が高いため、転職を促すような連絡が来ます。

つまり、クチコミを集めるだけのサイトでなく、企業に転職希望者の情報を集めるための求人サイトなのです。なので、登録したアドレスに求人情報メールが届くようになります。

2chの掲示板へのリンクや面接例なども掲載

こうしたサイトとしては珍しく企業のページから2chの企業に関するスレッドへのリンクが掲載されています。

また、面接時の質問例が掲載されたページもあり、転職活動をしている人以外にも、学生が情報収集のため登録してここを見ているケースもあるようです。

転職会議の口コミ内容の信憑性は?

クチコミに対する信憑性について考えてみましょう。転職会議を利用する人にとってのメインコンテンツだと思いますが、掲載企業の思惑も絡んできます。

本当に有益な経験者や従業員の本音はどれだけ掲載されているのでしょうか。

純粋なクチコミだけが載っているとは限らない

こうしたクチコミサイトの宿命と言えるのが、本当のクチコミではなく、企業内から印象を上げるために依頼された投稿者によって書き込まれたウソのクチコミや意見の存在。

クチコミサイトにユーザーがわざわざ書き込みするような内容と言えば、実際に働いている社員による不平不満など、企業の印象を下げることが多いのが実情です。

そして、クチコミを見るユーザーも企業の内情、特に悪い部分を参考にしたいと思っています。そんな中で明らかに企業体質を賞賛するようなクチコミや、他のクチコミを否定する内容のものが混ざっているのです。

全てというわけではありませんが、企業側から書き込まれたものもあるのが現状です。

転職会議では書き込みの際に、その企業に在籍していたかどうかの確認を行わないので、プロフィールで設定すればどこの企業のクチコミも投稿できます。

その為、全く関係ない人でもクチコミとして嘘を書き込み、その会社の評判を上げる印象操作も可能です。逆を言えば、ライバル他社の評判を下げるために書き込むこともできます。

使う側のモラルが問われるので、こうして考えてみると信憑性があるのか疑問になってきます。

企業の評価に付く星の数はあてにならない

企業名を検索して表示される場所に星の数が掲載されています。

一見クチコミ評価の平均点数かと思うかもしれませんが実は違います。試しに何件か星が5個の最高点数を獲得している企業を検索してみるとわかると思いますが、星が5の評価だからと言ってクチコミが全て星5評価ではありません。

正直ユーザーからすると何の点数なのかわからないです。ですので、気になる企業は星の数ではなく、しっかり中身を見て判断してください。

掲載企業からのクレームでクチコミの削除も

企業からすれば印象の悪いクチコミは害ですが、ユーザーからすると有益であることがやはり多いのではないでしょうか。

中には他社からの工作もあるかもしれませんが、従業員の本音も混じっているからです。

しかし、そうしたクレームに近いような書き込みは、運営事務局に企業から連絡をすると削除することが可能になっています。

こうして企業にとって都合の悪い内容は削除され、いい評価のものだけが残っていきます。そうなると、本当にユーザーの知りたいクチコミはどれだけ残っているのか疑問になります。

転職会議を利用する際の問題点

転職会議で注意すべきは信憑性だけではありません。

自分自身の身を守る知識をもっていないと、クチコミの投稿で自分の立場が危うくなる危険性もあります。投稿内容から身元が判明する恐れがあり、内容によっては裁判になることも。しかも投稿内容を変更したり削除したりすることは非常に難しいのです。

書き方次第では身元が判明してしまうかもしれず、修正はほぼ不可能

クチコミにあなたの名前は表示されませんが、良かれと思って記載した内容に個人情報を含んでしまい、身元が割れてしまうかもしれません。

特に危険な内容は仕事に関する詳細なことです。部署名や具体的な製品名、取引先などは絶対に書いてはいけません。

その他にもPCでどんなソフトや機材を使っているかも書かないほうがいいです。あなたにとっては当たり前に使っていたものが、他社から見れば特殊なものである場合があります。

また、所在地も危険です。企業によっては本社以外に存在する、製品開発や研究施設を非公開にしている場合があります。

そういった会社に勤務していたにも関わらず、本社以外の勤務地のことを書くと、それだけで部署やグループが絞られてしまいます。
しかも一回投稿したクチコミは簡単に削除や変更ができないようになっている点も注意してください。クチコミ投稿時の職種や時期、年齢などは変更を依頼しても対応してもらえません。

さらに退会してもクチコミの削除はできません。書き込む際には細心の注意を払って、身元が判明しない内容であるか確認してから投稿しましょう。

悪口や誹謗中傷は起訴されることも

掲載内容から身元を知られた場合、内容によっては企業側から訴えられる可能性もあります。

前述の通り、自身の投稿したクチコミは削除できないので、かなり前に会社で嫌なことがあった際に憂さ晴らしのように書いた内容がずっと掲載され続け、企業に見つかってしまうと膨大な被害を被ってしまいかねません。

規約にはこうした企業からの損害賠償は、すべて個人に請求を行うと記載されています。

企業情報の削除はできない

転職会議の運用で企業側としても迷惑なことがあります。

それは一度転職会議に企業情報が登録されてしまうと、削除できない仕組みになっている点です。

経営者の知らない間に転職会議に登録され、クチコミで悪い評判が多く掲載されているという危険性があります。会社を辞めた人が書き込んだ可能性も他社からの嫌がらせかもしれませんが、とても迷惑な話ではないでしょうか。

これに対処するために事務局に問い合わせる時間も無駄な上、挽回できるような良い書き込みを自分でしないといけない自体にもなります。

まとめ

転職会議も営利目的の企業が運営しているということを忘れてはいけません。

一般の利用者が無料で使えているのは、出資している企業がいるからです。当然転職会議に出資している会社からの要望であれば、クチコミの削除も書き込んだ人の特定も行うのが普通でしょう。

クチコミ内容の信憑性はユーザーからの本音に混じって、企業の印象操作をするための書き込みがあるので、そのまま鵜呑みにするのは危険です。

小さな会社だと、自社の名前を検索エンジンで調べるとホームページの下に転職会議での評判が表示され、勝手に社会的な印象が悪くなって困っているということも耳にします。

利用する側としては転職会議の内容だけで判断せず、最終的には自身で会社説明会などに行き、企業の印象を判断するようにするべきではないでしょうか。