読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30歳で資格&職歴なし!正社員として就職活動するなら介護しかない?

無職

30歳になってもアルバイトとしての勤務経験しかない、あるいはまったく勤務経験のない若者世代が数多くいます。

理由はさまざまですが、30歳を超えて職歴無しで就職するということに対するハードルの高さはかなりのものがあります。

そこで今回は30歳を超えて職歴も資格も無い若者世代が、就職活動を行う際にぶち当たる壁について解説し、どのようにすれば正規雇用で就職できるのかについて考えてみたいと思います。

30歳職歴無し資格なしの若者が増加中!?

漫画喫茶

長引く不況を背景に、高校や大学を卒業しても希望の仕事に就くことができず、アルバイトで生活する若者世代が増えています。

文部科学省の学校基本調査によると、大学(学部)を卒業した学生のうち正規雇用者として就職した人数の割合はここ数年上昇傾向にありますが、それでも2016年は74・7%と4人に1人は派遣社員などの非正規雇用もしくはアルバイトや無職というデータがあります。

実は2010年には史上最低の61%を記録しており、実に3人に1人は正規雇用以外に甘んじていた時代があるのです。

そしてその2010年に大学を卒業した世代が今30歳に差し掛かろうとしています。卒業時に正規雇用を勝ち取れず、アルバイトや無職(ニート)でこの年齢まで過ごしてしまった人はこの先どうすればよいのでしょうか。

なぜ30歳職歴無しになってしまったのか

面接

30歳を迎えるまでに就職活動をして正規雇用になることはできなかったのでしょうか。結論から言うとかなり厳しかったと言わざるを得ません。

というのも、実は新卒者の就職率は改善されているのですが、既卒者及び中途採用者にとってはあまり環境が改善されておらず、相変わらず市場は冷え込んだままなのです。

もちろん、若干の数字の改善は見られますが、ニートや無職として職歴の無い場合は即戦力を求める市場ニーズとかみ合わずに採用を見送られる傾向が強く、同じ若者世代であれば第二新卒と呼ばれる職歴ありの人間を採用することが多いのです。

また一方で、希望の仕事に就くためにあえて就職せずにスキルアップに時間を費やした人もいます。例えば弁護士希望の場合、司法試験に合格するためには昼夜を問わず勉学に勤しむ必要があります。

司法試験の場合、予備試験に合格してから3回までは司法試験の本試験を受験する資格があります。つまり長い人で3年間は勉強付けになるのです。また、実力が不十分だと思えば1年飛ばすこともありますので、30歳近くまで勉強に費やして結局不合格となり、夢破れたという人もいるのです。

30歳職歴無しでの就職活動はハードル高し

雪山

さて、30歳まで職歴も無く資格も無い若者世代にとって、就職活動は熾烈を極めます。多くの企業で既卒者の募集は卒業後3年以内であり、30歳近い人材は中途採用者扱いです。

そもそも、企業の中途採用というのは即戦力募集の意味合いが強く、職歴やスキルがないということは即戦力ではありません。応募しても書類選考で落とされることが多いでしょう。

また、企業側も30歳の職歴無しスキルなしの人材を雇うほど余裕がないという点も理由としてあります。中途採用者の場合、社会人としてのマナーや立ち居振る舞いなどは一通りマスターしているものとして採用します。

しかし、職歴がないということはこれらの研修を一から受けさせなければならず、それであれば新卒者を採用したほうが良いという結論になるためです。

ところで、完全に無職であったわけでなく、フリーター歴が長い場合は職歴として見てもらえるのでしょうか?

実は多くの企業において、一部の例外を除きアルバイトは職歴と見做さないと言われています。また、海外青年協力隊などのボランティア活動も同様です。ボランティア活動の場合は社交性などの点で人物評価がプラスに働くことはありますが、職歴には考慮されません。

従って、いくらアルバイトで実績を残していようが職歴としてはゼロであることを覚悟してください。なお、飲食店で長年アルバイト経験があり飲食店の就職面接を受けるといった場合だと職歴に加算される場合もあります。

派遣の仕事は職歴になるって本当?

いきなり正社員を目指すのは厳しそうだけど、派遣社員を経て正社員を目指したい人もいるでしょう。

アルバイトは基本的に職歴にはならないとお話しましたが、派遣社員なら職歴ありとして扱われます。

ただし、企業によっては派遣=単純な仕事をするものだと認識している場合もありますから、正社員と変わらない働きぶりだったことをいかに上手くアピールできるかが、採用成功の鍵を握っています。

職歴なしで正社員として就職する道は厳しくても、派遣社員であればチャンスを掴める可能性があります。時間帯や働き方も正社員よりも自由度が高いのがメリットです。

ですが、長期雇用が前提ではないこと、仕事の頑張りが賞与という形で反映されないことを考えると、長く派遣社員として留まるのは避けなくてはいけません。

派遣社員になるなら、働きながら入社の意志を固めていく「紹介予定派遣」か、派遣社員で職歴を作ってから転職エージェントを利用するという道がおすすめです。

職歴なしの就活でも、最終学歴は関係する?

就職活動をするに当たって、最終学歴(卒業した中で最も高い教育機関)は今でも大きな影響を与えます。

採用率についても、高卒・中卒よりも大卒・修士卒のほうが高くなりますが、初任給でもこれくらい違いがあります。

初任給の違い
高卒:約16万円
大卒:約20万円
修士卒:約23万円

これは厚生労働省のデータで、中卒の初任給というのはありませんでしたが、高卒よりも1~3万円は低くなると考えていたほうが良いでしょう。

とはいえ、職歴なしの就活で最も重要なのは、とにかく採用されること。それには適切なサポートを受けられるかどうかにかかっています。

個人で就活をしていくのは大変ですが、転職エージェントと二人三脚で進めていくなら色々な可能性が見えてきますので、これを利用しない手はありません。

転職エージェントから見た30歳職歴無しの可能性と介護業界の構造

介護の仕事

転職エージェントとしての立場から30歳職歴無し資格なしの人材を見た場合、どのようなアドバイスを行うでしょうか?

最も現実的な方法としては、未経験でも就職できる業界を紹介することです。中途採用者の募集は多くが経験者採用ですが、中には未経験でも応募できる案件や業界があります。そしてその多くは慢性的な人材不足に悩んでいる飲食業界や介護業界となります。

特に介護業界の場合は将来的な要介護者の増加が見込まれており、今後ますます人材不足が深刻化します。また、明確なスキルアップのルートもある程度確立しているため、仕事としての将来性も明るいのです。

介護業界に未経験で就職すること

では、この介護業界に未経験で就職するポイントについて詳しく見ていきましょう。介護業界の場合、多くは介護職の募集となります。例として、転職サイトDODAにおける「未経験」×「介護職」の求人からその特徴を抽出してみます。

業界未経験&資格なしでも大丈夫なのか?

業界未経験かつ介護の資格なしからスタートできる求人案件はDODAにも複数あります。募集しているのは多くが高齢者介護施設もしくは障がい者介護施設を運営している法人です。

これらの法人では業界未経験である場合はもちろん、介護系の資格を保有していなくとも年齢不問で採用を行っています。というのも、多くの企業では入社後の研修制度が充実しており、入門資格であるヘルパー2級から取得支援を行っているのです。

介護職のステップアップとは?

介護職としてのステップアップルートにはいくつかありますが、もっともメジャーなのがケアマネージャーを目指すプランでしょう。未経験からステップアップするにはまず入門資格の介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級)からスタートとなります。

➀介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級)・・・介護業界で最初に取得する資格

②実務者研修(ホームヘルパー1級)・・・さらに上級資格の介護福祉士を受験する為に必須の資格という橋渡し的な役割を持っています。現場ではサービス提供責任者として勤務することが可能です。

③介護福祉士・・・国家資格であり介護のプロフェッショナルと認められる資格です。受験資格には3年以上の実務が必要です。

④ケアマネージャー(介護支援専門員)・・・合格率も20%という難関資格です。最終目標はこのケアマネージャー資格です。

このように、未経験の場合は①からスタートし段階的に②③④と進んでいくのが一般的です。また、これ以外にも福祉住環境コーディネーターや社会福祉士などの資格もあります。これら福祉介護系の資格を組み合わせてステップアップの方向性を定めるのが一般的です。

転職エージェントを通して未経験で就職するメリット

転職

30歳職歴無し資格なしの場合、直接求人企業に応募してもなかなかうまくいきません。書類選考の段階でお断りされることも多く、転職活動のハードルの高さを感じます。

しかし、転職エージェントを活用すると、履歴書の書き方などコンサルタントによるきめ細かなアドバイスが受けられる点はもちろん、応募者の代わりに長所や前向きな姿勢を企業側に売り込んでくれるため、面接までこぎつける率がかなり上昇します。

面接においても受け答えのロールプレイングなどをエージェントで実施してくれるため、どのような自己アピールが効果的かを客観的に判断することが可能なのです。

中でも転職エージェント大手のDODAであれば、多くの介護業界における求人案件を保有しており、DODAを通して未経験で就職した人も数多く存在します。コンサルティング力、案件数ともにDODAを使うことで30歳未経験でも難なく就職ができるのです。

まとめ

スタッフ

30歳を過ぎても職歴無し資格なしの場合、正規雇用者として就職するのはかなり厳しいと言えます。しかし、介護業界であれば正規雇用者として就職できる可能性は高く、将来的なスキルアップも可能です。

少子高齢化が急速に進む日本において、介護業界の将来性は明るく、今後多くの人材が介護業界へ流れ込むと予想されています。また、要介護者の増加と共にロボットの導入など介護のスタイルも変化すると思われます。

30歳未経験で介護業界へ就職するならば、まずは転職エージェントに相談してみましょう。数多くある介護業界の求人の中からキャリアアップに適した企業をピックアップし紹介してくれます。

特に大手転職エージェントのDODAには日本全国の介護業界の求人案件が集まっています。30歳職歴無し資格なしの方は転職エージェントのDODAを活用して、未経験での就職活動をより有利に進めてみてはいかがでしょうか。

30歳・職歴なしのQ&A

タクシーの運転手なら正規雇用を目指せる?

タクシー運転手と言えば、常に人手不足であるというイメージが強いです。

人手不足なら、職歴なしでも採用される可能性はありますが、自動車第二種運転免許を持っていなくてはいけません。

二種免許は、21歳以上で大型・中型・普通第一種などのいずれかを持っていて、3年以上経過している人に受験資格が与えられます。

ただ、入社前に二種免許を持ってなくても問題ありません。

重要なのは、学歴や職歴ではなく、重要なのは一種免許を取得して3年以上経っていることであり、二種免許を持っていなくても採用後に取得することもできます。通所ではなく合宿になることが多いので、10日くらいでは取得できるでしょう。

ちなみに二種免許を取得するための費用は、会社が負担するのが普通ですから、どれくらいのサポートがあるのか面接を受ける前に確認しておいてください。

30歳職歴なしからの起業はあり?なし?

大企業に勤める人に羨望の眼差しが向けられることは多いですが、起業するという道も夢があってカッコイイですよね。

特に男性陣は、起業家の生き方や考え方を聞くと、刺激されることが多いのではないでしょうか。

起業するメリット
個人事業主よりも信頼を得られる/所得が500万を超えると節税になる/融資や資金調達の面で有利/法人と取引しやすい/相続税がかからない/責任は出資の範囲内で負う(有限責任)/一人でも設立できる/出資金は1円~でOK 等
起業するデメリット
赤字でも納めなくてはいけない税金がある(法人都道府県民税均等割 等)/社会保険+厚生年金の加入が義務/会計処理など事務的な業務が増える 等

資金がなくても始められるので法人化するまでの道のりは以前よりも簡単になりましたが、それと経営し続けることとは全くの別問題です。起業するなら、会社に属して下積み期間を経てから・・・という道のほうが可能性は広がります。

自分の力を試したいということであれば、まずは個人事業主として仕事を請け負っていくという方法があります。今はネットを通して自宅にいながら仕事が出来る時代です。

自分の能力次第なので初めは報酬の低さを覚悟しなくてはいけませんが、実績と経験を積むという意味では有効です。

就職活動をしながら、お小遣い稼ぎとして在宅ワークをするのもありだと思います。

就職せずにフリーターで生計を立てていくのはあり?

フリーターは、プライベートを大事にできる、勤務時間や休日の希望が比較的通りやすいなど、正社員よりも気楽に働けるので、このままの生活がいいなと思っているかもしれません。

ですが、年齢を重ねていき、ライフステージが変わっていくと、フリーターであることが大きなデメリットになっていきます。

まず気になるのは、正社員と比べてどんどん収入の差が開いていくということ。フリーターでも長年働いていると、責任あるポジションを任されることも多いです。

中には正社員とさほど変わらない働きぶりの人もいるでしょう。だけど収入は増えない・・・それがフリーターであることの最も大きなデメリットです。

結婚する、家族が増えた、親の介護が必要になった等、生活が変化してくると、殆どの場合で大きなお金を用意しないといけない状況になります。フリーターとして生計を立てていると、それがあまりにも大きな壁となってあなたの前に立ちはだかるでしょう。

その他にも、社会的信用を得られにくい、将来の安定に繋がらないといった点も気になります。

どの雇用形態が良いのかは個人の価値観や環境によって違いますが、収入と将来が安定しないフリーターという働き方は、厳しいと言わざるを得ません。

ずっとニートだったけど就職はできる?

ニートとして30歳まで過ごしてきたという人は、仕事だけではなく、友達やその他の人間関係も希薄になっていると思います。ですが、本心では人との関係を持ちたいという人は多いです。中にはブログで自分の気持ちを発信することで、ネット上での友達を作っている人もいるでしょう。

本当は働きたいけど、どうすべきか分からず行動に移せないでいるのなら、それは非常にもったいないことです。国や民間団体の支援を受けて、社会に出るチャンスを掴みましょう。方法は色々あります。

ハローワーク:職業訓練・就職セミナー 等
地域若者サポートステーション:職業体験・個別相談・コミュニケーションについての相談 等
ジョブカフェ:就職セミナー・職場体験・個別相談・保護者向けセミナー 等

その他にもニートを支援するところはたくさん見つかります。一人で行動するのはものすごく勇気が要ることですが、メールや電話で相談するなら、気軽に行動できると思います。

ニートだとどうしてもお金に困ることが多いので、生活保護の需給を検討している人もいるかもしれませんが、需給資格を満たすのは難しいと思っていたほうが良さそうです。

まずは短時間のアルバイトで社会経験を積むところから始めてみてはどうでしょうか。

ひきこもりから就職するには?

就職がひきこもりから脱するためのゴールだと捉えられる事は多いですが、それだとあまりにも遠く感じて自己嫌悪も陥る事は多いです。

30歳で職歴なしとなると、面接で何て言えばいいんだろう・周囲にどう見られるんだろうと悩み事が次々と出てきて身動きが取れなくなってしまいます。

ですから、ひきこもった状態から外に出てみたい、社会参加したいと思った事にまずは良しとしてください。いきなり就職にではなく、少しずつ育てていきましょう。

昼夜逆転しているなら、規則正しい生活習慣を取り戻す事が大切です。家から全く出ない生活を送っていたなら、近所を散歩することから始めてみましょう。単発のバイトにチャレンジするのも良い刺激になります。一人でどうにかしようと考えず、生活や就職を支援してくれる団体を頼ってください。

あとは、自分と似た境遇・考え方の人を見つける事も励みになると思います。例えばブログは、匿名だからこ率直な気持ちを語っている人も多いです。自分でブログを開設してみるというのもありです。

こうして少しずつステップアップしていくと、その先に就職するという道が見えてくるでしょう。

介護職の他に職歴や年齢が関係ない職種は?

30歳で職歴なしの人が就職という目標を果たすには、待遇よりも就職しやすい所を探す事がポイントになります。今回お話した介護職もそうですが、未経験&資格なしであっても積極的に採用してくれる仕事の情報はたくさん仕入れておきましょう。

例えば、人の出入りが激しい工場でのライン作業。自動車や家電、お弁当など、大量生産が必要な場合にライン作業で製品を仕上げていく事が仕事になります。単調な作業になってしまうため、精神的に辛くて辞めてしまう人も多いです。

ですが、仕事はすぐに覚えられますので、すぐに一人前として認めてもらえるので自信がつくと思います。

あとは警備員の仕事もおすすめです。常に人手不足であり、採用基準に職歴や30歳という年齢は関係ありません。最初のうちは年収は高いとは言えませんが、経験を積み資格を取得して管理職になれば、年収アップも可能です。

職業訓練について教えて!

職業訓練は基本無料で専門的な知識を身に付ける事ができます。対象となるのは仕事を探している人なので、30歳で職歴なしという状況はもちろん当てはまります。

訓練内容は、パソコンの基礎、webクリエイター、ネイリスト、インテリアデザイン等、本当にたくさんありますので、興味がある分野を探してみましょう。

また、一定の条件を満たせば、勉強ができるだけではなく、月10万円の職業訓練受講給付金をもらいながら通う事も可能です。

中卒で職歴無しだとより就職は厳しい?

中卒で30歳、職歴なしとなると、やはり面接時にこれまで何をやってきたか質問される事は避けられないでしょう。職歴無しとなるとどうしても気持ちが小さくなってしまいますが、アルバイト経験や勉強してきた事、取得した資格などはアピールできる材料になりますので、これまでやってきた事をコンパクトにまとめられるように面接対策をしておきましょう。

就職先については、中卒・高卒関係なく働ける所は多いです。正社員として勤める事ももちろん可能です。ちなみに職種は、建設現場やトラック運転手など、体力勝負となる仕事内容が多いです。

無事就職できたとしても初めの内は給与や上司からの評価に影響するかもしれませんが、今後会社にどう貢献していくかが一番大切なので、努力次第です。

まずはとにかく職歴を作るために働き、その後にもっと待遇の良い仕事を探すのも良いと思います。

職歴なしの女性が就職するには?

30歳・職歴なし・女性なら、就職先を探す事ももちろん大切ですが、資格を取得して社会復帰しやすくなるための準備も進めておきましょう。女性は結婚や出産、子育てが訪れるタイミングで、一時的に専業主婦になる選択をしたり、社会復帰したとしても短時間労働を希望する人は多いです。

そうなると、融通が利くように資格を持っておく事が重要になってきます。今回取り上げた介護職は、女性が活躍する職種のひとつですから、働きながら資格取得を目指すのもおすすめです。