WORQLIP

元転職エージェントのここだけの話

40代からの女性の転職はどうすればいいの?未経験で正社員を目指す転職に必要なことを解説

転職にはさまざまなかたちがありますが、女性が40代になってから未経験から正社員として転職することは可能なのでしょうか?転職を成功させるためにはどんな仕事を選び、どんなことが必要なのかを考えてみましょう。

40代から未経験で正社員になるには何が必要?

まず転職するためにはどんなことが必要なのかを紹介します。アピールポイントを考える際や転職活動に欠かせない三つの事柄について説明しましょう。

何らかの仕事をしていた経験

未経験OKの仕事にチャレンジする時であっても、これまでのキャリアは大きなアピールポイントになります。いままでまったく働いた経験がないという方は厳しいですが、正社員だけでなくパートや派遣といった就労条件でも経験は大切なアピールポイントです。

たとえば、ビジネスマナーやコミュニケーション能力が身についていることは当然のように思いますが、現代の会社ではそうしたものが欠けている人も少なくありません。

「これくらいはアピールポイントにならないか」と軽視せず、自己PRなどに盛り込むようにしましょう。

仕事に活かせる資格や知識

応募したいと思った仕事と今までの仕事が違っていても、使える資格や知識は存在します。もっとも代表的なスキルといえばパソコン関連です。

基本的な操作からWordやExcelなど、応募資格や仕事内容の欄に記載されていなかったとしても、あらゆる職種でほぼ使われているようなソフトの使用経験があれば、転職に有利になります。

40代の社会人の中には未だにパソコンに苦手意識があり、うまく使いこなせていない人も多いです。そうした人の中でパソコンが当たり前に使えることで、転職では有利になります。

このほかにも運転免許やさまざまな資格があれば、そのすべてを応募書類に書きましょう。「この資格は関係ないから書かなくてもいい」と自分で決めつけるのは失敗の元。

一見関係ない資格に見えても書いておけばそこに着目されて、応募した仕事とは別の新しい業務やポジションを任される可能性も高くなります。

今の自分に合ったスーツ

意外に忘れがちなのは面接などに着ていくビジネススーツの確認です。今の仕事でスーツを着用している人は問題ありませんが、普段私服で通勤している人は自分の持っているスーツをクリーニングに出す前に試着しておきましょう。

昔と今とでは体型や体格が変わっていることも多く、確認しておかないと不格好なまま面接に行くことになりかねません。

40代から未経験で正社員になるためにはどんな準備をすればよいのか

ここでは転職するためにどんな準備が必要なのかを紹介します。具体的には自分の性格や仕事に対する姿勢などを客観的に考えて棚卸しすることや仕事で使ってきたスキルをできるだけ資格に変えることが最も重要といえるでしょう。

自分の性格や仕事に対する姿勢などを客観的に考えて棚卸しする

経験やスキルだけでなく、自分自身についても整理しておきましょう。よく面接でされる質問として「あなたの長所と短所は?」「自分はどんな性格か説明してください。」といったものがあります。

こうした質問は何の準備もしていないと回答するのが難しいと感じますが、対策をしておくことで自分のアピールタイムになるのです。

40代になった自分が社会人として何を学び、新社会人のころからどのように変わってきたかなどを伝えることで「この人は仕事を通じて成長できる人なのか」と好印象を与えることができます。

しっかりとした返事をするためには、自分の内面を見つめ直して棚卸しをするといったそれなりの準備が必要。客観的に自分を見るのは難しいですが、採用されるという目標を達成するには時間をかけてでもやっておくべきです。

仕事で使ってきたスキルをできるだけ資格に変える

仕事で培ったスキルは実務経験の年数でも測れますが、資格取得しておくとより説得力が増します。40代ということは15年、20年と一つのことをやってきた、いわゆるプロフェッショナルになっている人もいます。

しかし、実務経験の期間についてアンケートなどがあると「1年、5年、10年」といった三つの区分に別れていることがほとんどです。

このままだとあなたの頑張ってきたことは「10年」の区分止まりの評価で、他の転職希望者と差が付きにくくなってしまいます。

つまり「新卒で30歳まで働いた」という人とあなたの経歴は同じに「10年以上」というくくりになるのです。しかし、実際にはもっと多くの知識をもっていて「30歳の人と同じにされるのは納得できない」と感じている人は資格を取りましょう。

資格の中には「実務経験10年以上」といった条件を満たさなければ受験すらできない高度なものもあります。このような資格を持っていることで実務経験の期間をアピールする以上に有利になります。

どんな仕事なら40代未経験の女性が活躍できるのか

実際に転職できる可能性のある仕事はどんなものがあるのでしょうか。ここでは具体的に四つの仕事を紹介します。

企業の会計や経理といった事務

未経験者でも転職しやすい仕事として、会計や経理などの事務職があります。経験がなくても数字に対する感覚や、入力作業のスピードが早ければ十分に活躍できる職業です。

需要が高まる介護職

高齢化社会になるにつれて、まだまだ需要が高くなっている介護職もおすすめです。体力に自信がないと続かない仕事ではありますが、求人数も多いため40代の女性も歓迎される職業といえます。

保険外交員などの営業

保険会社の外交員といった営業職はコミュニケーション能力を活かして活躍できます。転職してからの働きぶりによっては年収もそれなりに高い水準を維持できる可能性がある点もおすすめのポイントです。

結婚式場などの接客業

結婚式場や葬儀場といったセレモニー会場の受付や案内役といった接客業もたくさんの女性が活躍しています。直接こうした場所で働いたことがなくても、接客業全般の経験があれば転職できる可能性があるでしょう。

40代で未経験の仕事に転職するために注意すべきこと

転職を成功させるために覚えておいてもらいたい注意点二つを紹介します。具体的には40代から未経験で正社員に転職できる求人案件はかなり少ないことと、今までにそれなりの経験や手に職がついていないと厳しいことです。それぞれ紹介していきます。

40代から未経験で正社員に転職できる求人案件はかなり少ない

未経験でも転職できる可能性のある職業を紹介しましたが、実際の案件をみると年齢的に応募できないこともあります。

40代での転職自体が厳しい中で、仕事経験がないとさらにそのハードルは高くなり、募集している企業を探すのは大変でしょう。転職を急ぐ人は正社員という雇用形態に関係なく、まずは派遣やパート社員も視野に入れた方が良いです。

今までにそれなりの経験や手に職がついていないと厳しい

40代からの転職は社会人としての経験や身についたスキルがなければ厳しいです。新社会人になってから働き続けている人であれば、何らかのアピールポイントはあると思います。

しかし、結婚や出産、子育てなどの理由でなかなか同じ仕事を長期間することが難しかった人は、継続して働いてきた同世代の転職希望者よりもブランクがあることは、やはり資格の習得などをして補う努力が必要です。

まとめ

40代の女性が未経験の仕事で正社員として転職するにはさまざまな準備が必要で、多くの課題があります。特に自分のアピールポイント探しや内面の棚卸しは自分一人では難しいことも。

そうした人は転職のプロともいえる転職エージェントに相談しましょう。転職エージェントから企業に内定した人のデータや面接のレクチャー、アピールポイントを学ぶことで、転職の成功、キャリアアップへの近道になります。

勤務地や賞与支給について、給与や職場環境、残業手当の有無、必要な専門スキル、職場の年齢層や人間関係などの相談に応じてくれます。

登録やサービスの利用にかかる料金はありませんので、悩んでいる方はぜひ一度時間を作って会いに行ってみてください。