読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バス運転手の年収や適性、さまざまな仕事内容と必要資格について

路線バス

バスの運転手と聞いて真っ先に思い浮かべるのは、普段街中で見かける路線バスの運転手だという人は多いでしょう。あるいは小旅行が好きな人は観光バスの運転手を思い浮かべる人もいるかもしれません。

実はバス運転手の仕事はこれ以外にも数多くあり、さまざまな業界でバス運転手を募集しています。そこで今回は広くバス運転手の仕事内容を取り上げ、仕事内容や適性についてご説明いたします。

複数の業界がバス運転手を募集している

たくさんのバス

一般的にバス運転手というと路線バスや観光バスが頭に浮かびます。しかし、さまざまな求人募集を見てみると、バス運転手の募集をいたるところで見ることができます。代表的なものを以下に挙げ、それぞれの特徴を簡単に見てみましょう。

① 路線バス運転手・・・街中を走る路線バスの運転
② 長距離バス運転手・・・高速道路を走り長距離都市間を運行するバスの運転
③ 観光バス運転手・・・都市内及び都市を出発し観光地へとお客様を運ぶ観光バスの運転
④ 送迎バス運転・・・結婚式場やホテル、幼稚園・学校など特定施設に属するバスの運転

バス運転手の募集は大きく上記4つに大別されます。まず①については、公営バスの場合は自治体、それ以外の場合は私鉄などの民間企業が募集主体となります。②や③は中小旅行会社やはとバスなどの観光業、そして④について各施設運営企業が募集主体となります。

バス運転手になるために必要な資格

バスの運転席

最初にバス運転手になるために必要な資格を見ていきましょう。バスには様々な大きさがあり、バスの大きさによって必要となる免許も異なります。以下、簡単に区分を記します・

A:定員10名以下の小型バス・・・普通自動車免許で可能
B;定員11名~29名以下のマイクロバス・・・中型免許が必要
C:定員30名以上の大型バス・・・大型免許が必要

なお、お客様を乗せて営業運転する場合、それぞれの第2種免許が必要となります。第2種免許を取得するには、第1種免許よりもさらに高い運転技術を求められ厳しい試験を通過する必要があります。

④の送迎バス運転は第2種があれば可能なケースも

このように運行するバスの大きさによって必要になる免許も異なります。

例えば④の施設が運行するバスの場合、定員が29名以下のマイクロバスの運転の場合もあります。病院の送迎、幼稚園や学校のスクールバス、介護者の送迎、結婚式場の送迎など、多くの施設で募集をしており、中には中型免許取得費用を負担してくれるケースもあります。

また、①③③は多くの場合大型2種免許が必要となります。大型2種免許は一般的に高額であり、個人で取得費用を出すのは大きな負担です。多くの企業で入社後の取得費用助成制度がありますので、そちらを利用するのが賢いでしょう。

バス運転手の仕事内容と給与について

駅の構内のバス

次にバス運転手の仕事内容と給与について見ていきましょう。実はバス運転手は、会社によって仕事内容に大きな差はありませんが給与に大きな差が生まれる業界です。つまり、同じ仕事内容であるにも関わらず会社によって給与が大きく異なるということです。

①路線バス運転手の仕事と給与

路線バスの運転手の仕事内容は、運行ダイヤ通りの道を定刻で運行させることです。車体が大きいため、洗車や点検は専門職が担当します。つまり、運転手は運転に集中できるということです。

しかし、路線バスの運行主体が自治体か民間企業かによって大きく異なるのが給与です。

具体的な例を一つ挙げてみます。厚生労働省の全国の賃金構造基本統計によりますと、職員1000人以上の企業におけるバス運転手の平均年収は502万円であるのに対し、横浜市交通局のバス運転手は782万円なのです。かなり大きな差があると言えますね。

これ以外の例を見ても、民間のバスよりも公営バスの運転手の年収が軒並み高いことがわかります。段階的に見直しが進んでいるとはいえ、この差はなかなか埋まらないと言われています。

②長距離バス運転手の仕事と給与

長距離バスの運転手の仕事内容ですが、お客様を乗せて長距離都市間を往復するのが主な仕事内容になります。2016年現在最も距離が長いと言われているのは東京~福岡間の長距離バス。距離にして1,200kmを15時間かけて走ります。

この場合運転手は交代制であり、途中で仮眠をとりながら運転することになります。法令により400kmを超える移動の場合はワンマン運転が禁止されているため、多くの高速バスが運転手2人態勢で乗務しています。

給与ですが、所属する会社によって若干の違いはあります。参考までに、関東にある私鉄バス系列だと40歳の年収モデルが430万円となっています。拘束時間が長いというデメリットがあり、あまりなり手がいないと言われています。

③観光バス運転手の仕事と給与

最も労働環境が過酷だと言われているのがこの観光バス運転手です。メディアを賑わせたバス事故も多くはこの観光バスによる事故であり、原因は運転手の過労です。

もちろん、会社により労働環境が異なるため一概には言えませんが、インバウンド需要の激増により、一部の会社では運行管理者不在のままかなりの過重労働が発生していると言われています。

一方でしっかりとした労働管理を行っている会社もあるため、会社選びには慎重を期すると言えます。給料も会社によって大きく異なり、正社員ではなく契約社員として歩合制を採用している会社もあるためその幅は200万円台~500万円台まであるようです。

④送迎バス運転手の仕事と給与

施設利用者の送迎のため、最寄りの駅や繁華街から施設までを往復するのが仕事です。

多くはマイクロバスを使用しています。短距離短時間の運転が多く、一部を除き運転手専門ではなく施設における他の仕事を兼務しながら運転手業務も行うといったケースが多く、給与もその施設の給与レベルが適用されます。

意外とホワイト勤務なバス運転手という仕事

バスの運転手

業界全体で見るとバス運転手は人手不足気味であり、相次ぐ事故報道により過重労働というイメージが浸透しています。しかし、多くの会社は労務管理をしっかりと行っており、実はサービス残業や休日出勤があまり発生しないホワイト職種であるのです。

特に路線バス運転手の場合は運行時間が決まっています。タイムテーブルに沿って運行するため、残業はほぼありません。

また、サラリーマンと異なり一人で始業から終業まで勤務するため、理不尽な上司からのパワハラなどもありません。対人要素もあまりないため、仕事中のストレスが少ないのもバス運転手の特徴です。

一部の長距離バスや観光バスの運転手は渋滞などの不確定要素により勤務時間が伸びることもあります。しかし、各バス会社は事故による会社イメージ低下に神経をとがらせているため、運転手にしっかりとした休憩を取らせることを順守しています。

大型2種免許を持っていればバス運転手として就職に困ることはあまり無いと言えます。座りっぱなしの仕事であるため腰や肩に負担がかかりますが、体調管理にさえ気を付けていれば長く続けることのできる仕事であるため、業界における勤続年数は比較的長いようです。

バス運転手のメリット・デメリット

自由

これらの現状を踏まえ、バス運転手のメリット・デメリットを挙げてみましょう。

バス運転手のメリット

◇ストレスフリーである
◇体が丈夫なら長年にわたる勤務が可能である
◇免許を持ち多少の経験があれば就職に困ることはあまりない
◇比較的高給をもらえる可能性がある

バス運転手のメデリット

◇会社選びを間違うと悲惨なことになる
◇不規則な勤務体系や長時間労働がある
◇事故を起こしたら停職や解雇もあり得る
◇運転中は常に気を張っていなければならないため疲労度が大きい

まとめ

転職

バス運転手の仕事は、どのような会社に就職するかという点に大きく左右される仕事です。会社によって給与も大きく異なりますし、勤務体系や労務管理の体制にも大きく差が出ます。

失敗しない仕事先選びのためには、多くの会社を知っている転職エージェントを使うことがベストです。転職エージェント経由であれば、きちんとエージェントがブラック企業を弾いて紹介してくれるので安心です。

バス業界では人手不足が顕著であるため、バス運転手の中途採用を積極的にサポートする転職エージェントが増えてきています。

その中でもDODAは全国に拠点を持つ転職エージェントであり、経験者歓迎という会社から未経験でも大丈夫という会社まで豊富な案件数を誇っているためバス運転手としての転職もスムーズです。

劣悪な労働環境にあるブラック企業につかまり人生を棒に振らないためにも、しっかりとした転職コンサルティングを行うDODAを活用してよい縁に巡り合うよう、頑張ってください。