40歳以上での転職!一見無謀な決断を成功させるカギは?

ここ最近、景気が若干上向いてきたとはいえ、相変わらず中高年の転職は難しい状況にあります。

転職は35歳が限界であると言われており、実際35歳を境にして求人案件は減少します。また体力的な衰えもあり40歳を超えたサラリーマンは、20代の頃のようなアクティブな仕事を行うことが出来なくなってきます。

では、40歳を超えて転職活動を行う場合、どこにポイントを置いて転職活動に臨み、何を重要視して転職を成功させればよいのでしょうか?

今回は40歳以上の転職活動について、転職に至る背景とともにお話しいたします。

40歳を超えて転職するという理由

もしあなたが結婚して家族を持ち、40歳を超えて転職活動を行うことを家族に相談した場合、まず間違いなく大反対にあうことでしょう。自分だけの問題ではありませんから・・・。

40歳を超えれば家庭を持ち、子どもも生まれ、多少なりとも住宅ローンを抱えて生活している方も多く、まさに働き盛りの年代です。今の会社でも管理職に就いて責任ある仕事を任されている人も多いでしょう。

そんな中で、なぜ40歳以上で転職を思い立つのでしょうか。

そこには、40歳以上ならではの事情が見え隠れしています。ここに40歳以上で転職を検討する理由をいくつかピックアップしてみました。

1. 会社の経営が危機的である

会社の寿命は平均30年といわれています。

40歳の人が新入社員だった当時、一流企業であった会社もそれから20年も経てば経営が傾いてきてもおかしくはありません。実際、シャープや東芝といった大企業の現在の姿は、20年前では想像すらできなかったことでしょう。

2. 仕事から干されている

40歳ともなればある程度その先を見通せる立場についているはずです。しかし、さまざまな要因で出世ルートから外され年収も頭打ちになっている人も大勢います。特にバブル世代は同期も多く、ポストが不足している状態です。従って、40歳を過ぎると閑職に追いやられる人も増えてくるのです。

3. 家族の状況に変化が生じた

40歳を過ぎると直面するのが親の介護の問題。家族構成によっては、働きながら親の介護をする必要が生じるケースもあります。介護レベルによっては働き方を変える必要もあります。

このように、40歳を過ぎて転職を考える理由はさまざまです。

40代はサラリーマン生活の折り返し点である

多くの人は、22歳で就職し65歳で定年を迎えます。

つまり、サラリーマン生活は43年間続くのです。今の時代は女性も例外ではありませんよね。そのサラリーマン生活の折り返し点を迎えるのが43歳。つまり、40歳であればまだ半分以上サラリーマン生活が残っているのです。

仮に上記のような転職するに値する理由を抱えている場合、その状況を前に残り20年近くのサラリーマン生活を送るのはしんどいと言わざるを得ません。

また、仮に会社倒産やリストラとなった場合、時期が後ろになればなるほど、つまり40代ではなく50代でその状況に直面すると、企業が求める条件や資格に該当することがより難しくなります。

従って、40歳を過ぎての転職は早ければ早いほど有利。キャリアアップや実績ももちろん重要ですが、転職における市場価値は年齢も大きく関係しているのです。

40歳を超えて転職するのが無謀と言われる理由

このように40歳を過ぎて転職を考える人は多いのです。

しかし、一般的に40歳を過ぎての転職は無謀だと言われています。そのもっとも大きな理由は、転職先がなかなか見つからないということです。なぜ転職先が見つからないのか、その見解をピックアップします。

1. 会社の色に染まることが難しい

40歳を超えるとこれまでの仕事の進め方が身についているため、新しく何かを吸収することに抵抗を覚えます。つまり、転職しても転職先の社風に馴染むことができない可能性が高いのです。

2. 給与が高い

年功序列を原則としている日本企業の場合、40歳以上では給与を高く設定しなければなりません。履歴書や面接だけでは実際の働きぶりは確認できないのですから、企業側の立場になるとリスクが高い採用となってしまいます。

3. ポジションが無い

40歳以上の人を20代と同じく平社員で雇用することができません。しかし、役職ポストはある程度既存の社員で埋まっているため、新たにポストを用意するしかない場合もあります。

こういった企業側の事情もあり、40歳を超える転職者を受け入れることが難しく、必然的に40歳を超えての転職は無謀を言われているのです。

40歳以上の転職は専門力だけでは成功しない

こういった企業側の事情を背景に、40歳以上の転職は困難を極めます。では、転職を成功させるためにはどのような点に留意すればよいのでしょうか。

40代以上でも転職に成功している人はいます。そのような人の多くは、専門分野を複数持っていることが多くあるのです。

例えば、「営業・マーケティング+海外市場」であったり、「財務経理+組織マネジメント」であったりと、業務の横展開が可能な+αを身に付けているのです。

従って、40歳以上で転職を考える場合には、専門性+αのスキルをいかに面接でアピールしていくかがポイントとなります。

企業のランクを落とし業務の幅を広げれば転職可能

もう一つ、40歳以上の転職で意識しなければならないことがあります。

それは、今の企業よりも転職先企業の方が給与や待遇が下がる覚悟をすること。年収アップを狙っていては転職のチャンスを失ってしまいます。

例えば大手企業に勤務する40代の課長クラスの人材だった場合、地方の中小企業に経営幹部として転職できる可能性があります。

経営幹部とはいっても大企業とは給与体系が異なるため、年収は下がることが多いですが、40代という条件であっても道は開けます。

実は、経験者で実務能力のある即戦力の40代社員と、その経験を欲している中小企業との需給がマッチすることは多くあるのです。

40代になって親の介護のためUターンするビジネスマンの増加や、地方創生の流れに乗って一段の飛躍を目論む中小企業の増加という構図もこの流れを後押ししていています。

先程述べた専門力+αの力は、この場合に大きく貢献します。というのも、中小企業の場合、社員数が少ないため社員一人当たりの業務範囲が広いという状況にあります。

つまり、大企業のようにスペシャリスト集団では業務が進まないということなのです。

逆に、同程度の規模の企業へ40代で転職することを希望する場合、いくら素晴らしい技術を持っていても、自力では苦労すること間違いなしです。このような募集案件はあまり表に出ず、転職エージェントなどを利用しなければ情報が入ってこないことが多いです。

また、親の介護が関係しているなど、急いで転職先を決めなくてはいけない場合、退職して一刻も早く転職先を・・・とという考えがよぎりますが、それは極力避けたいもの。

転職エージェントは求人情報を集めて分析したり、書類作成したりといった、細かな準備にもしっかり付き合ってくれるので、働きながら転職できる最高の環境を作れるのです。

転職エージェントを活用し40代の転職を成功させよう!

40代での転職を成功させるには、転職エージェント(求人サイト)の活用がベストです。

転職エージェントに、キャリアコンサルタントがこれまでのあなたのキャリアやこの先のキャリアプランの相談に乗ってくれ、適切なアドバイスを行ってくれます。

あわせて、多くの求人案件の中から希望にマッチした業界や職種の案件を見つけ出し、転職市場において、あなたという素材を100%活かすサポートをしています。

また、転職エージェントにしか依頼の来ない非公開案件も存在します。

特に役職やポストが用意された40代以上向けの求人案件は転職エージェントしか扱わないことも多く、40代ならではの転職相談もエージェントであれば可能なのです。

転職エージェントのサービスが無料で利用できるのは、今や普通のように感じますが、改めて考えるとスゴイですよね。全ての求職者にぜひ活用してもらいたいです。

40代以上にふさわしい案件を探し出し、転職者の事情に応じて一人ひとりと密にコミュニケーションを取り、数多くの転職を成功させてきたキャリアコンサルタントは、40代以上の転職希望者にとって公私にわたり頼れる存在となるのです。

ちなみに、転職エージェントはリクナビNEXTやリクルートエージェントなどいくつもありますが、その中でもDODAをお勧めします。

まとめ

転職エージェントのDODAでは、「40代以上でも希望の条件で転職したい!」であったり、「今の会社では将来性が見込めない!」であったりと、さまざまな理由で転職を希望する40代以上の転職者を支援し、転職を成功させてきました。

人生の大きな転機となる転職活動。満足のいくまでDODAを活用し、半分以上残ったこの先のサラリーマン人生をより豊かに、より充実して過ごすことを考えてみてはいかがでしょうか。