転職したいけどやりたいことが見つからない時はどうすればいい?3つの解決方法を紹介

「転職をしたい」と思い立っても、具体的に何をしたいかが見つからない状態ってありますよね。

今回はそうした時にどんなことをすればよいか3つの解決方法を紹介します。

なぜやりたいことが見つからないのか

転職をしたいと思ってもやりたいことが見つからないのには3つの理由があります。

できることや仕事で何に興味があるかがわからない場合や、仕事を続けてどのようになりたいか見えていないことが原因かと思いますので、それぞれについて解説していきます。

自分に何ができるかがわからない

転職先や仕事を決められない一番の理由は、自分の実力がわからなくて、転職してから自分に何ができるかもわからないことが多いのではないでしょうか。

できることがわからないことで、自分が新しい場所でうまく働ける自信も持てず「とりあえず今のままでいいか」と転職を諦めてしまうことも。

自分がどれだけ仕事をできる人材であるかというのは、会社の中でずっと勤務していると見えなくなってしまいます。上司からの評価も所詮は社内の枠だけのものなので、転職する際の指標としてはあまりあてになりません。

自分でプライベートな時間を使ってセミナーや講習会で、社外の人と関わっていると自分の知識や技術が世間一般的にどれくらいの位置にあるか把握できますが、そういった時間が取れない環境や場所だと難しいです。

しかし、自分の実力がわからないからといって、その力が低いとは限りません。社内ではそれなりの評価でも、他の人から見れば立派なスキルを持っていると認識してもらえるチャンスも多いにあります。

実力がわからないからと諦める前に、自分のやってきたことや勉強したこと、仕事で使っている技術を紙に書き起こすなどを行ない、スキルの棚卸しをしてみると良いでしょう。

どんなことに興味があるのかわからない

働くうえで大切なことはスキル以外に自分の興味が持てる仕事であるかということも重要です。

「仕事内容を選ばなければ仕事はあるとはよくいいますが、それでも転職先が見つからないと感じるのは「熱意を持って取り組める仕事がない」と思っているからではないでしょうか。

就職活動をしていた頃は夢や熱意でいっぱいだったとしても、一度就職して現実の厳しさを目の当たりにすると、どうしても大変な部分で頭がいっぱいになってしまうものです。

やりたくない仕事は続けられませんし、もしかすると今の仕事もそうした熱意を失っているから転職をしたいと考えている人もいるかもしれません。

失った情熱はなかなかもとに戻ることはない場合が多いので、今のポジションを一旦忘れて、新しい道を探す決断も必要かと思います。悩み続けるよりも行動する方が何か発見がありますから。

とはいえ、まったく違うことを未経験でやるには勇気がいるため、ある程度自分のスキルを活用できるような仕事を探すことをおすすめします。

仕事を続けてどうなりたいかのビジョンが見えない

仕事は今だけでなく、将来に向けて長く続けていくことなので、働いた先にどういった人間になりたいかがイメージできてないと不安になります。

新しい職場で勤務する時も、まったくほかの職種にチャレンジする時も「この仕事をずっと続けていけるのか、その先どうなるのか」がわからないため、転職への一歩が踏み出せず、躊躇してしまうのではないでしょうか。

会社の規模に関わらず、自分自身がどんなキャリアアップをしてこの先働いていくかは、終身雇用制度がほとんどない現代において、自分で選択して考えてなければなりません。

具体的には会社でこんな役職を担いたいといった仕事に直結することから、給料をどのくらいにしたい、子供を含めた家族を養いたいなど生活面での喜びも働くうえでの原動力になります。

まずは難しいことを考えず、将来の目標や夢をもう一度考え直してみてはいかがでしょうか。

また、女性の場合、人生の中で出産・子育てが仕事と大きく関係しますので、業務内容が合う合わないだけでなく、自分の年齢、理想と現実についてもよく考えておきましょう。

やりたいことを見つけて転職するためにやるべきこと

妥協して適当な転職をするのではなく、きちんとやりたいことを見据えて転職するために考えられることを3つ紹介します。できる限り具体的に今から始められることをピックアップしましたので、参考にしてみてください。

自分のできることを考えて、ほかの会社でその道を歩む

自分の今の仕事は続けたいが、会社や職場の雰囲気が合わない、この会社の人間関係がうまく築けないと感じている場合はこちらになります。

3つのうちでこの場合が最も転職しやすいのではないでしょうか。自分の今のスキル直接活かしながら転職活動できるので、キャリア採用に挑戦できます。

さらに会社の選び方も「今よりいい条件の会社」を探せばよいので、比較が容易です。

会社の安定感や人数、給与や福利厚生などの待遇面で自分が今どこに不満を持っていて、こだわりたいポイントはどんなことなのかをはっきりさせておくと、よりスムーズに転職先企業を探すことができるでしょう。

転職サイトなどで世の中にある仕事をとにかくたくさん見て、やりたいことを探す

今の仕事自体が合わないと感じた場合、まったく違う仕事に転職することになると思いますが、まず世の中にどんな仕事があるかを調べてみましょう。漠然と「今の仕事は嫌だけど何ができるかわからないという方はこちらになります。

「何ができるかわからない」というのは「どんな仕事があるか知らない」だけかもしれません。転職サイトで興味のあるワードや業界の仕事を見てみると、未経験OKの仕事が見つかることがあります。

また職種は違っても、業種が似ていれば使える知識を活かして経験者採用枠に応募できることも。

転職サイトははっきり調べたい仕事が決まっていない人でも、数多くの求人情報を取り揃えており、いろいろな仕事に出会えるような特集や検索機能があるので、自分に合う仕事に出会える可能性が高まります。

転職エージェントに相談して、これからの方向性や転職先を考える

自分のできることが見えない、やりたいことが見つからない、でも転職したいと考えている方は転職エージェントに相談してみましょう。

転職エージェントは転職を希望する方一人一人と面談を行ない、今の不満や転職したいと考えた理由、あなた自身のキャリアやスキルをヒアリングし、さまざまな求人を紹介してくれます。

自分一人ではわからなかったことも、転職エージェントと話すことで自己分析でき、客観的な評価を受けることが可能です。

自分に何ができるかわからなかった人も転職エージェントと話してみると、実はあなたの持つ資格や経験を求めている企業があることに気づけるかもしれません。

また、転職エージェントではヒアリングや求人紹介以外にも、選考に使用する書類作成のサポートや面接のアドバイスから、内定獲得後の退職や入社の手続きのやり方までトータルにケアしてくれます。

特に初めての転職活動をする人にはおすすめのサービスといえます。

まとめ

転職したいという気持ちはあっても、なかなか一歩目が踏み出せないのには今回紹介したような理由があると思いますので、3つの方法を試してみてください。

最初のスタートを切ることができれば視野が広がり、いろいろな求人案件に応募してみたいという気持ちが生まれてきます。

初めからうまくいくことはなかなかありませんが、社会人経験の一環としていろんな企業の話を聞いたり、自分のスキルでどんな会社が興味を持ってもらえるのか腕試しをしてみるつもりで転職活動を始めてもよいかもしれません。