WORQLIP

元転職エージェントのここだけの話

転職したいけどやりたいことが見つからない時はどうすればいい?3つの解決方法を紹介

「転職をしたい」と思い立っても、具体的に何をしたいかが見つからない状態ってありますよね。

今回はそうした時にどんなことをすればよいか3つの解決方法を紹介します。

なぜやりたいことが見つからないのか

転職をしたいと思ってもやりたいことが見つからないのには3つの理由があります。

できることや仕事で何に興味があるかがわからない場合や、仕事を続けてどのようになりたいか見えていないことが原因かと思いますので、それぞれについて解説していきます。

自分に何ができるかがわからない

転職先や仕事を決められない一番の理由は、自分の実力がわからなくて、転職してから自分に何ができるかもわからないことが多いのではないでしょうか。

できることがわからないことで、自分が新しい場所でうまく働ける自信も持てず「とりあえず今のままでいいか」と転職を諦めてしまうことも。

自分がどれだけ仕事をできる人材であるかというのは、会社の中でずっと勤務していると見えなくなってしまいます。上司からの評価も所詮は社内の枠だけのものなので、転職する際の指標としてはあまりあてになりません。

自分でプライベートな時間を使ってセミナーや講習会で、社外の人と関わっていると自分の知識や技術が世間一般的にどれくらいの位置にあるか把握できますが、そういった時間が取れない環境や場所だと難しいです。

しかし、自分の実力がわからないからといって、その力が低いとは限りません。社内ではそれなりの評価でも、他の人から見れば立派なスキルを持っていると認識してもらえるチャンスも多いにあります。

実力がわからないからと諦める前に、自分のやってきたことや勉強したこと、仕事で使っている技術を紙に書き起こすなどを行ない、スキルの棚卸しをしてみると良いでしょう。

どんなことに興味があるのかわからない

働くうえで大切なことはスキル以外に自分の興味が持てる仕事であるかということも重要です。

「仕事内容を選ばなければ仕事はあるとはよくいいますが、それでも転職先が見つからないと感じるのは「熱意を持って取り組める仕事がない」と思っているからではないでしょうか。

就職活動をしていた頃は夢や熱意でいっぱいだったとしても、一度就職して現実の厳しさを目の当たりにすると、どうしても大変な部分で頭がいっぱいになってしまうものです。

やりたくない仕事は続けられませんし、もしかすると今の仕事もそうした熱意を失っているから転職をしたいと考えている人もいるかもしれません。

失った情熱はなかなかもとに戻ることはない場合が多いので、今のポジションを一旦忘れて、新しい道を探す決断も必要かと思います。悩み続けるよりも行動する方が何か発見がありますから。

とはいえ、まったく違うことを未経験でやるには勇気がいるため、ある程度自分のスキルを活用できるような仕事を探すことをおすすめします。

仕事を続けてどうなりたいかのビジョンが見えない

仕事は今だけでなく、将来に向けて長く続けていくことなので、働いた先にどういった人間になりたいかがイメージできてないと不安になります。

新しい職場で勤務する時も、まったくほかの職種にチャレンジする時も「この仕事をずっと続けていけるのか、その先どうなるのか」がわからないため、転職への一歩が踏み出せず、躊躇してしまうのではないでしょうか。

会社の規模に関わらず、自分自身がどんなキャリアアップをしてこの先働いていくかは、終身雇用制度がほとんどない現代において、自分で選択して考えてなければなりません。

具体的には会社でこんな役職を担いたいといった仕事に直結することから、給料をどのくらいにしたい、子供を含めた家族を養いたいなど生活面での喜びも働くうえでの原動力になります。

まずは難しいことを考えず、将来の目標や夢をもう一度考え直してみてはいかがでしょうか。

また、女性の場合、人生の中で出産・子育てが仕事と大きく関係しますので、業務内容が合う合わないだけでなく、自分の年齢、理想と現実についてもよく考えておきましょう。

やりたいことを見つけて転職するためにやるべきこと

妥協して適当な転職をするのではなく、きちんとやりたいことを見据えて転職するために考えられることを3つ紹介します。できる限り具体的に今から始められることをピックアップしましたので、参考にしてみてください。

自分のできることを考えて、ほかの会社でその道を歩む

自分の今の仕事は続けたいが、会社や職場の雰囲気が合わない、この会社の人間関係がうまく築けないと感じている場合はこちらになります。

3つのうちでこの場合が最も転職しやすいのではないでしょうか。自分の今のスキル直接活かしながら転職活動できるので、キャリア採用に挑戦できます。

さらに会社の選び方も「今よりいい条件の会社」を探せばよいので、比較が容易です。

会社の安定感や人数、給与や福利厚生などの待遇面で自分が今どこに不満を持っていて、こだわりたいポイントはどんなことなのかをはっきりさせておくと、よりスムーズに転職先企業を探すことができるでしょう。

転職サイトなどで世の中にある仕事をとにかくたくさん見て、やりたいことを探す

今の仕事自体が合わないと感じた場合、まったく違う仕事に転職することになると思いますが、まず世の中にどんな仕事があるかを調べてみましょう。漠然と「今の仕事は嫌だけど何ができるかわからないという方はこちらになります。

「何ができるかわからない」というのは「どんな仕事があるか知らない」だけかもしれません。転職サイトで興味のあるワードや業界の仕事を見てみると、未経験OKの仕事が見つかることがあります。

また職種は違っても、業種が似ていれば使える知識を活かして経験者採用枠に応募できることも。

転職サイトははっきり調べたい仕事が決まっていない人でも、数多くの求人情報を取り揃えており、いろいろな仕事に出会えるような特集や検索機能があるので、自分に合う仕事に出会える可能性が高まります。

やりたい事がない人の転職を成功させるたった一つの方法

やりたい事がない人の転職を成功させるコツは、転職エージェントを利用する事です。

転職エージェントは転職を希望する方一人一人と面談を行ない、今の不満や転職したいと考えた理由、あなた自身のキャリアやスキルをヒアリングし、さまざまな求人を紹介してくれます。

自分一人ではわからなかったことも、転職エージェントと話すことで自己分析でき、客観的な評価を受けることが可能です。

自分に何ができるかわからなかった人も転職エージェントと話してみると、実はあなたの持つ資格や経験を求めている企業があることに気づけるかもしれません。

転職エージェントを利用する大きなメリットは全部で3つあります。

表に出てこない非公開求人に応募できる
面接のサポートをしてくれる
年収アップ交渉もエージェントにお任せ

1つずつ解説していきます。


表に出てこない非公開求人に応募できる

求人検索をして、気に入った案件がないと諦めていませんか?

実は、転職サイトに掲載されている求人はほんの一握り。

専門性の高いものや良質な案件は非公開の求人として、運営企業が当てはまる人にのみ紹介しているのです。

その大きな理由として挙げられるのが「ライバル企業に知られたくないから」。

求人内容をライバル企業に見られることで、どんな事業をしようとしているのか、どの職種にどれだけの報酬を支払っているかがわかってしまいます。

そこで、重要な仕事やポジションの求人を非公開にして、応募してもらえる人にだけ提供するよう運営企業に求めているんです。

転職エージェントに登録すると、この非公開求人を紹介してもらう事ができるようになります。


面接のサポートをしてくれる

「書類選考は通過するけど、面接でいつも失敗してしまう」そんな悩みを抱えている人はいませんか?

転職エージェントは転職のプロ。

ビジネスマナーから転職業界のトレンド、そして何より企業に関しての情報を多く持っています。

今までの面接で落ちてしまったのは、マナーが間違っていたり、アピールの方法がズレていたのかもしれません。

転職エージェントはマナーの講習ももちろんのこと、応募先企業に合った面接対策も教えてくれます。

あなたの経歴で、どこをアピールポイントとすべきか、想定される質問から事前にどのように回答すれば良いのかも一緒に考えてくれます。

エージェントと面接の練習をしておけば、本番で緊張することも少なくなりますね。


年収アップ交渉もエージェントにお任せ

とてもやりたい仕事でも「年収がもう少し良ければ…」「条件がちょっと合わないかな」と思うことも少なくありません。

そういった時に自分から企業側へ言い出すのは難しいですよね。

しかし転職エージェントなら、そんな交渉も快く請け負ってくれます。

自分で転職活動をして応募していると、どうしてもあなたが立場上弱くなりがち。

これを利用して、ブラック企業などは最低限の年収や条件交渉をしてくることもあり、結果的に不利な転職になってしまいます。

年収アップやキャリアアップのために転職活動をしている方にとっては、転職エージェントは大きな力となります。

他にも転職エージェントは求人紹介、相手企業への連絡、面談などの日程調整等も代わりにやってくれるので、自分は転職に集中する事ができますよ。
以上3点が転職エージェントを利用する大きなメリットですね。


元エージェントが本気でおすすめする無料の転職エージェント2選

元転職エージェントの私から見て、無料でも本当にオススメできると感じた転職エージェントは以下の2つです。

どちらがオススメなのか?と聞かれたら、私は両方とも登録することをおすすめしています。

実は、非公開求人は運営会社ごとの差が出る部分なので、2社のエージェントに希望条件を出すと、同じ案件はほとんど出てきません。

単純に2倍の非公開求人を見ることができるので、良い条件の仕事を見つけやすくなります。(※どちらも登録は3分程度、完全無料で利用できます。)


1.DODA 2人体制での手厚いサポートが魅力

DODAは「キャリアアドバイザー」と「採用プロジェクト担当」の2人体制で行う、手厚いサポートが魅力です。

キャリアアドバイザーは電話面談やカウンセリングを通して、あなたにあった職業選択や、キャリア開発のアドバイスを行ないます。

これに対し、採用プロジェクト担当は、求人情報や企業情報の提供、面接や書類作成のサポートなどを行います。

他社では1名で行う為、仕事が雑になりやすい傾向がありますが、2名体制で行う事で質の高いサポートが受けられます。

求人案内も早いので、なるべく早く就職したいと考えている人には、DODAがオススメですね。

DODA公式サイト:https://doda.jp


2.リクルートエージェント 求人数は業界ナンバー1

リクルートエージェントは人材紹介業界最大手の「リクルート社」が提供するサービスです。

現在20万件以上の求人が登録されていますが、ホームページから探せるのは3万件程度で、残り80%は非公開求人となっています。

リクルートエージェントに登録することで、17万件を超える非公開求人の紹介を受ける事ができます。

他社と比べても求人数が圧倒的に多いので、就職を考えているなら必ず登録しておきたいサービスです。

リクルートエージェント公式サイト:https://www.r-agent.com

就職後に後悔しないように、この2社は必ず抑えておきましょう! 

 

まとめ

転職したいという気持ちはあっても、なかなか一歩目が踏み出せないのには今回紹介したような理由があると思いますので、3つの方法を試してみてください。

最初のスタートを切ることができれば視野が広がり、いろいろな求人案件に応募してみたいという気持ちが生まれてきます。

初めからうまくいくことはなかなかありませんが、社会人経験の一環としていろんな企業の話を聞いたり、自分のスキルでどんな会社が興味を持ってもらえるのか腕試しをしてみるつもりで転職活動を始めてもよいかもしれません。

転職したいけど将来が定まらない人向けQ&A

f:id:worqlip:20180930153919j:plain

今の仕事が限界だから転職したい!という動機は不純ですか?

身も心もボロボロになって限界まで働き続けるくらいなら、言うまでもなく転職したほうがいいです。こうした動機で転職を決意する人は多いですし、不純でもありません。ただし、面接時でそこを強く言ってしまうのは絶対にいけません。転職活動では限界という言葉は使わず、この会社で働きたいと思ったポジティブな動機を用意してください。

面接ではどう思われる?

限界という表現だと、前の職場がどんなに過酷な状況だったとしても、面接の担当者からすると“前の職場が嫌だからうちに来たんだな”という印象を持つでしょう。それに、意欲がない人、限界という表現をメンタルが弱い人・根性がない人と思われる可能性もあります。

転職したいと思った時、悩みや不安を相談できる場所はありますか?

転職したいと思った時、働き方に悩んでいる時にまず頼って欲しいのは転職エージェントです。円満な辞め方、希望の条件に合った転職先の紹介、面接のサポート、年収アップの交渉など、あらゆる不安や悩みを解決するために動いてくれるでしょう。これらが全て無料ですから、利用しない理由はありません。

その他の相談相手としては、親や友達、興味がある業界で働いている人からも情報収集ができますし、色々な価値観に触れられるので、客観的に自分を見る機会が作れるでしょう。

転職したいけど人手不足で辞めにくい・・・どうしたらいいですか?

あなたの人生は有限です。1年先送りにしたらあなたも年齢を1つ重ねてしまう事実を忘れてはいけません。転職活動は年齢も大きく影響します。転職の判断が遅くなった場合、その全責任を負うのは当然自分自身ですよね。自分の可能性やチャンスよりも、会社や同僚たちを想って働きたいという覚悟があるなら別ですが、やはり転職する気持ちが固まったのならすぐに動くべきです。

人手不足なのに辞めるのは冷たい?

人手不足は確かに辞めにくいです。ですが、前以て退職の意思があることを伝えて、引継ぎをしっかりして・・・というように、就業規則を満たしている中できちんと手順を踏んでいるのであれば、あとは人手不足を解消するのは会社の責任です。

冷たいようですが、どこかで割り切らないと新しい一歩を踏み出すことはできません。すぐに転職活動とはいかずとも、求人情報のチェックや転職エージェントへの登録で、まずは情報収集から始めてみてはいかがでしょうか。

転職したいけど失敗が怖い・・・自信を持つにはどうしたらいいですか?

人は未知のものに対して怖いと感じます。転職先が見つからない怖さや、給料が今より下がるかもしれない不安、人間関係で失敗するかもしれない不安など数えてみたらキリがないくらい怖いことはありますが、自信がなくても転職活動ははじめられます。

自信は万全な準備で育てていけますし、怖いという気持ちは立ち向かってみると案外小さくなっていくもの。想像だけだとどうしてもネガティブな方向に行ってしまいますから、まずは知ることから始めてみませんか。

大殺界に転職すると失敗しますか?

大殺界とは簡単に説明すると“何をやっても裏目に出てしまう時期”です。この大殺界で新しいことを始めるのは不向きとされていますが、転職したいと考える人も多いはず。悪い運気の流れは確かに気になりますが、大殺界だから転職したい気持ちを封印するというのはもったいないのではないでしょうか。

どうしても気になるのなら、他の占いも参考にしてみるとか、運気が上がる生活を心がけてみるとか、転職にご利益がある神社をお参りするといった他を試してみる価値はあります。

大殺界でも転職は成功する?

大殺界だから失敗したのか、それとも成功したのかは、本当のところは誰にも分かりません。

知恵袋には大殺界についての質問が多いのですが、大殺界で結婚したけど何十年も夫婦仲良く暮らしている人とか、仕事が上手くいっている人も大勢います。彼らの体験談も参考になるでしょう。

やはり占いに頼るべきではない?

当たるも八卦当たらぬも八卦。これは、占いの世界でよく言われることですよね。転職したいという気持ちが芽生えると、やはり不安も感じてしまいますから、占いにも頼りたくなる気持ちは分かります。

ただ、全てを鵜呑みにするのは止めておきましょう。悪い結果が出たら慎重に行動する、良い結果が出たら大胆に行動するというように、あくまで重要な判断は自分自身で行いましょう。もし占いが外れても占い師さんに責任を取ってもらう訳にはいきませんから・・・。

転職したいと思うのはスピリチュアル的にはどういう意味がありますか?

転職したい気持ちが芽生えるのは、スピリチュアル的な観点からすると、その職場は合っていないという意味があります(そのままですね)。

また、スピリチュアル的な観点では転職に限らず、逃げたい!面倒くさいなど負の感情で行動してもうまくいかないと言われています。成功させるには、もっと学びたい、成長したいというようなプラスの感情が大切です。一度立ち止まって、どうして転職したいと思ったのか、自分の気持ちと向き合ってみてください。