転職エージェントと転職サイトどちらがいいの?それぞれのメリットデメリット

転職の際に利用する転職エージェントと転職サイト。この2つは似ているようで全く違うサービスです。今回はこの2つの違いやメリット、デメリットを紹介します。

転職エージェントと転職サイトの違いは?

転職エージェントと転職サイトとの大きな違いは対面形式かそうでないかという部分です。転職エージェントを利用した場合はあなたの担当者と実際に会って相談に乗ってくれます。

それに対し、転職サイトの場合、基本的に転職サイト側から連絡が来ることはありません。来るとしても企業や会社からのスカウトメールなので、それ以外は自分で検索して企業への応募を行っていきます。

具体的な違いを比較していきましょう。

転職エージェントは相談窓口

転職エージェントとは、求人の紹介から応募企業へ出す履歴書のポイントや面接の対策をアドバイス、サポートしてくれる、いわば転職相談窓口のようなもの。

あらかじめ自分の経歴や希望する職種を登録しておくと、後日メールや電話で連絡が来ます。都合の良い日時を打ち合わせし、その時間に電話や実際にカフェなどで面談(カウンセリング)をすることが多いです。

面談では登録内容の確認と、現在転職エージェントが紹介できる求人の中から、厳選されたおすすめの企業やあなたの希望条件に合っている企業を紹介されます。

もし、提示された求人の中に応募したい案件があれば、その旨を伝えます。その場で企業説明やどんな人材を募集しているか、実際に就職を決めた人はどのような自己アピールをしたかなどの有意義な情報を教えてもらえることもあります。すぐには詳細を教えて貰えない場合もありますが、後日きちんとメールなどで連絡が来ます。

あとはアドバイスに沿って応募し、面接に挑んで転職目指します。もちろん気に入った企業が無ければ、その通り伝えて後日改めて求人紹介をしてもらうこともできます。

転職サイトはデータベースとして活用

転職サイトとは、その名の通り多くの求人の掲載されているサイトです。

登録時に自分の履歴書と職務経歴書を入力しておくと、企業からスカウトメールが来る機能や応募の際に手間が省けるようになっています。

細かく条件を指定して応募企業を検索することが可能です。

例えば転職サイトの「はたらいく」を見ると、業界や職種、残業時間、駅近や福利厚生といった様々な指定オプションがあることも。また、口コミ一覧やおすすめランキングなども掲載されており、似たような条件で迷ってしまう場合の参考にもなります。

今の職場で満足できないことや不満がある人にとっては、自分の希望にぴったりな企業を探せるデータベースとして貴重なサイトです。

転職エージェントと転職サイトそれぞれのメリットは?

転職エージェントと転職サイトでは明確な違いがあり、それぞれのメリットも存在しています。

転職エージェントは未経験でも担当者のフォローで成功に繋がりやすい点、転職サイトは自分のペースで自由に転職活動ができる点が挙げられます。

自分の転職活動スタイルに合わせて使い分ける必要がありますので、個々のメリットを紹介します。

未経験の業種など新しい業界にチャレンジしたいなら転職エージェント

転職エージェントには、キャリアコンサルタント(キャリアドバイザーとも言われる)の支援が一番大きいです。

転職のプロから企業へ応募する際の選び方やアドバイスを直接受けることができるので、自分の知らない業種の知識や新しい業界で自分が活かせる強みを知ることができます。

対面形式だからこそ自分を見てもらうことができ、自分にしかない個性に気づかせてもらえることも。転職市場において、あなたという人材はどれくらい価値があるかを判断されます。シビアな面もありますが、短期間で納得のいく転職先を見つけるには必ず通る道です。

また、それぞれの業種に特化したアドバイザーが在籍しているので、様々なノウハウや濃い情報を得られる点も魅力です。

例えば、DODAであれば、Web・ITエンジニア、メディカル業界、金融業界、海外勤務など9種類の特別コンテンツを用意しています。

更に細かいことでいえば、面接対策や、履歴書の書き方(足りない部分を指摘・添削)も教えてくれます。

今まで自分では完璧だと思っていたことも、転職のプロからすると改善点が見つかりますので、求職者にとって非常に恵まれた環境だと言えます。

特に未経験の職種に挑戦する場合は、いかに自分の能力を即戦力として使えるかをアピールする必要がありますので、転職エージェントのアドバイスは採用してもらう為の大きな力になります。

これら全てのサポートが無料で利用できるのですから、登録しておいて損はありません。

気軽に応募できる転職サイト

転職サイトは求人を検索し、気に入った企業に気軽に応募できる点がメリット。事前に登録しておいた履歴書と職務経歴書を使えば、後は志望動機を記載して応募完了になります。

ネームバリューや強く一つの企業を志望しているといったことがなければ、条件に合った企業何社でも応募できます。

空いた時間に企業検索や口コミを読みながら応募企業を選んで、落ち着いた時に志望動機を添えて応募するスタイルがもっとも効率のよい方法です。

自分のペースで気ままに転職活動をしたい人におすすめです。

転職エージェントと転職サイトのデメリットは?

転職エージェントは人との繋がり、転職サイトは個人作業ですので当然それなりのデメリットもあります。

転職エージェントの場合は時間の都合をつけないといけない点、転職サイトはブラックが混じっている場合やアドバイスなどが受けられないので、失敗しても修正点がわからない点が大きなデメリットとなります。その他の細かい注意すべき点を紹介します。

転職エージェントには時間を作り、自分の意思をしっかり伝える作業が必要

転職エージェントでは対面形式で転職相談やアドバイスを行うので、事前打ち合わせをするためにスケジュールを調整しておく必要があります。

転職サイトのように自分で企業を探して応募することはできないことが多いので、思い立った日にすぐ転職活動をしたいと思っても難しいのが転職エージェントを利用した場合のデメリットです。

また、転職エージェントとの対面形式で行う面談では、自分の意思を明確にしておく必要があります。

なんとなく転職したいという気持ちでは、転職エージェントの担当者もどんな企業を紹介すればよいかわかりません。

どんな理由で転職したいと思っているか、次働きたい職場の雰囲気、仕事、給与や福利厚生の条件、立地や通勤時間の許容範囲などを自分なりにまとめておかないと、せっかくの転職エージェントとの面談時間が無駄になってしまいます。

転職エージェントの担当者は企業の面接官ではありませんので、自分の言いたいことや伝えたいことを素直に話しましょう。

転職サイトは有用な求人を見極める力と悪かった点を見直す作業が必要

転職サイトにはたくさんの企業が掲載されていますが、それらの中にはブラック企業も混ざっている可能性もゼロではありません

当然あると思っていた福利厚生の記載がよく見るとない場合や、細かく見込み残業時間が書かれているなどの落とし穴を見抜く力が必要。こうした注意を怠ると、転職できたがすぐに転職したくなり、悪循環になりかねません。

また、未経験者歓迎の企業も多数存在しますが、こうした企業に応募する際はしっかりと下調べをして、どんな人材が求められているか把握した上で志望動機や自己PRを作成する必要があります。

気軽に応募出来る分、1社に送る社作成する時間が短くなり、コピーペーストで済ますなど適当になりがちですが、それでは準備不足です。

そうなるといつまで経っても内定どころか面接まで進むこともできず、一向に転職できません。

しかも、企業から細かいフィードバックが来ることは稀なので、自分の履歴書や自己アピールの悪かった部分がわからないままになります。

自己分析や客観的にうまくいかなかった理由を解明できる人でないと、うまく使いこなせない部分があります。

まとめ

転職エージェントと転職サイトの違いについて紹介してきましたが、じっくり長く働ける企業を探すには転職エージェントの利用をおすすめします。

転職の際は不安や悩み抱えていることが多いですが、それをしっかりと伝えてそうしたことのない企業を転職エージェントが厳選して紹介してくれます。

また、女性ならではの不安として、育児休暇や産休からの復帰についても内部事情を把握した転職エージェントに聴くことが可能な場合もあります。

転職エージェントの担当者が女性であれば、悩みを共有しやすいといったメリットもあるので、女性は特におすすめ。信頼関係の築ける転職エージェントを選んで、満足できる転職を実現させましょう。