マイナビエージェントはどんな人が使うべき?内容と評判を紹介

f:id:worqlip:20170523000746j:plain

転職サイトのマイナビエージェントはどんな特徴があるのでしょうか。利用するのに向いている人や評判といったことを調べながら、メリットとデメリットを紹介します。

マイナビエージェントはどんなサイト?

マイナビエージェントは転職支援サービスを行っている大手の転職サイトです。

特徴は転職を初めてする人をサポートする仕組みに力を入れているところ。第二新卒や業界未経験の人も転職できるようなアドバイスや求人を掲載し、セミナーも開催しています。

第二新卒や未経験向けの求人ページが充実

第二新卒の年齢にあたる20代前半の方向けの求人案件が多く掲載されているのが大きな特徴です。こうした求人はキャリアを問うようなものではなく、ポテンシャルや、やる気といった、若いからこその伸び代を期待したものになります。

転職と聞くと実績や経験がないとうまくいかないため、早期の転職は難しいイメージがあるかもしれませんが、マイナビエージェントに掲載されている求人の多さを見れば、そんなことはないことがわかると思います。

業界未経験でも挑戦できる求人も掲載

転職市場では、未経験の業界への転職は早ければ早いほど良いとされていますので、日々チェックしましょう。

今と同じ業界で違う会社に転職したい場合は、それなりの経験が必要ですが、未経験の場合は早く転職して1日でも経験を多く積み直す必要があります。

「就職してみたけど、業界自体が合わない」「思っていた業務内容と全然違うので辞めたい」といった就職直後の悩みは誰しもあるかと思います。研修期間だけならよいのですが、実業務に就いてからも、そのような状況が続くと嫌になってしまいます。

そんな時に未経験でも今から転職できるような求人案件をマイナビエージェントで見つけて応募してみましょう。もしかすると、今以上に年収が上がる、労働条件が緩和されるなど、希望条件通りで満足度が高い転職先に就職できるかもしれません。

転職セミナーで基本知識を学べる機会も

マイナビエージェントでは、転職セミナーでのサポートも行っています。

転職セミナーでは履歴書の書き方や職務経歴書の書き方を学ぶことができますので積極的に参加しましょう。

ネットで調べるよりも生きた情報を入手できるのはこうしたリアルなイベントならでは。

履歴書や職務経歴書の書き方も転職に際して、力を入れるべきポイントやコツが変わってきますので、不安な方はこうした基本知識を学ぶ場としても参加してみるのもよいでしょう。

マイナビエージェントを使うメリット

マイナビエージェントを使うメリットは大きく分けて4つあります。

1つは自分にあった求人をエージェントが探してくれる点。

2つ目は効果的な履歴書や職務経歴書の作り方をエージェントからアドバイスしてもらえること。

3つ目は面接でのアピールポイントも事前に知ることができるので、面接が苦手な方でも落ち着いて対処できること。

最後に内定獲得後のトラブルも担当エージェントと相談しながら対応できるといった特典もありますので、それぞれを具体的に説明します。

自分に合った求人をエージェントが探してくれる

転職活動でまず大切なことは、自分の希望する求人情報を見つけることですが、自分一人ではなかなか見つけられないことも。そんな時は担当エージェントがあなたの希望に合った求人案件を探してくれます。

マイナビエージェントには大量の求人案件が掲載されているため、自分で条件検索をしても絞りこめる範囲にも限度があります。さらにその中から細かい待遇や職務内容を選定しようとすると途方もない時間が必要です。

これでは非効率な上、探している間に転職に対する意欲も下がってしまいます。そこでアドバイザーの出番。無料で相談できるアドバイザーに転職を希望する企業の条件を細かく伝えてください。

その条件と、登録の際に記載した履歴書などを参考に、あなたが興味を持ちそうで、採用の見込みがある案件を紹介してもらえます。大手エージェントでもこうしたきめ細かいサービスを提供しています。

これにより、案件検索にかける時間の短縮になる上、自分の実力で内定を獲得できそうな企業に応募できるので転職を成功させるための時間も短くできます。

効果的な履歴書や職務経歴書の作り方をアドバイス

応募の際に必要な履歴書や職務経歴書の企業にあった書き方も、キャリアアドバイザーから教えてもらうことが可能です。

マイナビエージェントに登録した際に学歴や職歴などを入力しますが、当然それだけでは案件への応募はできません。通常の就活や転職活動で必要になる履歴書や職務経歴書を作成する必要があります。

しかし、一度作ったものを使いまわしていては、いつまで経っても内定をもらうことはおろか、面接まで進めることも難しいでしょう。

特に自己PRをする部分では、その企業が必要としている人材であることを印象付けるチャンスですから、応募先の企業に合わせてしっかりと記載しなければなりません。

そこでキャリアアドバイザーからの助言、履歴書などの書類を添削してもらうことで、間違いのない自己PRを書くことができます。

アドバイザーは案件紹介をするだけでなく、企業から直接欲しい人材を説明されていることや、掲載企業へのヒアリングを行っていることが多いので、転職者に有益な情報を握っていることも。

それを元に企業ごとに提出する資料を作り変えれば、書類選考に通る確率もグッと高くなりますので、大手企業・優良企業に採用してもらう為の第一歩になります。

面接でのアピールポイントも事前に知ることができる

履歴書や職務経歴書と同様に面接対策として、アピールポイントもエージェントからアドバイスをもらうことができます。

面接は苦手な人にとって最難関とも言えるのですが、当然転職成功へのカギを握っています。そう考えるとプレッシャーではありますが、質問される内容を想定して、答えを用意できていれば、心配や負担は軽減できます。

採用担当者の前で何も話せなくなる事態は避けられますし、予め企業の情報を頭に入れておけばイレギュラーな質問にも対応できます。

内定獲得後のトラブルもエージェントと相談しながら対応できる

転職の際に問題になりやすいのが退職に際しての手続きがうまく行かないことですが、こうしたトラブルのアドバイスもエージェントから受けることができます。

現職の仕事の都合がつかないときや、スムーズに退職を認めてもらえなかったなどの理由で入社時期がずれ込む可能性などもあります。こうした時にはエージェントに相談して、転職先へ連絡をしてもらうことができます。

企業側になかなか言い出しにくく、どうすれば良いか悩んでいる時に頼れる存在としてエージェントがいるのは心強いです。

このように、マイナビエージェントでは、求人紹介だけでなく転職サポートも行っています。また、非公開求人を含む求人情報から、あなたに合った仕事を紹介してもらえるのでぜひ活用してください。

マイナビエージェントのデメリットや注意事項

多くのメリットを持つマイナビエージェントですが、実は2つのデメリットが存在します。1つ目は30代からの転職には向いていない案件が多いこと。2つ目は転職にかかる時間が長くなる可能性があることです。これらについて説明します。

30代からの転職には向いていない案件が多い

求人案件を見ると未経験の転職には強いのですが、経験者のキャリアアップには向いていないものがほとんどです。具体的にどんな特徴があるかと言えば、給与の少なさや待遇の悪さが目立ちます。

第二新卒や未経験で転職を希望する場合は、現状そこまで給与が高くないため、転職の条件で給与額はそこまでこだわらずに自分のやりたいことをできる求人を求めています。

しかし、ある程度の経験やキャリアを積んだ30代からの転職であれば、やりたいことができる職場選びだけではなく、給与水準も上を目指したいところですが、そうした要望を満たすものはそう多くは掲載されていません。

その点、リクルートエージェントであれば、ハイエンドな求人案件も掲載されており、より良い環境を求めて転職を目指す人の強い味方になってくれるのではないでしょうか。色々な転職エージェントを比較して、自分に合ったところを探してください。

転職にかかる時間が長くなる可能性がある

じっくり検討しながら、転職活動をしていきたいのなら良いのですが、一刻も早く転職したい人にとっては、気持ちが焦ってしまうかもしれません。

他の転職エージェントは積極的に転職を勧めてくる傾向にありますが、マイナビエージェントはそこまでの積極性はないというクチコミを見かけます。

いち早く今の環境から抜け出したいときや、未経験の業種へ転職したいので早期に内定をもらいたいと考えていても、なかなか叶わないことが多いようです。

まとめ

マイナビエージェントは手厚いサポートがある反面、スピード感が合わない人には向かないことやキャリアアップにつながる転職は期待できない点があります。

どの転職サイトでもそうなのですが、求人を選ぶ前に自分の目的と希望にあった転職サイトを見極めることは大切です。