年収の差は広がる一方!ボーナスなしの会社から一刻でも早く転職するには?

労働者に対して支払われるボーナス(賞与)。派遣社員や契約社員ならまだしも、正社員でありながらボーナスなしの会社で働いている方は少なからず存在します。

さまざまな事情によりボーナスが支給されない会社があり、そこで働く社員は何かと寂しい思いをしていることでしょう。年収も低いままキャリアを積むこととなるよりは、どうせ働くならボーナスありの会社がいいですよね。

そこで今回はボーナスなしの会社に勤務している社員がボーナスありの会社へ転職するポイントについてご説明いたします。

ボーナスの時期になると憂鬱になる

6月や12月になると、テレビのニュースなどで「世間ではボーナスが支給されました」と報道されることがあるでしょう。雑誌などでも一般的な支給日が近くなると「今年のボーナスで買うならこのアイテム!」などの特集が組まれたりします。

また、ボーナスで暖まった懐具合を刺激するように、デパートや量販店などではバーゲンを行います。通常期よりも安く入手できる商品もあり、この時期は多くの人達で街がにぎわいますよね。

ボーナスなしの会社に勤めている人は、そんな街の盛り上がりとは全く無縁です。むしろ、「こんなに働いているのに、なぜ自分は・・・」と憂鬱になる一方でしょう。

外資系などで年俸制給与の場合はまだわかります。年棒を12分割して支給されることとなるため、ボーナスという概念がなく、その分毎月の給与が高めになるのでボーナスなしでも特に問題はありませんから。

しかし、日本企業であり、ボーナスを支給されることを前提で入社したにもかかわらずボーナスが無いというケースでは、モチベーションも著しく下がりますし、精神的に追い詰められることもあるでしょう。

なぜボーナスが無いのか?

f:id:worqlip:20170821234514j:plain

ボーナスがない会社には、ひとつの共通点があります。それは会社の業績が思わしくないこと。業績が順調であればボーナスの原資となる資金を確保できますから、従業員に少なからずボーナスを支給することが可能です。

つまり、ボーナスを支給しないということはその分経営に余裕がないということ。最悪の場合、会社倒産もあり得ます。

また、十分な業績を上げているにもかかわらず、賞与無しという会社もあります。家族経営の会社などで多いケースですが、役員で利益を分配し一般社員には還元しないという方針になっていることもあります。

仮に、募集要項に「ボーナスあり」「賞与支給あり」と明記していたとしても、業績が思わしくないという理由があれば支給せずとも特に法律違反には問われませんし、ブラック企業でもありません。

こうした会社に入社してしまった場合は、この先もずっとボーナスなしの状態で働くことになります。これまで残業が当たり前で仕事をしてきたのに、能力を磨いてきたのに…と、精神的にも辛いです。

ボーナス払いのローンが組めない!

ボーナスなしの会社に入社した場合、モチベーション以外のデメリットもあります。それは住宅ローンや自動車ローンなどでボーナス払いを利用することができないこと。

高額の買い物を行う際、ローンを組む人が多いのですが、その際にボーナス払いを設定できないとなると毎月の支払い負担がその分増加します。

ボーナスの平均支給額は中小企業で約37万円、大手企業なら約84万円(※2017年夏のボーナス)ありますから、例え1回でも支給されれば、生活レベルはかなり上昇しますが、ボーナスが無ければ毎月の給与のみで生活することとなり、派遣社員や契約社員と一体何が違うのかと不満に思ってしまうでしょう。

特に家族のある方は、貯金や年金などの将来設計にも関わってくることになります。ボーナスなしの会社はできるだけ避けたいと考えるのも無理はありません。

ボーナスは支給されることが「当たり前」

就職や転職の際には企業の募集要項を参考にします。その際、ボーナスの欄に支給額や実績などが明記されていたとしても、実際に入社してみると支給が無いというケースは少なからずあります。

もちろん、新卒1年目の夏はボーナスなしで、業績が赤字に転落したので今年だけボーナスなしであるといったイレギュラーケースはどこの会社にでもあるでしょう。

しかし、多くの日本企業においては少なからずボーナスが支給されることが当たり前です。よほど基本給や毎月の給与支給額が高い場合を除き、本来支給されるはずのボーナスが支給されないとなると家計に対する影響は甚大です。

しかし、募集要項に「ボーナスあり」と記載があったとしても、実際に支給されない会社は意外と多いのもまた事実です。企業側に悪意がるのかそうでないかに関わらず、ボーナスがなかった時点で転職を考えるのも当然だと言えます。

ボーナスがない会社からは転職したほうが良い?

このように、ボーナスなしが与える影響は大きいものです。できればボーナスありの会社へ転職したいと考えるも当然ですね。

では、ボーナスなしの会社に勤めている人は今すぐに退職して、ボーナスありの会社へ転職したほうが良いのでしょうか?

もし仮にナシだったとしても、平均額以上の給料を確保できているのであれば、今すぐに動く必要はありません。しかし、年収が低い場合は、ボーナスありの会社へ今すぐに転職したほうが、長い目で見ると良いと言えます。

もちろん、現在の年収よりも上回ることが前提なので、月給や賞与額、各種手当にもよりますが、多くの場合、ボーナスありというだけで、この条件は簡単にクリアすることとなるでしょう。

ボーナスがある会社へ転職するにはどうすればよいか?

では、ボーナスがしっかり支給される会社の求人を見つけ出し、実際に転職するにはどのようにすればよいでしょうか。

上記の通り、企業が提示している募集要項を100%信じると失敗することがあります。かといって今の経営状態のよくない会社で、ボーナスが支給されない状態のまま働き続けるのもリスクがあります。

しっかりとボーナスが支給される会社を探し出し、スムーズに転職するのが理想ですが、働きながらだと情報収集にかける時間もなかなか確保できず苦戦することになるでしょう。辞めるのも辞めないのもリスクを伴う、そんな状況におかれてしまうのです。

転職エージェントを活用して転職を成功させよう!

このように、ボーナスが支給されない会社から確実に支給される会社へ転職するには、どのような転職活動を行えばよいでしょうか。

最も確実な方法は転職エージェントの活用です。転職活動においては、正確な求人情報を把握するという作業に神経を使います。募集要項に虚偽が無いか、ボーナスがしっかりと支給されるかという点は特に注意深くチェックしなければなりません。

その点、転職エージェントであれば、企業がきちんとボーナスを支給しているか、どの程度の額を支給しているかという情報をしっかりと把握しており、応募者の希望に沿うボーナスありの企業を紹介してくれます。

また、これまでボーナスなしの待遇で働いていたため低かった年収に関しても、できるだけ上積みできるように企業との交渉も行ってくれます。ボーナスありの企業で働きたいと考えている方にとって、転職エージェントは非常に心強い存在となります。