御社と貴社の違いは?メール・手紙・電話の場面に合った正しい使い方を知ろう

ビジネス用語として登場する「御社」と「貴社」の使い分け。似ているようで実は明確な違いが存在します。今回はこの2つの言葉を比較しながら、もうひとつ類似している「弊社」という言葉についても正しい使い方を紹介します。

御社と貴社の違いは?

「御社」と「貴社」という言葉はみなさんご存知かと思います。どちらも相手先の企業を指して使う言葉ですが、なぜ2種類も呼び方があるのでしょうか。

あいまいになりがちなこの2つの言葉について理解して、就職・転職活動を進めていくにあたり、エントリーシートや面接で失敗しないようにしましょう。

「御社」は口頭で伝える際に使用する言葉

一般的に、「御社」という言葉は尊敬語であり、話し言葉になります。

就職・転職活動における面接の場面だけでなく、会社に入ってからの電話対応や取引先とのやりとりで使用することが多いので覚えておきましょう。

逆に会話の中で貴社と言った場合、意味は通じるので一概に間違いだとは言えません。

しかし、言葉で「きしゃ」と聞いても「貴社・帰社・記者・汽車」といった同じ読みの言葉が複数あるため、混同しやすいですよね。
相手に分かりやすい言葉を選択して話せるようになることも、できるビジネスマンとしてのマナーです。

「貴社」はエントリーシートや履歴書などの文面で使う言葉

「貴社」は、書類や文面で使う書き言葉です。

就職活動ではエントリーシートや履歴書などの、応募する際に送る文書やメールで使用することになります。社会人になってからもクライアントや相手企業に連絡をする場面は多々ありますので、こちらも使い方は覚えておいてください。

前述の通り「貴社」という言葉を会話で使うと紛らわしいので「御社」と言うようになった経緯がありますので、面接で「貴社」と言っても間違いではありませんが、使い分けるよう普段から意識しましょう。

気をつけたいのはパソコンでメールを書く際に変換で「貴社」と「帰社」は読み方が同じなので、誤変換しやすい言葉として有名だということ。

実際にあった例として、「貴社で打ち合わせ」と伝えたかったにも関わらず「帰社で打ち合わせ」と先方に送ってしまい、「こちらですぐに打ち合わせに来るのか、一旦そちらの会社に帰ってから打ち合わせにくるのかどちらですか?」とわざわざ確認の電話をしてもらわなければならない失敗をしてしまった人もいます。

しっかりと確認するようにしましょう。

重要なことは場面に応じて統一すること

「御社」と「貴社」を混同して使わないようにすることが大切です。

面接などの場で緊張してしまい、どちらを使うのが適切なのか分からなくなることもあるかもしれませんが、間違ってもどちらともを混ぜて使うということは避けましょう。

「御社に応募した理由は、貴社の経営理念である…」といった形は統一性がなく、印象が良いとは言えないですし、何より言ってしまったことにあなた自身が焦ってしまって自己PRどころではなくなってしまうでしょう。

最初に「貴社」と言ってしまった場合はそのまま、「貴社」で通すようにして、「今日は貴社で通す」という方法に切り替えれば大丈夫です。

面接時に「きしゃ」と言われて「帰社」だと誤解する面接官はまずいませんから、気にしないようにします。

途中で言い方が変わると失敗している雰囲気が出てしまいますし、話している自分自身も「御社か貴社かどちらだろう」という意識が出てしまい、肝心の質疑応答が上手く行かなくなってしまいます。

もし、集団面接などで自分が「貴社」と言った後、周りが「御社」というので気がついた場合は次の会話からさり気なく自分も「御社」にしておきましょう。

それぞれの言葉を使う際のポイント

「御社」と「貴社」の違いは理解できたかと思いますが、ただ使っているだけではビジネスマナーが分かっていることにはなりません。

使うタイミングや頻度を意識しておくことで、より自然に話すことや文章を書くことができ、採用担当者へいい印象を与えるきっかけできるのです。

「御社」を多用しないこと

「御社」という言葉は面接の際使いやすいですが、あまり多用すると印象がよくありません。

志望動機述べる時「御社にこの度応募したのは、御社の経営理念である○○という点に御社の魅力を感じたためです。」と言われても、「御社ばかり使っている」と気になって内容が入ってきません。

「御社」と言うのは冒頭に1回使うほどにして「御社にこの度応募したのは、こちらの経営理念である○○という点に魅力を感じたためです。」といったように「こちら」と言い換えるようにしましょう。

文面で利用する「貴社」を使った書き出しを覚えておく

「貴社」を最も使う場面と言えば、企業に出すメールなどの冒頭に「貴社におかれましてはご盛栄のこととお慶び申し上げます」という言葉を使う時ではないでしょうか。

もし、今まで付けていなかった場合は覚えておきましょう。毎回使うと煩わしいこともありますので、数回やり取りをしたことのある企業相手の場合は「日頃より大変お世話になっております。」といった少し柔らかな表現に変えてもいいかもしれません。

「弊社・貴社」の後に「様」を付けない

「弊社」や「貴社」という言葉は敬語なので、後に「様」などを付けると二重敬語になってしまい、逆に恥を書いてしまいます。

過度な敬語を使わないように気をつけましょう。似た事例として、封筒の宛名を書く際に「様」と「御中」を重ねることも二重敬語です。

名前のわかっている担当者に向けて出す場合は「様」、名前が分からず部署名や会社名で出す場合は「御中」を使います。こちらも合わせて覚えておきましょう。

似たような言葉の「弊社」とは?

「弊社」とはどのような場面で使うのでしょうか。「御社・貴社」と似ているため混同してしまう人もいますが、こちらは全く違う意味になりますので、注意しましょう。

「弊社」は社会人になってから使う言葉

「弊社」は謙譲語なので、就活用語の中にはありません。その理由は簡単で、「弊社」という場合は自分がへりくだった言い方なので、主に取引先とのやり取りで使う言葉になり、使う機会がないのです。

入社前は自分が会社に所属していないため「私(わたし、わたくし)」です。似た言葉に「当社」という言葉がありますが、こちらが単に自分の会社を指します。その為、社外で使う言葉というよりは身内やグループ会社同士で話し合う際に使用します。

取引先との会話で「当社」というと「なんだか偉そうだな」という印象を持つ人もいますので、「弊社・当社」どちらを使うべき場面なのかを判断できるようになりましょう。

まとめ

「御社」と「貴社」の使い分けをできることで社会人マナーのわかる一歩進んだ人であると思われます。「弊社」も合わせて社会人の常識として、この3つの言葉を頻繁に使いますので、理解しておきましょう。

口頭で「御社」と言うのでどこでも御社と使いがちですが、違いを知り「貴社」と使い分けるのが正しい使い方です。

間違えないコツは「お話しで使うのは御社(おんしゃ)」「書き物に使うのは貴社(きしゃ)」と覚えておくことです。

「弊社」の覚え方は「へりくだった言い方は弊社(へいしゃ)」です。また、「○社」という使い方でわかるように、対象となる先が会社であれば社を使いますが、違う場合は変更して使います。

銀行であれば「御行、貴行、弊行」になり、学校であれば「御校、貴校、弊校」となります。

この他に都道府県の官公庁宛の場合「御庁、貴庁、弊庁」や「御県、貴県、弊県」を使用し、県でない場合は都道府に変えて使うといったさまざまな形があります。

ビジネス会話や社会人におけるルールは、ややこしくて使い分けも難しいですが、ひとつひとつの意味を理解するところから始めていきましょう。