WORQLIP

元転職エージェントのここだけの話

未来工業株式会社に転職したいときはどうすればいいの?会社の特徴や仕事内容をチェック

電気設備資材などを扱い、ホワイト企業としても有名な未来工業で働くには、どのようなことが必要なのでしょうか。

今回は会社の特徴や仕事内容、働くうえでの注意事項を調べてみました。

未来工業株式会社はどんな会社?

未来工業株式会社は岐阜県の安八郡輪之内町にある電気設備資材の製造販売を行なっている企業です。ここでは企業規模や事業内容、経営理念などを紹介していきます。

歴史のある企業で、設備資材のシェアはトップクラス

未来工業株式会社は1965年に設立された企業で、電気設備資材などのシェアは国内トップクラスの大手企業です。

電気設備資材とはコンセントカバーやスイッチボックス、照明などの支持金具などがあり、こうした電気製品に関わるアクセサリー関連を製造販売しています。また、電材や管材、建築次第の研究開発にも取り組んでいます。

創業以来赤字なしのホワイト企業

未来工業株式会社は創業してから今日まで赤字のない経営状況と良好です。経営状況のクリーンさもさることながら、ホワイト企業として口コミでも有名。

残業時間ゼロを掲げて日々社員全員が働いており、プライベートな時間も豊かにしていこうという考えが反映されています。

残業時間ゼロといってもなかなか実現できていない会社が多いなか、未来工業株式会社では経営者目線でも残業時間の削減に取り組んでおり、製品作りに関わるコストを削減すること一貫として残業を減らし、ユーザーに安く商品を提供しようとしています。

こうしたことから残業時間ゼロとは単なる絵に描いた餅ではなく、きちんと実行されているのです。

従業員は全員正社員、平均年齢は46歳

未来工業株式会社で働く従業員はすべて正社員として雇用されています。これは、従業員を会社に必要な駒として使い捨てるといった考えではなく、ともに成長していく仲間として捉えているからです。

福利厚生が充実しており、休日も年間140日(平成23年)、資格取得を目指す人を歓迎していて援助金や祝い金の贈呈、もちろん資格手当も毎月支給されます。

そういった点を見るだけでも長く働けそうな職場だということが分かります。有給休暇も罪悪感なく取得できそうです。

同時に、同じ仕事をするなかで待遇に差をつけないために行なわれている、いわばモチベーションアップにつながる取り組みともいえます。

社員の平均年齢は46歳と少し高めですが、会社として年功序列を採用していると公言しているおり、長く勤務している方が多くなっているためです。

経営理念は「常に考える」

未来工業株式会社の経営理念は「常に考える」となっており、社員一人一人が前向きに業務に取り組むよう促しています。これを実現する作業の一環として提案制度を設置しています。

提案制度では職場環境や業務に関する些細な改善提案をすることにより、採用の可否に関わらず一定の報奨金が支払われる仕組みです。

報奨金があることでモチベーションにもつながり、会社としても現場の声を拾い上げることができるため、両者にとって良好な制度となっています。

未来工業株式会社の職場環境や働くために必要なことはどんなことか

未来工業株式会社はホワイト企業で働きやすい職場であるようなイメージがありますが、実際はどうなのでしょうか。社風や文化、求められる人材、給与などの待遇についてご紹介します。

ノルマや成果主義を捨て、社員を大切にしている

未来工業株式会社では明確なノルマや数値目標を営業職以外には設定していません。製品を作るうえでノルマや数値目標を課してしまうと、それだけ作業が雑になることやお客さんに対する対応に不手際が発生する可能性が高くなります。

信頼あっての製品なので、ノルマよりも確実に良いものを作り、ユーザーに届けることが第一なのです。

社員全員がやる気になることで会社が良くなる

未来工業株式会社の職場環境は働く人みんながやる気を持って日々の仕事をしていることが特徴の一つ。ホワイト企業であることや社員のことを考えた経営方針であるからこそ、従業員が同じ方向に向かって努力できる環境が整っています。

そうしてやる気に満ちた職場になることで、企業のブランド力や製品の質の向上につながり、最終的には会社自体が良くなるといった考え方を共通認識として持っています。

他社と同じことはしない独自性を持っている

提案制度を設置していることからもわかるように、未来工業株式会社では独自性を追求した考え方のもとで製品を作っています。競合他社の多い分野や製品はそれだけ価格競争を強いられることになり、いいものを生み出しにくくなってしまいます。

逆に、誰も作っていない製品を生み出すことで唯一無二の存在になり、価値を高めることが可能です。

未来工業株式会社の製造販売をする製品を見ると「そんな使い方ができるのか」といったものも多いはず。こうした驚きや感動を生む製品を日々作り出している企業です。

平均年収は640万円、年功序列で給与が上がることが多い

未来工業株式会社の平均年収は640万円と標準の水準です。

年収の上がり方は年功序列となっており、成果主義ではありません。技術の分野ではやはり熟練度の高い人ほど、高い技術力や経験を有しているため、成果主義よりも年功序列が適していると考えられているようです。

未来工業株式会社への転職を目指す際の注意点

未来工業株式会社への転職を目指す時に気をつけたいポイントは3つあります。

1つ目は型にはまった面接対策では厳しいため、しっかりとした下調べや分析が必要なこと。

2つ目は自分の頑張りを年収や待遇に直結させたい人には向かないこと。

3つ目は最低限の知識は必要や資格を持っていないとアピールすることがなく、厳しい状況になってしまうことが挙げられます。

型にはまった面接対策では厳しい

未来工業株式会社の採用試験、特に面接で多く聞かれる意見として面接対策が取りにくいことが挙げられます。通常の企業であれば、面接官からの問に答えていくことが多いなか、未来工業株式会社ではまず自由に話すことから始まります。

具体的な質問がされない中で、自分の何をアピールしてどのように話すかを組み立てる力が必要なため、しっかりとした自己分析と企業分析ができていないとうまく話すことは難しいでしょう。

また未来工業株式会社のサイトには、採用情報の他、入社希望者に向けて「ミライなんでもQ&A」というページを作り細かい質問に答えています。そちらも読んでおくと企業の考え方に触れることができるので面接対策に役立つかもしれません。

自分の頑張りを年収や待遇に直結させたい人には向かない

先ほどもお伝えしたように未来工業株式会社では年功序列を採用しているため、自分の頑張りを評価してもらえる機会が少なくなっています。

とりわけ年収への反映がされないことから、成果主義の企業で働きたいと考えている人にとってはモチベーションアップが難しいので、あまりおすすめできません。

最低限の知識は必要、場合によっては資格も

未来工業株式会社から内定を獲得するには経験者でないと少し厳しいようです。

面接官からの質問の中には「あなたを採用することでどのようなメリットがあるか」といった具体性を求められるものあり、これにきっちり答えるには自分の知識や資格を持っている方が良いでしょう。

まとめ

未来工業株式会社は経験者歓迎の企業。電気設備の知識や経験があるならアピール次第で入社可能だといえます。

年功序列で給与が上がる点やホワイト企業として有名なことから、転職者憧れの企業となっています。

ただし、基礎的な知識以外にも面接でしっかりと自分を売り込み、会社の利益をなる人材であることをアピールできなければ内定獲得は難しいでしょう。

そこで、少しでも内定を獲得できる可能性を上げるために転職エージェントを利用するのも1つの手段です。

転職エージェントはサイトに求人情報を掲載しているだけではなく、あなたのキャリアや職務経歴書の書き方や自己分析・自己アピールの方法もアドバイス、さらに勤務地や職種、月給など転職に関することなら何でも相談に乗ってくれます。

転職活動をしていくには全てを一人で管理するのは大変ですから、強力なサポーターになってくれるでしょう。