転職エージェント大手リクルートエージェントの特徴と評判について

今の時代、転職活動において転職エージェントの利用は必須。より有利な転職をしようと考えた際には、数々の転職サポートがあなたを支えてくれます。

しかし、転職エージェントといっても規模や得意分野はさまざま。統計によると全国に転職エージェント数は15000社を超えるというデータもあり、転職希望者にとってはどの会社に登録すればよいか迷ってしまうのも事実。

そこで、数ある転職エージェントの中からメジャーな企業をピックアップしご紹介するこのシリーズ。業界最大手の株式会社リクルートキャリアが運営するリクルートエージェントをご紹介します。

リクルートエージェントのサービス概要

リクルートエージェントは、人材サービス企業の株式会社リクルートキャリアが運営する転職エージェントサービス事業です。

1977年に創業した株式会社人材情報センターを母体としており、当時からリクルートグループの総合力を生かした人材サービスを提供していました。

その後、株式会社リクルート人材センター・株式会社リクルートエイブリック・株式会社リクルートエージェントと会社名を変えつつ事業統合を繰り返し、2012年に株式会社リクルートのHRカンパニーと株式会社リクルートエージェントが事業統合。

株式会社リクルートキャリアが誕生しました。

リクルートエージェントは転職エージェント・転職サイトとしては最大手であり、総合評価も高いです。2015年度実績で約3万人と多くの転職成功を実現しています。

また、日本以外でも中国や韓国、シンガポール、アメリカ、カナダなどの海外にも拠点を設けており、海外で働きたい人材を紹介するサービスも行っている点が特徴のひとつです。

転職エージェントとしては最大手

f:id:worqlip:20170523003056j:plain

リクルートエージェントは転職エージェントサービスとしては日本最大手であり、取り扱っている求人数や登録者数、転職決定実績もすべてにおいてナンバーワンの実績を残しています。

優秀な人材が多いと噂されるリクルートグループですが、エージェント事業にはとりわけ優秀な人材を配置していると言われており、求人企業の開拓やコンサルティング能力・マッチング能力といったサポート力が他のエージェントよりも秀でていると評価されています。

実際、各種口コミでも高評価が多く、「迷ったらまずリクルートエージェントに登録しておくとよい」と言われるほど、満足度が高いです。求人案件も第二新卒案件から中高年管理職案件まで幅広く網羅しており、情報量の多さもトップクラスです。

リクルートエージェントの利用者が語る総評

では、具体的に利用者の評判をいくつか見てみましょう。

・第二新卒で一般事務職経験しかないため、他エージェントでは紹介できる案件はないと言われてしまったが、諦めていたところにリクルートエージェントでは30件以上の求人案件を紹介してくれた
・職務経歴書の書き方もよくわからない転職初心者でも丁寧にコンサルティングしてくれて無事、希望条件にマッチする業界に転職できた
・他のエージェントと比べて紹介される案件数が圧倒的に多い
・ニッチな業種・業界も網羅している印象がある
・企業に対する給与交渉が非常に上手で、当初希望していた条件を100%に近い形で満たしてくれた
・TOEIC900点台で外資系企業を希望していたが、びっくりするような大手の求人案件を紹介された。大手企業案件の豊富さはすごいと思う。

このように、最大手ならではの案件数とサポート力の強さに対する高評価が多く、安心してお任せできる転職コンサルタント(キャリアアドバイザー)がいることが伺えます。

その一方で、以下のようなマイナス評価もあります。

・クリエイター関連の求人が少ない
・低スペックの登録者は早々に見切りをつけられてしまう
・担当者が流れ作業的に処理している印象を受ける
・転職コンサルタントが上から目線で対応するため不愉快

このように、大手であるがゆえに多数の転職希望者を対応せねばならない状況において、少し対応の雑さが見受けられるようです。

リクルートエージェントが強い理由

では、なぜこれほどまでにリクルートエージェントが転職エージェントサービス業界で”強い”のでしょうか。

その理由をいくつが列記してみましょう。

①企業側からの申し込みが多い

人材を募集している企業側から見れば、登録者の多いリクルートエージェントは「優秀な人材も多く登録している」と見られています。従って、企業側もまずリクルートエージェントに案件を出し反応を見る傾向にあります。

②リクルートグループの安心感

長年求人業界で数多くの実績を残してきたリクルートグループ。グループ人脈もあるため、名だたる大企業もリクルートであれば信頼して求人案件を任せることがあります。

③コンサルタントの質の高さ

転職者に対する的確なアドバイスが行えるコンサルタントが多数在籍おり、履歴書や職務経歴書など、提出書類の添削や面接対策をしてもらえますし、面談で直接相談もできますので利用しない手はありません。

また、営業担当も優秀な人材が多いため、企業の内情なども詳しくリサーチして登録者にわかりやすく伝えることができます。

リクルートエージェントを利用する際の注意点

業界最大手のリクルートエージェントですが、登録に当たってはいくつか注意するポイントがあります。

①担当者によってサービスレベルが異なる

やはり大勢の社員を抱えている企業であるため、サポートの質が均一化されておらず、担当者によって当たりはずれがあるようです。

②多くの案件を抱えているので見切りが速い

転職市場で人気のない人材(いわゆるロースペック人材)に対しては比較的冷たいという評判が目立ちます。

大手であるがゆえにコンサルタントひとり当たりの担当件数も多く、転職は厳しいと判断した人材に対しては対応が後回しになったり、早々に見切りをつけられたりするようです。

③しつこい

担当者に対する目標設定を厳しく行っているため、登録者に対して多少しつこく転職情報をメールや電話連絡でアプローチしてくるケースもあります。

利用者からはこのような声が上がっています。これらの点に注意しリクルートエージェントを利用するとよいでしょう。

リクルートエージェントの利用をおすすめするのはこんな人

さて、ここまでの評価を総合し、リクルートエージェントを利用すればよいのはどのような人なのか考えてみましょう。リクルートエージェントを利用すればメリットのあるのは以下のような人です。

①忙しくて複数のエージェントに登録する時間が無い人

とりあえず1社に登録しておく場合には、リクルートエージェントに登録することを最優先で考えましょう。

②ハイスペック人材

国家資格保持者、TOEICハイスコア、マネジメント経験者などのハイスペック人材の場合、リクルートエージェントに登録すれば比較的多くの案件の中から自分の希望の転職先を選ぶことができます。

また、その候補となる企業も大手企業が中心となるでしょう。

③こだわりを持った企業選びをしたい方

紹介案件の絶対数が多いため、ニッチな業界でも紹介できるだけの案件数を保有しているのがリクルートエージェントの特徴です。

こだわりを持った転職活動を行っている方にとっては、他エージェントではなかなか見つからない案件も、リクルートエージェントであれば簡単に見つかる可能性が高いと言えます。

まとめ

転職エージェントの大手、リクルートエージェントは、転職エージェント最大手だけあって豊富な案件数とクオリティの高い担当コンサルタントの存在が特徴的です。

また、全国各地に拠点があるのも登録希望者にとってはメリットのひとつ。

なにはともあれ、転職支援を受けたいと思ったら、まずはリクルートエージェントに登録してみてはいかがでしょうか。