ビズリーチはどんな転職サイト?有料会員と無料会員の違いや評判を紹介

転職サイトのビズリーチはどんな特徴があるのでしょうか。中身や評判を紹介しながら有料プランと無料プランの違いにも着目してみたいと思います。

ビズリーチはどんなサイト?

ビズリーチの特徴はエグゼクティブ向けの転職サービスであることが挙げられます。

エグゼクティブとは管理職クラスを指し、そうした企業内で上流の役職に就くことを前提にした転職ができるように工夫されており、より確実に転職を成功させたい人向けの有料プランなども用意されています。

求人案件を紹介してもらうのではなく、直接企業と繋がる転職サイト

ビズリーチでは通常の転職サイトのエージェントが行うような案件紹介はしていません。案件紹介を飛び越えて、ヘッドハンターや企業と直接繋がることで、本当にあなたを求めている仕事に出会うことができます。

ビズリーチが扱う案件は収入アップに繋がる高額案件や求人ばかり

ビズリーチの案件を見ると、高額案件が多数表示されています。エグゼクティブ向けの転職となれば、それ相応の待遇や収入が用意されています。

優良企業が多数エントリーしているので、収入アップ・キャリアアップを目的とした転職者向けのサイトと言ってもいいのではないでしょうか。

有料プランにするとより多くの企業と出会える

他の転職サイトと違い、有料プランが用意されています。無料だと一部のスカウトメールの閲覧とピックアップ求人への応募だけですが、有料会員(プレミアムステージ)になると、すべての非公開求人の情報閲覧と全スカウトメールの内容確認ができます。

また、プレミアムステージでもタレント会員とハイクラス会員と分かれており、現在の年収や経験からビズリーチがどちらになるか判定します。ハイクラス会員になると、より条件のよい案件の検索や紹介を受けることができます。

ビズリーチを使うメリット

ビズリーチを使うメリットは3つあります。

まずは案件の年収が高いため、収入に不満のある人も満足できる内容であること。さらに企業やヘッドハンターとの直接やり取りをすることでスムーズな転職活動を実現しており、転職先が決まればお祝い金も用意されています。

年収アップをしたい人にはぴったりな案件ばかり

求人を見ると年収の高い案件ばかりが並んでいますので、収入に不満のある人にとってはぴったりな転職サイトではないでしょうか。

年収800万円~1000万円などの案件も多数掲載されているので、月収40万円以上も夢ではありません。お金は生きる上で必要不可欠ですし、何よりも仕事への意欲ややる気をアップさせる条件のひとつ。

今の収入に満足していない、毎月ギリギリの生活をしているなどの悩みを解決できる転職ができるかもしれません。

企業と直接のやりとりでスピーディーな転職を実現

案件紹介ではなく、直接企業とやり取りをするのでスピーディーな転職活動ができます。間に担当者など第三者が入るとそれだけで連絡やレスポンスが遅くなってしまう原因になります。

ビズリーチのように企業やヘッドハンターとの直接やり取りができるサービスは、積極的に行動できる人に向いています。

こうした転職支援により、面接の日程や内定してからの入社日などをスムーズに決めることができます。転職成功への後押しをしてくれるだけでなく、求人サイトの煩わしいやり取りをしてくれるのは嬉しいポイントですね。

転職が決まるとお祝い金も貰える

ビズリーチで転職を決めて、アンケートに答えるとAmazonギフト券5,000円分が貰えます。多くはない金額ですが、年収アップに繋がる転職もできて、お小遣いも貰えるのは一石二鳥。

もし、転職できた時には忘れずアンケートを記入しておきましょう。

ビズリーチのデメリットや注意事項

高単価や収入アップといったメリットを持つビズリーチですが、4つのデメリットがあります。

無料会員では求人案件への応募がほとんどできない点が、他の求人サイトと比べて使いにくい部分として挙げられます。

そのほか、スカウトメールの質が良くないことや有料サービスのメリットがいまいち不明な点、そしてそもそもキャリアやスキルがなければ希望の転職先に結びつかない案件ばかりです。それぞれのデメリットについて解説します。

無料会員では求人案件への応募がほとんどできない

無料会員でできることは、ごく一部の案件閲覧と一部のスカウトメールを見ることです。自分から検索してアプローチしたいときや届いたスカウトメールをすべて確認するには有料会員登録しなければなりません。

料金も30日でタレント会員は2,980円、ハイクラス会員は4,980円と決して安くはない価格設定。

しかも、このタレント会員とハイクラス会員の違いは現在の職歴や年収に応じてビズリーチ側で設定されるので、「今稼いでいるならハイクラス会員にして多くのお金を払ってもらおう」という考えも見え隠れします。

ここまでコストをかけるほどの価値があるかは、スカウトや求人案件の内容次第。当然、転職活動が長引けば長引くほど、これらのコストがかかり続けるので、内定を早期に決めたいと焦る気持ちも出てきます。

焦って決めた転職が良いものになるとは考えにくいですので、月額を払う余裕のある人以外は他の転職サイトでしっかり腰を据えて転職活動をするほうがよいでしょう。

例えばリクルートエージェントであればあなたのキャリアや希望年収に合った案件を無料で紹介してもらえますし、転職活動のアドバイスも受けることもできます。

スカウトメールの内容がイマイチなことも

企業やヘッドハンターと直接連絡を取るチャンスのスカウトメールの内容が良くないことがしばしばあります。

実際にあなたの実績を評価したスカウトメールなら良いのですが、経験してきた内容とは関係無い人材確保のための営業職や、人材派遣会社から「紹介できる案件があるから連絡して欲しい」といった登録を促すものもあります。

特に無料会員の状態だと閲覧できる情報は「プラチナスカウト」と呼ばれるメールに限られており、その中のメールのほとんどがこういったものばかり。

スカウト機能やヘッドハンティングがあるというのも名ばかりで、結局人材派遣会社の営業であることが多い印象です。

正直無料で優良な案件と巡り合うのはかなり難しいと考えたほうが良さそうです。

有料にしたからといってそれだけで良い転職ができるとは限らない

有料にするとスカウトメールなどの機能がすべて使えるようになりますが、プラン変更しないとどのようなメールが来ているかはわかりません。

スカウトメールがたくさん来ているからと期待して有料プランにしても、結局転職したい案件とはかけ離れた内容である可能性があります。

求人案件も検索と応募ができますが、他の転職サイトを圧倒するような掲載数でもなく、想定年収が高いことだけが特徴と言っても過言ではありません。

十分なキャリアがなければそもそも利用する意味がない

ビズリーチで転職を成功させるには相応のキャリアや実績がなければ通用しません。エグゼクティブ向けの案件ということで、今まである程度の役職や経験を積んできていないと応募しても面接まで進めず、スカウトメールの頻度も芳しくないことになります。

極端な話、今あなたが年収400万円だったとして、1000万円クラスの一流企業や大手企業に応募して採用される自信があれば有料会員になって利用する価値があるかもしれませんが、そんなうまい転職ができる人はごく一部でしょう。

あくまでも30代後半で役職に就いている人が「もっと自分の年収が上がる企業はないだろうか」と考えている人を想定していますので、20代で経験の浅い人が登録してもあまり意味が無いかもしれません。

まとめ

ビズリーチは高額案件の紹介に特化していますが無料ではほとんど使えず、かといって有料会員になるかどうかは疑問が残ります。

自分の周りでもビズリーチに有料会員登録している人はいますが、転職に成功したとは聞いたことがありません。ビズリーチ側としては、有料会員のまま転職活動を続けて貰えるほうが会社の収益になります。

転職できた会員数などが表立って書いてないので、もしかするとほんの一握りの人しか転職できていないのかもしれません。やはり有料ということでいろんな不安や疑問が出てきますので、無料の転職サイトでコストを気にせず自分のペースで活動するほうがよいでしょう。