WORQLIP

元転職エージェントのここだけの話

とにかく楽な仕事に転職したい!そんなあなたにおすすめの仕事の探し方を紹介

「転職するなら、楽な仕事に就いてプライベートを満喫したい!」こんな風に考える方もきっと多いかと思います。今回は、そんな人におすすめの仕事やその特徴を紹介していきます。

楽な仕事とはどんな仕事なのか

一般的にイメージされる楽な仕事とは、具体的にどんな仕事でしょうか。

・公務員のように残業が少ない仕事
・ビルの清掃員やトラックの運転手といった業務内容が簡単な仕事
・事務員や監視員などのような肉体的な負担が少ない仕事

・・・などいろいろあると思いますが、求人条件のどこを見ればいいのか考えてみましょう。

月の平均残業時間を見てみよう

楽な仕事を探す理由の一つとして「現在の仕事は残業が多く、プライベートな時間がない」というケースがあります。

その場合は、まず求人内容にある「平均残業時間」に注目してください。実際働いてみるとサービス残業があったりして求人内容とは異なる部分はあるでしょうが、目安にはなります。

仕事内容に特殊なスキルや資格を必要としないもの

仕事をするうえで特殊なスキルやソフトを使用する場合、まず、それを習得することから始まるため、楽な仕事には該当しにくいです。

経験のないことは誰でも最初は躓きます。そうなるとスキルを習得する過程で挫折する可能性があるので、「楽な仕事」にこだわる人は今の自分の経験を活かせる、もしくは単純作業でスキルを必要としない職業を選んだ方が良いでしょう。

体力に自信があるなら肉体労働もあり

立ち仕事やスポーツ経験者で、体力に自身がある人は肉体労働も「楽な仕事」に入ります。

肉体労働というと厳しいイメージばかり先行しがちですが、労働基準法といった法律で労働時間や体調などに関する管理規定がきちんと設定されていることが多く、慣れればストレスが少ない仕事だといえます。

勤務するスタッフが多いと安心

大手企業のように職場に勤務するスタッフが多いと労働組合が機能しており、スタッフが体調を崩すほどの過酷な労働環境ではないことが多いでしょう。労働基準法はあくまでも国が定めたもので、すべての仕事に対して適切かといえばそうではありません。

職場に応じた適切な規定を会社と話し合う組織である「労働組合」があることで、仕事内容に合った基準が決められています。

楽な仕事になるような規定ではありませんが、少なくともブラック企業のような過酷な労働環境ではないため、現在ブラック企業に勤めていて辛いと感じている人にはおすすめです。

また、人気のある職場なら転職・就職希望者も多いので、妊娠・出産で辞める可能性のある女性も安心して働けます。

安定の正社員がおすすめ

正社員で働ければ安定もできます。楽な仕事とは誰でもできる仕事の場合が多いので、派遣やパート・アルバイトでの勤務だと必要なくなったとたんに解雇される不安が残ります。

しかし、正社員であればある程度守られた存在であり、長期的に働くことができます。安定収入にも繋がるでしょう。

実際にどんな業種や職種があるのか

「楽な仕事」には、具体的にどんなものがあるのでしょうか。ここでは例として5つの仕事を紹介します。

残業が少なくノルマもない公務員

公務員といえば窓口が決まった時間に閉まるため、残業が少ないうえ、営業やノルマもありません。

また、給与待遇も一般的な企業に勤めるより良く、ボーナスも支給されています。公務員試験などがあり、倍率も高いため転職するには狭き門ではありますが、採用の時期と転職活動を考えるタイミングが合っていれば、挑戦する価値はあります。

事務員などはデータ入力ができれば単純作業になる

一般的な事務処理だけを行なうような事務員の仕事は、パソコン操作ができれば楽な仕事といえます。ExcelやWordといった基本的なパソコン技能は一般的な会社でも使用することが多いので、使える方は多いでしょう。ただし、入力速度は求められます。

倉庫や会社の守衛などの警備員

警備員の仕事は求人も多く、狙い目の仕事です。正社員として転職するには資格があると有利ですが、派遣であればさまざまな場所で働けます。

倉庫や会社といった場所で守衛として働く以外にも、イベント会場や駐車場の交通整理などの業務もあります。ただし、危険も伴うデメリットもあるため注意が必要です。

クリーニング配送やガスの配達

配送や運搬をルートに沿って行なう業務は、運転が苦痛でない人にとっては楽な仕事といえるでしょう。個人で運転をすることが多いため、コミュニケーションを取るのが苦手な方でも人間関係のストレスにさらされることなく業務をこなしていけます。

必要な資格も、運転免許だけのことが多いので、誰でも転職を目指せます。運転だけの業務もあれば、運搬の中には荷物の積み下ろしも含まれていることがあります。体力に自信があれば、より適性があるでしょう。

工場の現場で働くライン作業

自動車などの機械製品を制作する工場での組立てを行なうライン作業も慣れれば楽な仕事といえます。

資格も要求されず、立ち仕事の経験があればより有利です。難点としては工場勤務の朝が早いことやシフト制の場所だと夜勤で働くことになり、生活リズムが乱れがちになる点です。

楽な仕事を選ぶ際に気をつけたいこと

楽な仕事を探す際に気をつけたい4つのポイントを紹介します。

具体的には、正社員での転職が難しいことや将来的なキャリアプランが狭くなること、年収が低くなる可能性があること、志望動機を書く際には仕事の楽さ以外の動機を探す必要があることが挙げられます。

正社員での転職は厳しい

正社員で楽な仕事というのは、正直なところなかなか見つけにくいでしょう。というのも正社員となると否応なく仕事に責任が出てくることが多いからです。

そうなると精神的に辛くなってしまうこともあり、結局、楽な仕事とはいえなくなります。仕事に責任を持ったうえで勤務できるのであれば、正社員の方が待遇面や安定感があるので、おすすめです。

将来的なキャリアプランが狭くなる

楽な仕事はスキルが身につかず、キャリアを積むことも難しくなります。スキルやキャリアがないと、もしまた転職をしたいと考えてもアピールするポイントがなく、不利になります。

また、楽な仕事をしていた期間が長いと年齢も高くなり、より転職に厳しい状況に。高齢者に近づくほどより大変になります。

今の仕事が辛くて楽な仕事をしたいと思って転職しても、先行きに不安が残る人は多少技術を習得できる、難しい仕事を選択した方が良いでしょう。

年収が低くなる可能性がある

年収面でいえば、楽な仕事に就く際には妥協しないといけないこともあります。

しかし、警備員などのリスクが高い仕事の場合はそれに見合った給料が設定されているので、年収を重視するならば、今までの経験を活かした技術職や体を張った仕事を選ぶと良いでしょう。

志望動機を書く際には仕事の楽さ以外の動機を探す必要がある

楽な仕事に応募する際にもっとも悩むのが志望動機です。いざ応募しようと思ってもまったく興味のない仕事内容や業種だと、どうしても志望動機を考えにくく、内容も薄いものになりがちです。

今までの経験などから応募する理由につながれば良いのですが、まったく関係のない仕事や未経験の場合は、なかなか説得力のある志望動機が書けないことが多いでしょう。

履歴書や職務経歴書をしっかり書いていても、面接でボロが出てしまうこともあるので注意が必要です。。

まとめ

楽な仕事に就くためには年収面や待遇、将来のキャリアプラン、志望動機など考えなければならないことが多くあります。そうした問題点を解決するには転職エージェントに相談しましょう。

転職のプロとも言えるエージェントから採用担当者の目に留まるためのアドバイスを受けたり、労働条件の相談を相手企業としてもらうことで、より自分の条件に合った企業の内定を獲得しやすくなりますよ。 

楽な仕事で安定したい!Q&A

f:id:worqlip:20180919011545j:plain

「楽な仕事なんて無い」と世の中では言われていますよね?

楽な仕事をしたいと周りに言うと、高確率で「そんな仕事なんて無い」と言われてしまうでしょう。年配の方からはお説教されてしまうかもしれません。

楽な仕事なんて無いと断言する人は、恐らく「仕事をナメるな!」と言いたいのだと思います。楽を怠けると同じカテゴリにしてしまっているのです。

もしくは、「楽して稼いではいけない」という固定観念が影響しているのかもしれませんね。働くとは汗水垂らして、歯を食いしばって頑張ることだという考え方の持ち主です。

楽を追求して仕事を探すことは何も悪くありませんが、誤解されぬよう話す相手は選ぶことをおすすめします。

甘えた考え方なの?

あなたの人柄や考え方、伝え方によっては、甘えにしか聞こえない場合もあります。「楽な仕事がしたい」「休みがたくさんある仕事がしたい」と言うだけで、それ以上掘り下げて考えていないのであれば、確かに甘えているのかもしれません。

あなたが希望する働き方が世の中に通用するかどうかは、転職エージェントが教えてくれます。不安なら一度相談してみることをおすすめします。

精神的な楽な仕事の条件は何ですか?

人それぞれではありますが、一般論でお話すると精神的に楽な仕事とは次のような特徴があります。

人付き合いが少ない/納期がない/職場の雰囲気が柔らかい/やりがいがある/給料が高くて安定している/残業がない/ノルマがない/休みを取りやすい/正当な評価を得やすい/経営が安定している など

あなたが大切にしたいことは何なのか、そしてそれを守っていける働き方は何なのかを追及していくと、あなたにとっての”精神的に楽な仕事”が見えてくるでしょう。

メンタルが弱い人が働き続けることはできるものですか?

ちょっと怒られただけで立ち直れないくらい落ち込んだり、ミスをいつまでも引きずったり・・・。メンタルが弱い人はひとつの出来事に激しく振り回されてしまうので、働くどころか生きていくこと自体が大変だと思います。

ですが、メンタルが弱い人でも、やりたい仕事に就けますし、立派に自立して生活を送れます。強くなろうとすることも大切ですが、それよりも今の自分で活躍できる場所探しのほうが大切です。見るべきはメンタルの弱さではなく、あなたが持つ強みです。

【楽な仕事】と【楽しい仕事】、その違いって何ですか?

仮に残業が一切ないことを楽な仕事と呼ぶとします。定時に帰れたらやるべきこともやりたいことも出来るくらいの時間的な余裕があるでしょう。つまり、その瞬間、その日が過ごしやすくなるというのが楽な仕事の定義です。

では楽しい仕事の定義とは何でしょうか。楽しい仕事というのは、楽な仕事のように短時間・短期間のものではありません。長期間、もしくは生涯を通して楽しいと感じられるものです。やりがい、生きがいという言葉でも言い換えることができます。

生涯現役で働けるような備えが必要だと言われている時代ですから、【楽】と【楽しい】の両立を目指したいですよね。

【やりがい】の定義とは?

やりがいとは自分自身で感じるものですから、具体的にこれといったものは挙げられませんが、他者との関わりが少ない仕事や同じ作業を繰り返す仕事は、やりがいを得られにくいといえます。

ただひとつ言えるのは、やりがいを感じて働くというのは、ある程度の責任がある、つまり仕事を任される立場になる必要があります。それが楽な仕事といえるのか?は人それぞれの解釈になります。

責任を持ち、自分で考え、行動できるのなら、それはやりがいのある仕事といえるのではないでしょうか。

では【好きな仕事】と【楽な仕事】ならどっちを選ぶべき?

もちろん出来ることなら両方選んだほうが面白いですが、使い分けるのがベストではないでしょうか。たとえば女性の場合だと独身時代は好きな仕事に没頭し、結婚して子どもが出来たら家のこともこなすために楽な仕事を追及していくという感じです。

身体と心に無理ばかりさせるのではなく、ライフステージに合わせて働くことも模索していきましょう。

受付は楽な仕事ですか?

受付嬢というと、キレイなお姉さんがゆったり過ごしているように・・・見えなくもありません。ですが、受付嬢はお客様には気付かれないところで迅速に動いていますし、細やかな気配りだって欠かしません。企業によっては日本語以外の言語もマスターすることになります。

受付嬢は会社の顔ですから責任も重いですし、常に緊張感を持って仕事をこなしていく必要があります。イメージだけで楽な仕事だと分類するのは止めておいたほうがよいでしょう。

楽な仕事だけをして一生生きていくのは可能ですか?

楽な仕事だけで一生食べていくというのは、出来なくもありません。ただし、楽な仕事の定義はあなたの心境の変化や、ライフステージの変化、年齢、住まいなどでコロコロ変わっていくものです。楽な仕事を追及するのであれば、周りの環境や自分自身の変化に瞬時に対応しなくてはいけませんから、楽な仕事を追及するための過程では決して楽はできません。

月20万円以上で楽な仕事はありますか?

もちろんあります。今回紹介した職業の中からいえば、公務員や警備員、ライン作業などは月20万円以上の楽な仕事といえるでしょう。もしくは働き始めは10万円台だったとしても、勤務年数やスキルアップで月収20万超えを目指すという働き方もあります。

いずれにせよ、興味のある仕事の平均年収はリサーチしておきましょう。

高学歴の人ほど楽な仕事に就けるものですか?

高額歴だから楽な仕事に就けるといった繋がりは特にありませんが、高学歴の人は身体よりも頭を使う仕事に就く可能性は高いといえるでしょう。身体を使わないという意味では楽な仕事といえます。 

 

技術職と技能職、どちらが楽な仕事ですか?

それぞれの特徴を簡潔に説明すると、技術系の仕事は仕組み作り、技能系の仕事は技術職の人が作った仕組みの中で働くことになります。つまり、技能系よりも技術職のほうが専門知識や資格が必要とされることが多いので、楽な仕事とはいえないでしょう。

 

ルーチンワークは楽な仕事ですか?

ルーチンワークとは、同じ作業の繰り返しの中で働くことを指します。ルーチンワークが向いている人は、変化が苦手な人、仕事内容が単調でも苦にならない人、集中力のある人、正確に早く作業できる人などが挙げられます。

 

ゴミ収集の作業員は楽な仕事ですか?

ゴミ収集の仕事は公務員と言われていたり、楽な仕事だとも言われています。ゴミ収集の作業員はバイトや派遣もいますが、正社員として入社できたのなら、公務員として扱われます。日曜祝日は休みで残業なし、一日の作業が早く終了したらあとは自由時間です。また、ゴミをパッカー車に積んでいくことが主なのでシンプルな仕事内容です。そういう点に魅力を感じるのであれば楽な仕事といえるでしょう。

ただし、体力に自信がないと務まりませんし、出勤時間は早いです。何よりゴミを扱う仕事ですから、不衛生な環境の中での労働になります。その辺もよく考える必要がありますね。

 

中高年にとって楽な仕事はどんなものがありますか?

中高年の方が転職をする際、待遇面はもちろん気になりますが、それよりも仕事内容を重視したいですよね。体力的な限界を感じることが増えてくる年齢に差しかかっていますから、楽な仕事でないと続けられません。中高年にとって楽な仕事とは、次の条件が大切になります。

・定時で帰宅できる、残業が少ない
・座っての仕事が主
・専門的な知識や資格を詰め込む必要がない
・仕事内容がシンプル、ルーチンワーク
・室内で働ける
・ノルマが少ない
・これまでに積み重ねたスキルを活かせる

 

在宅ワークのライターは楽な仕事ですか?

ライターの仕事といえば、主婦が在宅ワークとして働けるということで、話題になったこともあります。在宅ワークをするならデータ入力など誰でもできる仕事より、ライターとしてのスキルを積んだほうが将来性はあります。

ただし、経験者ならともかく、在宅ワーカーに依頼されるライターの仕事というのは、とにかく単価が低いです。それで生活しようと思ったら、それこそ短期間で何万文字も書かなくてはいけませんから、タイピングのしすぎで腱鞘炎になったり、10時間以上みっちり働いても5,000円にもならない仕事も多かったりと苦労もあります。

自宅で働ける気楽さはありますが、楽な仕事には分類すると後悔することになってしあみます。

 

楽な仕事を基準に転職すると後悔しますか?

楽な仕事を基準に転職活動すること自体は問題ではありませんし、それが後悔に直結することもありません。ただし、楽な仕事をしたいという気持ちだけで転職するのは後悔がつきまとう可能性はあります。

現職がきつい労働環境の人は得に、次は楽な仕事を・・・と思うでしょうが、楽であることに喜びを感じるのは最初だけ。結局は仕事内容や待遇面に納得できるものでないと、結局はそう遠くない内に再び転職活動をすることになりかねません。

後悔しないためにも、あなたが仕事に求めることをもう一度じっくり考えてみましょう。

 

夜勤は楽な仕事ですか?

夜勤がどこものんびりしているわけではありませんが、昼間よりもゆったりと働けるイメージはあります。お給料がいい、通勤ラッシュに巻き込まれないなどメリット面が多く、楽な仕事をしたいなら夜勤は選択肢として入れておいてください。ただし、夜勤メインで働くならデメリットもあるので把握しておきましょう。

夜勤のデメリットは、昼夜逆転による体調不良が心配されること、もしもトラブルが起こった時に頼れる人が少ないといったことが挙げられます。また、家族や友達と過ごす時間が減ってしまうのも、ジワジワときつくなってきます。