読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トラック運転手の仕事内容と給与は?激務かつ薄給のイメージは古い?

トラック運転手

トラック運転手といえば、夜中に高速道路を運転し長距離の荷物を運ぶ大型ドライバーを思い浮かべる方も多いでしょう。

しかし、トラック運転手の仕事はこのような長距離ドライバーだけではありません。

現在、多くの運送会社や倉庫会社が新卒及び中途採用でトラック運転手の募集を行っています。こういった募集の多くは長距離運転手ではなく中・近距離や特定エリアでの業務を行うことがほとんどです。そこで今回はトラック運転手の仕事内容や給与、そして将来性についてご説明いたします。

トラック運転手として働くには

運送会社

トラック運転手になるのは、運送会社や倉庫会社に運転手として採用される必要があります。

ベテランになると個人で請け負ったり独立して運送会社を立ち上げたりする人もいますが、いずれにせよ長年運転手としてキャリアを構築した後の話であるため、いきなり独立することはまず不可能でしょう。

ハローワークや各種求人サイトでもトラック運転手の募集を多く見かけますが、募集されている職種は大きく3種類に分かれます。

① 長距離大型ドライバー(例:東京~札幌・大阪~福岡などの定期便)
② 中・近距離ドライバー(例:関東県内の倉庫間配送など)
③ 特定エリアの配送(例:宅配サービススタッフなど)

このうち、①についてはドライバー経験と大型免許が必要です。なるのは簡単ではありません。従って、一般募集されているトラック運転手の多くは②か③になります。

現在の免許制度では、普通自動車免許で運転可能なトラックは2トン車まで(ただし、2007年6月以前に免許を取得した人は4トン車まで)となっています。中型や大型を持っていない場合、入社後に免許を取得する必要があるケースもありますのでご注意ください。

トラック運転手が不足している理由

トラックの模型

トラック業界は常にドライバー不足であると言われています。主な理由は2つ。ひとつは過酷な労働条件である(あるいは激務というイメージがある)ということ、そしてもう一つはキャリアアップが望めないということです。

実際、トラック業界はブラックと呼ばれる企業も多く、会社によっては長時間労働+サービス残業が当たり前だったりします。なぜこのような激務と呼ばれる状態になっているのでしょうか。その理由を見てみましょう。

ネット通販の発達による即日配送

トラック運転手が激務である最も大きな理由がこの「即日配送」制度の浸透です。

Amazonやヨドバシドットコムといった大手通販が実施している即日配送システムは、消費者にとっては便利ですが配送に従事する側にとっては大きな負担です。また、時間帯指定配送サービスも、結果的にトラック運転手の配送ルートを縛ってしまうことにつながり効率的な配送が阻害されています。

トラック運転手にとって、配送日=納期です。納期に間に合わなければペナルティが発生します。こういった配送に関するさまざまな縛りがトラック運転手の激務を生み出しているのです。

個人間取引の増加

一方で、ネットオークションなどによる個人間取引の増加もトラック運転手の業務増加に拍車をかけています。

企業間取引であれば大口配送が基本なのですが、個人間の場合は小口配送であるため増えれば増えるほどきめ細かな配送ルートの確保が必須となります。個人間取引の増大はそれだけトラック運転手の労働時間を増加させている一因となっているのです。

トラック運転手の高齢化が止まらない

トラックを運転する高齢者

全日本トラック協会が公表しているデータによると、トラックドライバーの平均年齢は43.1歳、勤続年数は12年です。平均年齢の割に勤続年数が短めですね。これには若手の労働力の確保が思うように進まない業界の事情と、激務により体を壊して業界を辞めてしまう人材の多さが理由として挙げられます。

実は大型超距離ドライバーにまでなると、一部の会社を除き比較的余裕のある勤務体系で働くことができます。

給与や手当も他の運転手より恵まれているため長期間勤務することが可能なのですが、若い世代で家族を持っている場合、なかなか家族と会うことができないというデメリットがあります。

そのため、長距離大型ドライバーは年配者が希望することが多く、若手は近距離運転手やセールスドライバーを選択することになります。

このようにしてトラック運転手の高齢化が進み、ますます激務となり、結果的に人材が定着しないという悪循環に陥っているのが現在のトラック業界の実情と言えるでしょう。

トラック運転手の年収が下がってきている理由とは?

給与

一方で、トラック運転手の年収は近年下がりつつあるというデータもあります。統計によると、トラック運転手全体の職種平均年収は393万円程度(賃金構造基本統計調査調べ)です。サラリーマンの平均年収が414万円(国税庁調べ)であるため、これより若干低いというレベルです。

実は1997年のトラック運転手の平均年収は480万前後です。この時期よりも100万円近く下がっている理由は何でしょうか?

トラック会社の経営が燃料費により圧迫されている

トラック運転手の給与が下がっている理由の一つに、燃料費の高騰により運送業を行う会社の経営が圧迫されているという理由があります。

実際、2000年のガソリン価格がリッター95円だったのに対し、2016年では120円と上昇しています。配送料に転嫁できればよいのですが、実際はその逆で小口配送の増加により1個当たりの平均配送料は減少しているのです。

これらの要因により、配送会社の収益が圧迫され結果としてトラック運転手の給与が下がっているという現状があります。

多額のシステム投資を強いられている

同時に、運送業界は効率的な配送システムや貨物追跡システムを導入しなければならない時代です。こういったシステム投資に多額の投資を強いられるため、これもまた経営を圧迫している要因の一つになっています。

消費者にとって今やなくてはならない貨物追跡システムですが、運送会社やトラック運転手にとっては必ずしもメリットになっているわけではないのです。

増えつつある女性のトラック運転手

女性トラックドライバー

運送業界及びトラック運転手にとって逆風ばかりが顕在化していますが、何もただ手をこまねいて嵐が通り過ぎるのを待っているわけではありません。次々と働き方の改革に乗り出し、近距離配送やセールスドライバーについては女性社員やパートタイム労働者の活用を始めています。

国土交通省は、女性トラック運転手の愛称を「トラガール」と定め、2020年までにトラガールを4万人増加させることを目標に掲げています。

具体的には、これまで男性中心であったトラック運転手の職場環境を改善し女性を受け入れる企業に対し各種助成制度を適用するといった方策がとられており、実際に適用された事業所もあります。

そのひとつ、ヤマト運輸では、具体的な取り組みとして大規模集配所に女性用浴室と仮眠室を設け、安全・安心して女性でも働ける環境を新たに作り出しています。

このような取り組みを行う企業が今後も増加する見込みであり、女性ドライバーにとって働きやすい環境の実現に各社力を入れ人員不足を解消する動きにつながっているのです。

トラック運転手の将来性について

トラック模型

トラック運転手の将来性についてですが、サラリーマンと異なりトラック運転手はプロフェッショナル職であるため出世という概念では図ることができません。常に第一線で働くことが求められ、その分体力勝負であると言えます。

では、トラック運転手の将来性はどこに見出すのでしょうか。それはタクシー運転手にとっての個人タクシーと同様、トラック運転手としての独立開業です。

特に大型免許を保有し一定のキャリアがあれば、荷主となる企業からの依頼は多く引く手あまたとなるでしょう。企業に属して働くよりも高収入を得ることも可能です。新たに運送会社を立ち上げる人も多く、健康でさえあればスキルやキャリアを生かして稼ぐことが可能な業界なのです。

ただし、まずは企業に属しトラック運転手として実績を積むこと、そのためには勤務する会社を吟味しブラック的な企業を避けて長く勤務することから始めましょう。

まとめ

道路を走るトラック

トラック運転手として実績を積むことは、最初に勤務する会社選びの段階から注意を払う必要があります。その際に頼りになるのが転職エージェントサービスの存在。転職エージェントを使うと、ホワイト企業の探しやすさがグッと上がります。

また、転職エージェントサービスを使うと会社選びだけでなく面接対策や給与交渉なども行ってくれるため、転職に対するハードルがぐっと下がります。

中でも、転職エージェントサービスのDODAでは、多くのトラック運転手案件を扱っています。業界に詳しいコンサルタントも在籍しているため、興味のある方は是非一度具体的に検討してみてはいかがでしょうか。