起業家予備軍に大人気のリクルートグループへ転職するには?

大学生を対象とした就職人気企業ランキングでも常に上位に顔を出すリクルートグループ。

ほかにも「女性が活躍できそうな企業ランキング」や「社員が生き生きと働いているイメージがある企業ランキング」などでも常に上位にランクインし、学生の就職先としても社会人の転職先としても大人気です。

平均年収が926万円(有価証券報告書調べ)ですから、給与面でも期待大です。

また、リクルートを退職した後にベンチャー企業を立ち上げたり大手企業の役員に就任したりする人も多く、「能力の高い人材輩出企業」としての側面も持っています。

では、そんなリクルートグループへ転職したいと考えた場合、どのような転職活動をすれば良いでしょうか?

さまざまな雑誌メディアを立ち上げたリクルートの歴史

なぜリクルートがこれほどまでに人気企業になったのか。その理由を探るべく、まずリクルートの歴史を簡単に見ていきましょう。

もともとは創業者である江副浩正が東大在学中に「大学新聞広告社」を設立したのが同社の始まりです。今でいう「学生ベンチャー」ですね。

企業の採用広告だけを本にした「企業への招待」を創刊し、学生に配布しはじめたのが今のビジネスモデルの原型となっています。

その後、住宅情報誌や転職情報誌などを次々に創刊。1980年代から90年代にかけて「B-ing」「とらば~ゆ」「フロムエー」「カーセンサー」など“情報を集めてその情報を欲している人に届ける”スタイルで一世を風靡しました。

また、「ガテン」や「ゼクシィ」といった雑誌名が流行語になったのもこの時代です。

2000年代に入ってからは、それまでの紙媒体からネット展開への移行を加速させ、「SUUMO」「HOT PEPPER」などのヒットメディアを生み出していきます。

また、「就職氷河期」や「フリーター」など、同社が生み出した言葉が社会現象になるなど、影響力の高さも突出しており、時代の流れに敏感に反応しトレンドを生み出していく同社の姿勢に惹かれる若者も多いといわれています。

現在のリクルートは持ち株会社制度を採用

現在、リクルートは持ち株会社制を採用しており、株式会社リクルートホールディングスの傘下に国内外のグループ企業100社以上を擁する一大企業グループとなっています。

現在の体制になったのは2012年であり、グループ再編前は人材情報サービスを展開している(旧)株式会社リクルートと各事業を行う子会社が存在していました。

現在のリクルートグループの構成企業とその事業内容を簡単に挙げてみましょう。

□株式会社リクルートホールディングス

グループ全体の経営方針立案や経営管理

□株式会社リクルートキャリア

社員募集領域における人材採用広告事業/斡旋事業/選考支援事業。新卒募集メディア「リクナビ」や転職メディア「リクナビNEXT」などがメイン事業です。また、リクルートエージェントもこの企業の事業のひとつです。

□株式会社リクルートジョブズ

アルバイト、パート、派遣から正社員まで、多種多様な雇用領域における人材採用に関する総合サービス。「タウンワーク」や「はたらいく」などのメディアを発行しています。

□株式会社スタッフサービス・ホールディングス

人材派遣や紹介予定派遣などを事業としている会社です。2007年に買収した子会社です。

□株式会社リクルートスタッフィング

こちらも人材派遣や紹介予定派遣を行っている企業です。

□株式会社リクルートキャリアコンサルティング

再就職支援事業とキャリア自律支援事業を手がけている会社です。セカンドキャリア創出に多くの実績があります。

□株式会社リクルートマーケティングパートナーズ

婚活・結婚・出産育児情報、自動車関連情報、まなびコンテンツ、高校生の進学情報サービスなどを展開。人材ビジネス以外のリクルートが手がけてきた事業を行う会社です。「カーセンサー」「ゼクシィ」などのメディアを担当します。

□株式会社リクルートライフスタイル

主な事業内容旅行領域、飲食領域、美容領域などに関する情報発信を手掛けている会社です。「HOT PEPPER」や「じゃらん」などのメディアを担当します。

ここに挙げた以外にも多くの子会社(メディア)がリクルートグループには存在します。採用活動も各企業で個別に実施されることが多く、グループ一括採用は行っていません。

各方面で活躍するリクルートOB

リクルートグループのもう一つの大きな特徴として、優秀な人材を多く輩出していることが挙げられます。

これは同社の社員教育や人材に対する考え方が非常に革新的であり、既存の概念にとらわれない斬新な発想が求められる場面において同社のOBが多く活躍していることにもつながります。

リクルートグループでは、伝統的に全社員が起業家マインドを持って仕事を行うことが、当たり前の価値観として根づいており、社員を対象とした新事業コンペなどで入賞した社員を実際に支援して独立させるなどの取り組みを行っています。

一方、転職市場ではリクルートを退職した社員を「元リク」と呼び、優秀な人材として多くの有名企業が注目しています。

元リクの有名人といえば、トレンダーズ株式会社の創業者である経沢香保子氏や株式会社U-NEXT代表の宇野康秀氏、東京都初の民間人校長として和田中学校の校長を務めた藤原和博氏、Jリーグチェアマンの村井満氏などそうそうたるメンバーが並んでいます。

この方たち以外にも、これまでの経験を活かしてベンチャー企業を立ち上げたり、大企業の役員に就任したりする元リクの数は非常に多く、マネジメント能力と独立志向の強い人材であることが伺えます。

リクルートに転職するために必要な素養

では、業界でも総合評価が高いリクルートグループに転職するために必要な素養とはどういうものでしょうか。

優秀な元リクに共通していえるのは、皆在籍中に「優秀な営業マン」であったということ。つまり、営業力や提案力・企画力において組織の中でも頭一つ抜きんでていたのです。

したがって、リクルートに転職するためにはかなり高い営業力や提案力を持っていなければなりません。その営業力も、営業対象となるのが企業のトップや役員クラスを相手にした場合のスキルです。個人相手の営業力とは異なるスキルが求められますね。

また、仕事に対して熱い人間が集まっているのもリクルートグループの特徴です。「仕事人間」「仕事バカ」といわれるくらいでちょうどいいくらいです。

労働時間が長いというわけではなく、寝ている時以外は常に仕事のことを考えているくらいの人が向いているということです。

転職エージェントを活用しリクルートグループへの転職を成功させよう!

憧れのリクルートグループへの転職を成功させるなら、やはり転職エージェントの力を借りるのが近道です。

転職エージェントでは、数あるリクルートグループ企業が募集している求人情報をすべからく把握しており、応募者のこれまでのキャリアや志向に見合う企業をピックアップして紹介してくれます。

また、履歴書や職務経歴書など、書類選考通過のノウハウや人事担当者にアプローチするための面接対策などもキャリアコンサルタントが丁寧に指導していますので、これからリクルートグループへ転職を考えている方にとって強い味方となります。

こうしたサポートがない求人サイトを利用するよりもずっと効率的に転職活動ができるでしょう。

まとめ

転職エージェントの大手、リクルートエージェントでは、「リクルートグループへ転職して経営者としての能力を開発していきたい」であったり、「自分の営業スキルを発揮していずれは起業したい」であったりと、さまざまな理由でリクルートグループへの転職を検討している求職者をサポートし、実際に多くの人を入社に結び付けてきました。口コミでの評価も高いです。

また、リクルートエージェントは、非公開求人も数多く取り扱っており、面談を通して得たあなたのデータを元に、希望の条件に合う案件を紹介してくれる可能性もあります。

いずれ起業を考えている方にとっても有意義なリクルートグループへの転職は、リクルートエージェントがおすすめです。不安や分からないことを気軽に質問してみてください。