未経験にチャレンジするかキャリアを活かすかどちらがいい?27歳からの転職活動におけるポイント

27歳という年齢で転職を考えた時、未経験の業界へのチャレンジや、キャリア採用で年収アップを狙うことは可能だと思いますか?転職を成功させるにはどんなことをすべきかを考えていきましょう。

27歳から転職活動をする時の方向性

27歳からの転職活動には大きく分けて2つの方向性があります。

1つは未経験の業界へ挑戦すること、もう1つはキャリアを活かした経験者採用でワンランク上の仕事を狙うこと。れぞれの特徴を考えてみましょう。

心機一転、未経験の採用で一から頑張る

業界によっては27歳という年齢はまだまだ若手ですので、そうした業界であれば未経験でも挑戦できます。今の仕事が根本的に合わない、向いていないと感じた場合には、他の職種へ転職したいと考えるのではないでしょうか。

「石の上にも三年」ということわざのように、頑張って3年頑張ってみた結果、続けられない仕事と思ったのなら転職したほうがよいケースもあります。27歳でOJTや研修といったサポートがあれば、まだまだ活躍できる仕事はあります。最近では異業種への転職も珍しいことではなくなっていますので、そうした人向けの研修制度を整えている企業も多く、チャンスは広がっているのです。

今までの経験を活かした経験者採用を狙う

27歳であれば社会人としての経験や、実務経験もあるので、同業種への転職はやはり狙い目です。転職理由を明確にしておいたり、自分の能力やキャリアをアピールできるようしっかりまとめておいたり、資格取得などで見える化できれば、採用担当者に興味を持ってもらえる可能性は十分にあります。

もちろん30歳以上の人が応募するような求人案件では苦戦する可能性はありますが、「経験とキャリア」と「成長の伸び代や対応力」の2つが両立できているのは27歳あたりと言えますので、そうした部分を自己PRできれば、ワンランク上の仕事に転職できる可能性は高まります。

27歳から転職活動をするメリット

27歳から転職活動をすべきメリットは3つあります。

将来設計を見つめ直すタイミングとして最適なこと、転職で今よりも年収アップなどに繋がるチャンスがあること、そして、思い切って新しい仕事にチャレンジできる最後の時期であることです。

自分のキャリアプランを見直すいい機会

30歳を前に自分の過去を振り返り、未来をを見つめ直す良いタイミングとも言えます。

仕事に就いてから数年間は、今の仕事に慣れることや、目の前の仕事に追われるだけの期間だったかもしれません。しかし、20代後半から30代にかけては「キャリアプラン」や「人生の目標」を見据えて仕事をしていく時期になっていきます。

ちなみに、人生の大きな変化といえば、アラサー世代は結婚を意識する人は多いでしょう。

結婚を控えている場合、男性であれば家族を養えるようにもっと収入を増やしたいと考えるようになりますし、女性なら家庭との両立ができる職場に移ることを考える時期に差し掛かると思います。家族が増えるとなると、生活を重視した働き方を考えないわけにはいきませんから。

社会人になったばかりのころに思い描いた自分の将来像と、今を見比べると色々違いがあるはず。ここで一度、これからの仕事について考えてみましょう。この調子でいけば将来に繋がるという結論が出た場合は良いのですが、会社の先行き不安や将来性の無さ、業界自体への不満などがある場合は転職をして、目指すべき将来へ再出発してみる必要があるのかもしれません。

今までの経験によっては年収アップも可能

自分の経歴やキャリアをしっかり見つめ直して転職活動を行うことで待遇や年収アップに繋がる可能性も十分にあります。

そのためには、在職中に行なった改善提案、業績、習得したスキルや資格など職務経歴書や自己PR欄で応募先企業に伝えることが不可欠。これらを一人で棚卸しするのが難しい人は転職エージェントに相談することでアドバイスを受けることが可能です。

転職エージェントではあなたが登録した履歴書や職務経歴書を元に面談を行ない、自身の強みやアピールポイントを気づかせてくれます。さらに、転職エージェントに年収アップへ繋がる転職を希望することで、あなたのアピールポイントを活かして企業の案件紹介もしてもらえます。転職最大手のリクルートエージェントではこうした案件の紹介や自己分析相談などを無料で行なっていますので、利用してみてはいかがでしょうか。

30歳という区切りの前に他の業種へ挑戦も可能

一般に30歳を超えると未経験の分野での転職が難しくなりますので、新しい世界へ飛び込みたいならラストチャンスとも言えます。

27歳という年齢は「なんとなく会社員を続けてきたけど自分のやりたかったことはこれなのだろうか。」「この仕事を一生続けられるのだろうか。」「もっと専門性を磨きたい」こうした悩みを抱えるのが多い時期でもあります。

そんな思いを引きずりながら仕事をしても、上手く行かないことや精神的に不安定になるばかりで決して良い状態とは言えません。だからこそ、思い切って自分のやりたいことに挑戦してみて欲しいのです。

転職サイトや転職エージェントに相談して案件を検索してみると、たとえば企画営業しかやったことないけど次は広報をやってみたいといった人でもチャレンジできる求人が多数見つかります。未経験だからといって諦めるのではなく、まずは情報収集を進めていきましょう。

もちろんいざ転職活動を始めようとなるとハードルは高いですが、見るだけなら今すぐでもできますよね。

いろんな案件や職種の転職情報を仕入れた結果、あまりにも収入が下がったり環境が変わってしまうことが分かれば「今の仕事を頑張るしかない」と踏ん切りもつくでしょう。逆にいろいろな要因を考慮してもぜひやってみたい仕事が見つかったのなら、応募してみようという勇気が湧いてくると思います。

27歳から転職活動をする際のデメリット

27歳で転職する際のデメリットも当然存在します。

たとえば、年齢の割に実績やキャリアが無い、浅いとみなされることがあります。時には厳しい言葉をかけられるかもしれません。また、一度転職に失敗してしまうと転職することがクセになり、結果的に仕事内容も待遇も悪化してしまうというリスクはあります。

しっかりと自己アピールできないと厳しい目で見られる

27歳は、社会人経験をある程度積んできている年齢ですから、これらをアピールできないと転職をするのは厳しいです。

特に経験者採用の面接では、履歴書や職務経歴書からはわからない、あなたが仕事を通じて経験してきたことや実績を重点的に質問されます。

その質問に対して十分なアピールができなければ内定をもらえないだけでなく、面接の場で明らか渋い表情をされてしまうかもしれません。
また、「たったそれだけのことしかやってきていないのか」という厳しい意見を浴びせられることも。その結果、自分への自信を失ってしまい、転職を諦めてしまう人もいます。こうしたことがないように、前項で紹介したように転職エージェントという第三者の立場であなたという人間を評価してもらい、アピールポイントを整理した上で内定を獲得できそうな求人案件へ応募していきましょう。

一度転職に失敗すると転職回数が増えてしまう

転職をしたものの、思っていたような企業ではなかった場合、すぐにまた転職を考えるといったことを繰り返す人がいます。

特に、転職が思いの外簡単にできてしまった人の場合、「こんな簡単にできるならもっといい企業にいけるのではないか」と考えてしまうのです。実績もキャリアも十分にある人が陥りやすい転職の落とし穴とも言えます。

これは転職における典型的な失敗例です。その他にも、転職先を探す際に妥協していたり、焦って転職活動をした結果、適当に応募してそのまま内定をもらった場合でも、自分に合わない転職を繰り返してしまうことは少なくありません。そして、またすぐに転職活動を始めて転職回数が増えていくのです。

転職回数が増えるほど一般に企業からの目は厳しくなり、内定をもらいにくくなりますので選択の幅がどんどん狭まっていきます。

こうした転職活動での企業とのミスマッチを避けるため、そしてブラック企業に捕まらないためにも、可能であれば転職エージェントに相談しましょう。中でも案件を多数抱え、エージェントの知識も豊富なリクルートエージェントがおすすめです。

まとめ

27歳という年齢は転職で新しい一歩を踏み出せるベストな年齢と言えます。

未経験の業界の場合は年齢的にラストチャンスになるかもしれませんが、まだまだ転職できる可能性が残されています。

キャリアアップのため経験者採用の求人に応募する場合は、在職中の実績や経験によりますが年収アップや高度な技術を扱う仕事に就くことができることもあります。

様々な道が選べる年齢ですので、今の職場や仕事に悩みがある人は一度転職エージェントに相談してみることをおすすめします。

転職エージェントは求人数が豊富なだけではなく、転職するためのノウハウや情報が詰まっています。サービス内容の一例を紹介すると…

非公開求人の紹介/応募書類のアドバイス/面接対策/企業への推薦文/企業からのスカウトメール など

転職活動中は様々な不安や葛藤があるでしょうから、こうしたサービスがあると、とても心強いのではないでしょうか。特に転職の専門家であるキャリアアドバイザー(カウンセラー)の存在は大きいです。

ちなみに、こうした転職サービスを利用したからといって、必ずしも転職しなければならないわけではありません。

相談した結果、今の業界で転職したいけれど自分の実力不足だと感じた場合は、経験を積んでから転職することを選べば良いですし、客観的にあなたの人材としての市場価値を知るだけでも、色々な気づきを得られるはず。

求人案件のチェックだけではなく、業界の動向や転職時期などの情報もどんどん仕入れていきましょう!