ビルメンテナンスとはどんな仕事?おすすめできる点と注意すべきポイントを紹介

ビル

ビルメンテナンスの求人は比較的多く見かけますが、どんな仕事なのでしょうか。

ネットでは「楽で安定している」という意見がありますが、実際のところはわからないですよね。今回はしっかりとおすすめな部分と注意点を検証してみました。

ビルメンテナンスが就職先としておすすめな点

ビルメンテナンス

まずはビルメンテナンスの仕事をおすすめできるポイントを紹介。仕事内容も記載していますので、ビルメンテナンス業界のメリットを知って、転職する際の候補に入れてみてはいかがでしょうか。

ビルがある限り仕事は安泰

今の御時世に安泰な職業はなかなかありませんが、ビルメンテナンスはビル社会である内は仕事や職場がなくなることはありません。

現在も建設中のビルは全国に多数あり、建て替えや増設などで規模は大きくなる一方です。さらにビルにトラブルはつきもの。人が使用すれば劣化し補修が必要になりますし、清掃や保守点検も必要です。

つまり、物件も作業も途切れることなく存在しており、それらを管理する仕事になりますので、当然仕事先に困ることはないと言えます。

職場によっては肉体労働が少ない

ビルメンテナンスは年齢に関わらず活躍されている人がたくさんいます。

通常ビルメンテナンスの仕事は管理会社やオーナーからビルの清掃や破損箇所の修復、水道・電気工事などの依頼を受けて、それらを専門の業者へと発注するいわば橋渡し役を行います。

作業の際には立ち会う必要がありますが、基本的に自分で作業をすることは少ないので力仕事をすることはありません。定年まで現役でしっかり働ける仕事と言えます。

定時で帰れることが多い

先程述べたように、ビルメンテナンスは管理会社やオーナーと業者の橋渡しを行う業務内容なので、業者の業務時間外になるとできることが少なくなります。

また、トラブルの少ないビルであればそれだけ作業もないので、特に忙しい時間帯もなく平穏な仕事場になるでしょう。

ビルメンテナンスの仕事を選ぶ際の注意点

交渉

メリットがあれば当然デメリットもあります。

「ビルメンテナンスの仕事は楽で簡単そう」と安易に選ぶと入社後辛い目に合うことも。しっかりとデメリットや注意点も知っておくことで、慎重にビルメンテナンスの求人内容を確認して応募するようにしましょう。

コミュニケーション能力や業者との交渉力が必要

橋渡し役を行う仕事ですので、時には板挟みに合うことがあります。オーナーや管理者からの要望通りの作業を行える業者を選定し、交渉していく場面に何度も遭遇するでしょう。

そこで必要なのはマニュアル通りに進めるのではない、臨機応変な対応力と相手に承諾してもらえるようなコミュニケーション能力です。

時には無理難題を押し付けられることもありますので、イレギュラー対応できる力が必要。いつもの業者で解決できない時は、他の業者を探してお願いしないといけません。スケジュール調整も行わなければならないので、タスク管理能力も必要です。

このように自分の仕事だけでなく、業者などのマネジメントも行うので、自分のことだけしていれば良いといったスタンスで仕事をしてきていると苦労します。

資格が必要な場合もある

ビルメンテナンス業務を行う企業によっては入社の際、もしくは入社してから資格が必要になることがあります。

ビルメンテナンスの仕事内容として業者の手配以外に、自分で電気や水道に関するトラブルに対処することが含まれていた場合、それに必要な資格を求められます。

具体的には第二種電気工事士、危険物取扱者乙種4類、第三種冷凍機械責任者、二級ボイラー技士の4つになります。

これらを保有していないと作業することができませんので、ビルメンテナンスの仕事に就きたい場合は取得しておくとよいでしょう。

業界大手のビルメンテナンス協会(公益社団法人)では、資格試験の対策講座も実施しています。

自分で作業できる=残業が増える

おすすめな点として、定時退社を挙げましたがあくまでも作業をすべて業者が行い、立ち会いがメインの仕事だった場合です。

自分で修理などの作業が可能な場合は、業者の業務時間外に起こったトラブルを自分で対処しないとならなくなります。

業者が手配できない場合も自分で責任を持って作業を行う必要があるため、残業も多くなります。

ビルメンテナンスの業界に転職するには

履歴書

「実際にビルメンテナンス業界で働きたい、興味が出てきて応募したい」と思ったときにやるべきことは、書類審査を通過するための志望動機を考えること、必要な資格を取得するための手順を把握すること、自分にどれだけのコミュニケーション能力があるかを伝えられるようにすることの3つです。これらの対策方法を考えてみましょう。

志望動機はどうすればよいか

ビルメンテナンスの仕事に就きたいと考えた際にすぐ志望動機が浮かぶでしょうか。

表立って動く派手さもありませんし、どうしてもビルメンテナンスの仕事をしたいと思うような動機は探しにくいのではないでしょうか。

ネットで得られる情報には仕事の楽さや安定性がよく書かれていますが、それは志望動機としては使えません。ではどのような志望動機が最もよいのか考えてみると「手に職をつけたい」というのはどうでしょうか。

長期的に働けるということは、多くの経験を積みその業界のプロフェッショナルになるということです。

ビルメンテナンスの業界では30歳でもまだ若手と呼ばれるほどで、長年経験を積まないとベテランにはなれません。そういった部分を魅力と捉え、志望動機につなげることで好印象を与えられます。

資格を取得してアピールする

先に挙げた項目にも記載した通り、第二種電気工事士、危険物取扱者乙種4類、第三種冷凍機械責任者、二級ボイラー技士の4つはビルメンテナンスの仕事を行う上で重要な資格。

必須ではない企業であっても持っていることで、手当てが付くこともあります。1つでも習得しておけば、それだけ本気さが伝わります。

独学で学ぶ以外にも、職業訓練校で習得できるものありますので、失業中などの時間があるときに学んでおくことをおすすめします。

さらにステップアップするために、建築物環境衛生管理技術者の資格取得を目指すこともできますが、実務経験が2年以上必要になります。とはいえ、こちらの資格も取得したいという意志を伝えることで、やる気を見せるポイントになるでしょう。

未経験ならコミュニケーション力を武器に

業務では多くの人と関わりますので、とにかくコミュニケーション能力が大切です。

知識はなくても人と話して不快にさせない言葉選びや相手を納得させる交渉術などがあると、面接の際に大きなアピールポイントになります。特に営業職の経験などは重宝されるので、履歴書や面接できちんと説明できるように準備をしておきましょう。

営業職でなかった人も、業務内で行った交渉やスケジュール管理の経験があれば、まとめておくことをおすすめします。

まとめ

ビルの模型

ビルメンテナンスの仕事と言っても作業内容は多岐にわたります。管理人やビルオーナーからの要望を聞き、業者を手配し、場合によっては自分で作業を行います。

はたらいくのアンケートによれば、「年収287万円・月収20万円」と一般的に給料はあまりよくないとされていますが、条件次第では自分で上を目指していくことが可能です。そのためには資格は必須。

さらにコミュニケーション能力を活かして、自分のできることを増やしていく努力が必要です。こう書くと非常にやりがいがある仕事とも言えます。逆にうまく企業と仕事を選べば、1日のトラブルも少ない、毎日定時退社可能な楽な職場もあります。

どんな職場でどのように活躍するかはあなた次第。

どちらにせよ安定している業界ですので、長く同じ仕事したい人にとってはうってつけの職業でしょう。