転職サイトのスカウトメールって実際には使えるの?内容を見極めて対応しよう

転職サイトに新規登録するとスカウトメールが届くようになりますが、内容をすべて確認して返信しなければならないのでしょうか。

こちらでは、求職者にとって使えるスカウトメールシステムの特徴と、そうでないものの見分け方や対応方法を紹介します。

スカウトメールの仕組みについて理解しよう

スカウトメールを設定すると、どんどん届くようになりますが、実はスカウトメールには3つの種類がります。

1つは企業から直接送られてきたもの。2つ目はあなたを担当している転職エージェントからのオファー、そして3つ目が人材紹介会社からのスカウトメールになります。

それぞれ送り主が違いますので、目的も違います。その違いから見てみましょう。

企業から直接送られてくるスカウトメール

転職サイトに案件の掲載を依頼している企業から直接求職者の方に向けて送られたメールは最も内定に近いスカウトメールといえます。

掲載企業側の事情でいえば、スカウトメールを送るためにもコストや時間的な労力がかかっているので、無駄なスカウトメールを転職希望者に送ることはありません。こうしたスカウトメールが届いた場合は最優先で返事をするか否か決めましょう。

転職エージェントからのオファー

担当エージェントからのオファーメールも有益な場合が多い傾向にあります。

企業から直接送られて来たスカウトメールに比べると優先度は下がりますが、エージェントが求職者のレジュメを見て、選考通過の可能性が高い案件を紹介していますので、面接に進めるチャンスはあるでしょう。

人材紹介会社からのスカウトメール

人材紹介会社からのスカウトメールにはあまり魅力はないといえます。件名や文面からは内定が獲得できそうな企業を紹介しているように見えますが、実際のところは人材紹介会社への登録者を増やしたいだけの場合もあり、がっかりすることがあります。

企業からのスカウトメールはできるだけ対応する

企業からの直接スカウトはなるべく早い対応が必要な重要メールになります。このメールには2種類の内容が存在しますので、それらを紹介します。

どちらにせよ、興味のある企業の場合は早期に対応しないと失礼に当たるほか、出遅れた結果、ほかの転職希望者に決まってしまうことがあります。業務内容や待遇面を確認して、希望に合えばまず返信しましょう。

また、わざわざあなた向けにスカウトメールを送ってもらえたことを考慮して、お断りする場合でも返信をした方が丁寧です。

レジュメを見て面接を希望する内容のスカウトメール

一般的なスカウトメールはあなたのレジュメをチェックして、すぐにでも面接したいと思った場合に送られてきます。経歴やスキルを確認したうえでスカウトメールを送っていますので、書類選考は通過した状態といっても過言ではありません。

選考を希望する場合は、お礼の言葉とともに、メールの内容に沿って実際の応募作業や日時の相談を行ないます。

検索傾向や経歴から応募して欲しいという依頼のスカウトメール

先ほどのスカウトメールとは少し内容が変わりますが、こちらも選考通過の可能性がかなり高いといえます。スカウトメール配信担当者と、決定権を持つ人事担当者が別な場合にこうしたメールが送られてくるようです。

このメールでは直接面接までは進めなくても、採用したいと思った転職希望者に向けて配信されるため、内定に近い企業からのオファーだと考えていいでしょう。

ただし、転職希望者が自発的に応募することが前提になっているので、複数人に同様の内容で配信していることが多く、タイミングによっては応募者過多により選考漏れをする可能性もあります。なるべく早期に返答をしましょう。

転職エージェントからのオファーは興味があれば返信

担当の転職エージェントから送られてきたオファーメールは興味があった場合のみ返信をすれば大丈夫です。転職エージェントは転職希望者に合った案件をその都度紹介していますので、すべてに返事が返ってくるとエージェント担当者は対処が大変です。

転職エージェント側も返信がなかった場合は興味がないと判断して、次の案件を用意します。もちろん「お世話になっているので、きちんとした対応をしたい」と考えた時には丁重にお断りの返信を送りましょう。

転職エージェントからのオファーの場合も、内容は2種類に分かれます。

応募すれば選考を通過する確率の高い案件の紹介のスカウトメール

経歴やスキルにマッチした案件を転職エージェントが探してオファーをする内容がこちらです。

企業から直接スカウトメールを配信しているわけではないので、100%選考がうまくいく保証はありませんが、転職エージェントの持つデータや経験、マッチングスキルから比較的可能性は高いといえます。

また、転職エージェントから紹介された案件に応募する際には、転職エージェントが推薦状などを添付して応募手続きを行なう場合もあります。

この推薦状があることで、企業側は客観的に見て案件にマッチした人材であることを意識するので、選考通過率が非常に高くなります。ただ、それでも確定ではありませんので、油断は禁物です。

求人掲載前や非公開の求人に優先して応募できる案件紹介のスカウトメール

転職エージェントは掲載案件をいち早く把握しているため、サイト上に掲載されていない案件をあなたに紹介することができます。

つまり、ライバルがいない状態の案件に、あなたが最優先で応募できるチャンスです。

場合によっては、あなたの希望条件に応じた調整をした求人情報にカスタマイズしてもらえることもあるため、もしこうしたオファーメールが届いた際に「内容はいいけど、待遇をもう少し良くして欲しい」と感じた時は、相談してみると良いでしょう。

人材紹介会社からのスカウトメールはどちらでも良い

人材紹介会社とは派遣やアルバイト、出向などの案件を紹介している会社のことで、そこからのスカウトメールは「勧誘メール」のようなものです。

件名や内容を軽く見ただけだと企業からの直接スカウトなのかわかりにくいことが多いので評判は微妙なところです。

見分け方としては、文末にほかの会社の連絡先が記載してある場合や具体的な業務内容が書かれていない時はこうした勧誘のメールになります。

応募の前に記載されている人材紹介会社へ登録が必要になるため、煩雑になりやすいし内定獲得にかかる時間も長くなりがちです。早期に内定を獲得して転職したいと考える人は、無視して良いでしょう。

人材紹介会社の持っている案件にマッチしている場合

基本的には、人材紹介会社が扱う案件にあなたがマッチしていると判断されると、スカウトメールが届きます。具体的な仕事内容や待遇とともに、紹介している会社の詳細も記載されているのが一般的です。

返信をすると電話かメールで登録に必要な手続き案内をされるので、そちらにしたがって進めていきます。

注意すべきなのはスカウトメールの内容と、登録後の実際の内容が違う場合。

あってはならないことですが、スカウトメールには良い求人情報に見えるように書いておき、応募の前に違うものに差し替えるといったこともありますので、注意点として覚えていてください。応募の前によく確認しましょう。

人材紹介会社がとにかく登録者を増やしたい場合

具体的な仕事内容を記載せず、「あなたにぴったりの案件を紹介します」といった文面のメールもあります。よほど登録しているサイトに魅力的な案件がなく、スカウトメールもまったく来ないといった状況であれば返信をしても良いでしょう。

しかし、そうでない時には無視した方が効率的です。この手のメールは、ブラック企業を紹介されることはないものの、経験者というよりも未経験や第二新卒をターゲットとしています。そのため、給与の低い若い世代向けに配信される傾向があるのです。

まとめ

自力での就職・転職活動は、求人情報の集め方やブラック企業の避け方、履歴書などの書類作成、採用担当者に好印象を持ってもらえるコツ・・・と勉強すべき事はたくさんあります。だからこそ、評判の高い転職エージェントの利用は必須です。

個人情報を安心して預けることができて、転職活動がスムーズにいくようサポートしてもらうには、とりあえず大手の転職エージェントを選んでおくのがポイントです。

豊富なサービス・機能の中でも、スカウトメールは、優秀な求人案件と出会えるチャンスですからしっかり活用していきましょう。

スカウトメールの中で確認必須と言えるものは「企業からの直接スカウト」と「転職エージェントからのオファーメール」になります。

どちらもあなたのことをきちんと見てから配信されたメッセージになるので、応募しない場合でも時間があれば断りの連絡をした方が良いです。

これらの重要なスカウトメールを受け取るためには、サイトに登録しているレジュメや職務経歴書などを細かく記載し、常に最新のものにしておきましょう。できれば月に1回は見直して、学んだことや得たものを加筆すると効果的です。

レジュメや職務経歴書の書き方や内容に困った時は、転職の専門家であるキャリアコンサルタントに相談すると有益なアドバイスがもらえます。

あなたの希望を確認したうえでの求人紹介をしてくれますし、業界研究・職種研究も捗るでしょう。細かいかな?と思っても気になることがあるなら、どんどん質問して転職活動に役立ててください。