ダメな会社は社員もダメ人間!一刻も早くダメ会社から抜け出そう!

ダメな会社と聞いてどんな会社を想像しますか?

裏社会とつながっている、あるいは詐欺を働いているといった分かりやすいダメな会社もあります。

また給与がきちんと支払われない、自腹で経費を払わなければならないといった経営的にダメな会社、あるいは社長が毎日ゴルフばかり行っている、ワンマンオーナーでやりたい放題というような、世間とズレているダメな会社が思い浮かぶでしょう。

こんなダメな会社に長く勤めていると、自分自身もダメな会社の色に染まりダメ人間になっていきます。そこで今回はダメな会社から一刻も早く抜け出すためにはどうすればよいかをお話しいたします。

ダメな会社の実例

まず、ダメな会社とは具体的にどのような会社なのでしょうか。ダメな会社に明確な共通点はありませんが、以下のような特徴に当てはまる場合はダメ会社の要素を備えていると思ってよいでしょう。

経営陣が人材を大切に扱っていない

「お前の代わりはいくらでもいる」などの言葉を部下に使うなど、人材を大切に扱う風土が無い会社のことです。

無能なワンマン社長

有能であればトップダウンで会社も伸びますが、無能であれば会社の業績は停滞、下降します。

30代の中堅社員がみんな退職している

会社の将来を担う中堅社員が辞めるということは、会社に将来性を感じていないということです。もしくは同族経営で経営幹部になる見込みがないということもあります。

給与の支払いが遅れている

言わずもがなです。給与が遅れるというのは資金繰りが危ない証拠。ダメな会社の典型的な実例です。

新入社員の研修が無くすべてOJT

新入社員研修は会社の業務の基礎の基礎を教えるために必要なプロセスです。このプロセスに投資しないのは、新人を育てる余力(あるいは意思)が無いということです。中小企業に多いケースです。

明らかに詐欺や違法行為を働いている

業務内容に違法性がある、顧客にウソをついて契約を取っているなどの会社は、存在してはならないダメな会社です。

残業代や休日出勤手当を支払わない

タイムカードを押して残業するように命じる、休日出勤を強制するも手当を払わないなど、何かにつけて人件費を削減しようとする会社はダメな会社に片足突っ込んでいると言えるでしょう。

ダメな会社は社員もダメ人間になる

会社員は知らず知らずのうちに勤務している会社の色に染まっていきます。勤務が長ければ長いほどその色に染まるため、転職して新しい会社のやり方に染まるのに時間がかかります。

この「色に染まる」概念はダメな会社でも当てはまり、ダメな会社の仕事の進め方を覚えてしまうと必然的にあなたの人間性もダメにしてしまいます。

例えば商品の説明でウソをついて契約するのが当たり前の感覚になってしまうと、次の会社に転職後、同じウソで契約書にサインしてもらっても会社から厳重注意を受けることもあります。

ビジネスマナー、というよりも常識的な部分でズレてしまうと社会人として、致命的です。

このようなダメ人間になってしまうと、仮に転職したとしても次の会社では正しい評価を得ることが難しくなります。これはある意味では法則のようなものかもしれません。ダメな会社からは一刻も早く抜け出すことを考えたほうが良いでしょう。

ダメな会社の予兆を感じたら即行動を!

たとえば、給与の支払い遅延や人件費の異常な削減など、経営能力が低いと感じるような事態に遭遇したならば、即転職活動を開始すべきです。

沈む船に最後まで乗っていても何もいいことはありません。倒産する会社の経営者が何を考えるかというと、その人の性格にもよりますが、自らの保身です。できるだけ財産を残して倒産する方向に考えますので、社員への支払いを平気でストップします。

給与の遅延だけでなく「この会社は倒産するかもしれない」と感じたら、早めに転職活動を開始しておくと良いでしょう。倒産してから転職活動を開始するのとでは、心の余裕に大きな差が生じます。

社員の退職には必ず理由がある

また、他の社員の退職理由はできるだけ把握しておくのが賢明です。特に20代後半から30代にかけての中堅社員が次々に退職していくような会社であれば、将来性に不安があるということになります。続ける価値がないとも言い変えられます。

また、新入社員が定着せずに辞めていくようならば、社員教育に問題があるかもしれません。同期がどんどん辞めていくようならば、あなたが気付いていない何かしらの問題点が会社にあるのではと考えてみましょう。

また、能力が高く社内で優秀だと言われている社員の退職には特に注意しましょう。優秀であるため、社内ではそれなりの待遇とキャリアを約束されているはずですが、にもかかわらずそのポジションを捨てて退職するということは、非常に大きな「何か」があるのです。

いずれにせよ、社員の退職には会社に対するネガティブな共通点があると考えておきましょう。

会社に問題は無いが上司に問題がある場合も

一方で、会社の経営自体に問題は無くても、上司に問題がありダメな会社になってしまっているケースもあります。

仕事ができない縁故入社の上司、ハラスメント全開の上司、仕事の責任を取らず人望が無い上司、現場経験が少ないのに口だけの上司、そしてそんな上司を見て見ぬふりをしているさらに上の役員や責任者などなど・・・。

部下にとって仕事の邪魔にしかならない環境で仕事をせざるを得ない状況は苦痛でしかありません。このようなストレスのたまる状況で仕事をすることにメリットは何もないと考えましょう。

ダメな上司を見て反面教師にするのも一つの方法ではありますが、そんなダメ上司を間近に見ていると、いざ自分が上司になった際にもついついその上司と同じような行動をとってしまうことがあります。

反面教師だけではなく、きちんとした教師もいないと、誰しも知らず知らずのうちに上司のコピーとなってしまうのです。

すると、部下と良い人間関係が築けず、あなた自身も苦しくなってしまうという悪循環を生みだしてしまうだけでなく、ブラック企業になってしまう可能性もあるのです。

このように社内にダメ上司しかいない組織もダメ会社の典型です。ダメ上司のクセが移ってしまう前に、転職活動を行うことをおススメいたします。

ダメ会社から学ぶものはあるか?

ダメ会社に長くいると、自分自身もダメ人間になってしまうことはお分かりいただけたと思います。では逆に、ダメ会社から何かしら学ぶものはあるでしょうか?

反面教師的な学び以外に何も学ぶものが無い場合には、さっさと転職活動を進むことをおすすめします。

仮に何かしら学ぶものがある、あるいは次の職場のために活用できるリソースがある場合には、その分転職時期を後ろにずらしてもよいですが、なるべく早めに今の会社から脱出する方法を考えておいてください。

転職エージェントを活用しダメ会社から脱出しよう!

ダメ会社から転職するには、自分で転職先を見つける以外に転職エージェントを活用するという方法があります。自分で転職先を見つけることも大切ですが、もう二度とダメ会社に入りたくないと考えているならば転職エージェントの利用がベターです。

というのも、一般的な求人広告の情報だけではその会社がダメ会社か否かを見極めることが難しく、仮に就職した後にダメ会社と分かった場合は、もう一度転職活動に時間を費やすことになってしまうからです。

その点、転職エージェントであれば応募先企業の概要を把握しているため、ダメ会社か否かをプロの目で判断し、優良な会社を紹介してくれます。

また、コンサルタントが転職に関するアドバイスや今後のキャリアプランの策定も手伝ってくれます。二度とダメ会社に引っかからないように、転職エージェント・転職サイトを上手に活用することを考えてみましょう。