DODAはどんな人が使うべき?機能や評判を紹介

転職サイトで有名DODAはどんな特徴があるのでしょうか。利用するのに向いている人や機能、評判といったことを調べながら、メリットとデメリットを紹介します。

DODAはどんなサイト?

DODAの特徴は求人案件の多さや検索機能だけでなく、専任のエージェントによるアドバイスを受けられる点が挙げられます。

案件が多いことで業種や地域を詳細に選択しても、希望に沿った求人情報が見つかりますし、転職者が抱える悩みもフォローしてくれます。仕事をしていく上で大切な条件を捨てずに転職活動ができるのが、DODAのような転職エージェントのメリットです。

また、非公開求人数が豊富な点もDODAの強み。年収や仕事内容が魅力的な求人がたくさん見つかるでしょう。

また、困った時や相談があればエージェントと直接やりとりをして、問題解決ができます。細かく内容を見てみましょう。

転職相談をしながら求人案件検索ができる

自分のペースで求人案件の検索をして応募することもできますが、エージェントへの相談(電話面談にも対応)もできますのでぜひ活用してください。

転職活動のやり方としては、自分空いた時間や好きな時に求人案件を検索して応募、面接などのプロセスを進む方法と、転職サイトのスタッフから積極的に案件紹介の提案を受けながらスケジュールを立てて進める方法の2つがありますが、DODAではどちらの進め方も可能です。

在職中で日中の連絡が取りにくいときや時間がない時は、自分で案件検索をするほうがやり易いと思います。休職中であれば、時間に比較的余裕もあり綿密な打ち合わせをしながら、早期の内定獲得を目指せます。

これらを組み合わせながら求人案件の検索は自分で行うが、希望する会社に応募するときや面接に挑む際のアドバイスだけエージェントのサポートを受けるというスタイルも可能なので、うまく活用したら、年収アップの可能性もあります。

案件の多さで様々な地域や業種をカバー

求人サイトの中でも求人案内が豊富ですから、大手企業や中小企業、場所や業種を問わず選択肢が幅広いです。

求人検索をする際に詳細な条件を設定すると、該当する企業がなく妥協しないといけないことがありますが、DODAでは大量の求人案件を扱っているため、条件を多く設定しても希望求人が概ね表示されるでしょう。

特に勤務地に関しては譲ることのできない条件であることが多いため、そうした希望にも当てはまる案件が出てくるのは嬉しいところです。転職を考えた際に、自分の今の労働環境と同じ条件を入力して検索することで、業界の相場や待遇の有無が把握できるため、転職しようと悩んでいる人が本当に今転職すべきかを判断する材料としても使えます。

「今の給与が不満で転職を考えてみたが、調べてみると自分は全く昇給していない低い金額だったので転職を決意した」というように比較した結果、転職活動を始めることにしたという事例も少なくありません。

DODA主催のセミナーや合同説明会も随時開催

セミナーや合同説明会は企業の生の声を聞けるチャンスですから、積極的に利用しましょう。普段自宅などでネットを介して得る企業の情報は実際のものとは違うこともあります。

入社してからイメージと違ったなどということのないように、こうした機会を利用して企業と接し、なるべく多くの情報を仕入れましょう。企業の中には面接時に企業説明会への参加経験を問われることも多いので、思わぬアピールポイントになることも。

また、セミナーでは転職活動だけではなく、社会人として使える知識を学べるので自己啓発なども兼ねて参加してみてはいかがでしょうか。

DODAを使うメリット

DODAを使うメリットは大きく分けて3つあります。1つは初めての転職活動でもエージェントに相談しながら円滑に進められる点。

2つ目は登録しておくと自分の履歴書や職務経歴書を参考にした企業からのスカウトメールが届くことで、転職への意欲や自分の自信へ繋がります。

3つ目は登録することでセミナーや各種説明会に無料で参加できるようになることです。それぞれを詳しく説明します。

初めての転職活動もエージェントに相談して進められる

転職活動を初めてする時は、疑問や不安がありますがエージェントにアドバイスをもらいながら行うことでスムーズに進められます。いざ転職しようと思っても、内定に繋がる履歴書や職務経歴書の書き方がわからないことや、面接対策に悩むこともあります。

そうした場面でエージェントに相談することで、書類の添削やアドバイスを得ることができるので、効率よく転職活動ができるのがメリット。

このほかにも自分の条件や経歴にあった求人案件の紹介や、応募に合わせたアピールポイントなどの情報を得ることもできます。

スカウトメールも頻繁に届くので、転職意欲が湧きやすい

DODAは掲載企業が多いため、スカウトメールも頻繁に届きます。登録時に入力した履歴書や職務経歴書を元に、企業が転職希望のある人へスカウトメールを送るのですが、他のサイトに比べて多く届くことがあります。

それだけ多くの企業がDODAを利用しているため、メールに記載された求人内容も多彩で選択の余地があります。

自分から求人案件を検索して応募することが求人サイトの主な使い方ですが、やはりスカウトメールを自分に送ってくれる企業があると、それだけ必要とされる人材である気分になりますよね。スカウトメールを送付した企業であれば転職できる可能性もあるため、やる気にもつながります。

DODAで紹介されているセミナーや各種説明会への参加

前述のセミナーや各種説明会への参加にはDODAへの会員登録が必要になります。基本的に会員登録をしていれば参加料は無料です。直接転職する気持ちがなくても、自分の興味のあるセミナーに参加するためだけに会員登録して利用してみるのも問題ありません。

そこから何か学ぶことがあれば自分のためにもなりますし、もし転職を考えた時に新たに転職サイトに登録する手間も省けます。

DODAのデメリットや注意事項

多くのメリットを持つDODAですが、大きく分けて2つのデメリットが存在します。

1つ目は案件の多さゆえにブラック企業が紛れ込んでいることがあり、これを見分ける力が必要であること。初めての転職活動をする人にとってはなかなか難しいのではないでしょうか。

2つ目は転職エージェントとの相性が悪いと転職活動自体がうまくいかなくなるリスクがある点。それぞれのデメリットを説明します。

案件が多いため、ブラック企業を見分けるのに一苦労

求人案件が多いということはそれだけブラック企業が紛れ込む可能性が高くなります。

もちろんDODA側でもある程度のフィルタリングをしているとは思いますが、求人内容を一つ一つ見ると、そもそもの求人内容の条件がよくないことやわかりにくい細かな条件があり、場合によっては記載していた仕事内容と違っていたり、記載通りの待遇が受けられない可能性もあります。

転職活動の経験がある人や社会人経験が長ければ、こうした求人内容を注意深く見ることができますが、慣れていないとブラック企業かホワイト企業かを見分けることは難しいかもしれませんから、不明な点は担当を通して確認してもらうくらいの慎重はあっても良いと思います。

初めての転職活動をする人や社会人経験が短い人だと、口コミや情報を鵜呑みにしてしまうものですからくれぐれも注意してください。

転職エージェントによっては自分と合わないことも

親身になって相談に乗ってくれる転職エージェントも、自分との相性によっては良くないこともあります。自分の希望を全く考慮せず、経歴やキャリアだけで判断した求人案件を紹介されたり、説教のようなアドバイスしかしてもらえない人もいるようです。

その場合、単なる相性が悪かっただけと片付けられるといいのですが、中には自分への自信を失ってしまうことも。妥協した企業への応募をしてしまい、後悔の残る転職活動になることも考えられます。

大手の転職サイトとはいえ、転職エージェントも人間ですから、サポートや考え方、提案の仕方など、質は変わります。だからこそ、自分の中で譲れない条件や転職したいという意志はしっかり持った上で、アドバイスを聞くことが大切です。場合によっては担当者の変更や利用する転職サイトを変えることも検討しましょう。