WORQLIP

元転職エージェントのここだけの話

株式会社キーエンスに転職したいときはどうすればいいの?会社の特徴や働くうえでの注意事項

電子機器やセンサー分野で大手の株式会社キーエンス(以下キーエンス)で働いてみたいと考える人も多いのではないでしょうか。

今回は、キーエンスで働くために必要なことや注意事項をまとめました。

キーエンスはどんな会社なの?

キーエンスは、本社を大阪市東淀川区に置く従業員数5,000人以上(グループ連結)を誇る電子機器やセンサー分野大手の国内企業です。事業内容や今後の展望、求人の募集傾向などを紹介していきます。

家電や機械製品を作るうえで欠かせない計器類を販売している

キーエンスの製品は家電や機械製品、自動車などを扱う企業にとって、なくてはならない存在ともいえます。販売している製品は、センサーやマイクロスコープ、モータ、計測機器類のほか、近年注目を集める3Dプリンタの販売も行なっています。

これらの製品は、機械へ搭載するほかに、製品化に向けた試験やプロトタイプの作製にかかせないもの。人間の目では見えないものを正確に測定するキーエンスのセンサーがなくては、信用できる商品開発はできないといっても良いでしょう。

海外展開も進み、企業としての安定感もある

キーエンスは国内30箇所以上の営業所に加え、2箇所の研究施設を構えていますが、海外にも44カ国、200拠点以上を展開しています。このため海外で働きたいと考える人も活躍できるボジションが用意されている点も魅力の一つ。

企業としては東京証券取引所で扱う全銘柄の内トップ30に入る時価総額とも言われており、国内企業のなかでも世界的なリーディングカンパニーという見方をされています。

営業利益率が非常に高いことから、すぐに倒産する心配の少ない安定感のある企業だといえます。

新卒採用やキャリア採用なども盛んで入社のチャンスは多い

キーエンスでは、新卒の就活シーズン以外でも盛んに採用活動を行なっているため、求人が多く見られます。

2017年11月現在、キーエンスの企業ホームページに掲載されているキャリア採用を見てみると、社内SEやハードウェア設計、デザイン関連、経理、マーケティングなどの募集があります。

営業職に関しては新卒採用のほか、時期によっては掲載されているので希望の方は根気よく探しましょう。

待遇はキャリア採用の場合はまちまちですが、新卒採用を見ると修士課程修了で22万5,000円、大学卒業で20万5,000円(2016年4月実績)と給与の金額は高くはありません。

しかし賞与は年4回予定されており、各種保険から退職金など社員の福利厚生も完備されていることを考えると、好待遇といえます。

実際、キーエンスの平均年収は1300万円以上と言われており、これは上場企業の中でもトップクラス。実際、東洋経済社によると40歳年収上位30社(上場企業編)のトップになっています。口コミを見ると社員の評判も上々のようです。

キーエンスで働くために必要なこと

キーエンスは好待遇で安定した企業ですので、転職を目指す方も多いですが求められるスキルや心構えがあります。実際の経験や体験談を踏まえながら、どんな人材が求められているのかご紹介します。

技術職では、電気関連知識はもちろんのこと現場の設計者としての知識も必要

キーエンスで技術職として働くには、基本的な電気や機械に関する知識だけでは、内定を獲得することは難しいでしょう。キーエンスの製品は、計測する物があるからこそ利用されるのです。

そのため、センサーやモータなどを設計する際には、どんなものに取り付けてどのように動かして計測を行なうのか、すなわち現場での使われ方を知っていないと顧客のニーズに応える物が作れず、売れません。

キーエンスの製品を実際に使っている現場の声として多く聞かれるのは「どんな大きさや用途にも使えるような製品が揃っていて使いやすい」という声です。こうしたユーザー目線に立った設計ができる人材が求められているといえます。

営業職は知識とプロモーション能力が必要

営業職として自社の製品を知っておくことは当然必要ですが、それに加えて売り込むプロモーション能力も大切です。センサーやモータといった製品はキーエンス以外にもオムロンなど大手メーカーの競合他社が存在します。

機械設計の現場では日々製品の比較がされており、使いやすさや性能、価格面などを厳しく見られるのです。そんな中でキーエンスの製品を選んでもらうには、ライバル企業に比べてどこが優れているか、利用価値があるかを顧客に伝える必要があります。

そのため、他社の製品もチェックし、自社製品とどこが違うのか、納品実績などをアピールできるように準備することも必要になってくるでしょう。

キーエンスはスピードが違う

キーエンスの特徴を関係企業に聞くと「とにかくスピードが速い」ことがよく挙げられます。これは納品スピードや製品の開発速度などを指しており、顧客が欲しいものをすぐに手配していることが理由だと考えられます。

通常、センサーや計器類の発注をすると、早くても2〜3日ほど納品に時間がかかりますが、キーエンスの場合は、朝連絡をして夕方には直接担当の営業が届けてくれることも。

製品の開発現場は1日の納品遅れが後のスケジュールのずれ込みにつながり、最悪の場合、公表していた発売日に間に合わないということもあり得ますから。

ですから、キーエンスのスピード感のある仕事に助けられている企業は多いはず。技術力だけでなく、こうした心遣いができるところが高く評価され、満足度や信頼度にも繋がっているということなのでしょう。

キーエンスへの転職を目指す際のアピールポイントや注意点

キーエンスに転職を目指すには必要な知識とともに残業の多さも注意しておいた方が良いでしょう。ここではどんな知識がアピールに役立つか、注意点などを紹介します。

異業種からキーエンスの技術職への転職は厳しく、残業も多い

キーエンスの機械系技術職では前述のように機械、電気分野に関する知識以外に設計現場目線での対応が必要になるため、まったく知識のない異業種からの転職は難しいでしょう。

キーエンスへの転職を希望するのは同業他社や同じ業界で働いていた人が多く、そうした中で未経験で戦うには非常に厳しいといえます。未経験でも可能なポジションでのポテンシャル採用もないわけではありませんが、数が少ないため狙い目とはいえません。

また、実際に勤務した人の声としては残業の多さが目立ちます。原因はさまざまですが、その一つに顧客に求められる短納期に合わせるために残業をして対応していることがあります。

営業時間外でも顧客が商品を届けて欲しいといわれれば無視できないことや、他社製品より早く顧客に合った新商品を出すための開発も日夜進んでいます。

こうした仕事に対応するために、月の残業時間が40時間以上になるともいわれています。

経験者は自分に今あるものとない知識をしっかりと把握してアピールすると好印象

キーエンスでは多くの知識や能力が求められますが、そのすべてを最初から持っている必要はありません。今の自分がどれだけの知識を持っていて、どんな経験をしてきたかを認識しておけば、逆に何が足りないかもわかります。

足りない部分がわかっていないと成長できませんが、わかっていれば入社後も勉強してよりよい人材になる期待感を生みます。しっかりと自己分析をして、アピールできるようにまとめておきましょう。

まとめ

キーエンスに転職するには専門分野における知識と、製品を実際に使う現場の知識両方が必要になります。特に中途採用で武器になるのは「現場の知識」です。

これは学校や机上で学ぶことはできず、実際に仕事をする中で、どのようにキーエンスを選び、組み込み、使っていくかを知っていれば技術職や営業職、管理職でも役立つことは間違いありません。

もしこうした経験がなかった場合は、キーエンスで仕事していく上で学ぶことが可能なので、勉強していきたいという姿勢をアピールすると良いでしょう。

自分で経歴の整理や自己分析が難しいと感じる時には転職エージェントの利用も検討してください。転職エージェントは、あらゆる求人情報を扱っていますし、会社情報や労働環境、採用情報など様々な情報が得られます。

また、採用面接対策や履歴書・職務経歴書などのアドバイスを行い、あなたの転職をサポートします。男性・女性に関係なく有益な転職活動ができるでしょう。