読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事を辞めたいと思った人がまずやるべきことは?不安の解消方法と辞め方

退職届

ビジネスマンなら誰しも1度や2度は「今の会社そろそろ辞めたいな」と思ったことがあるでしょう。理不尽な上司がいるだとか、給料が安いだとか理由は人それぞれですが、それでも辞めないのは将来の不安の方が勝っているからではないでしょうか。

勢いで会社を辞めてしまっても次の仕事先がすぐに見つかるか心配であったり、あるいは待遇がこれまでよりも悪くなってしまったりと、転職に臨む前にネガティブな気持ちばかりが先行してしまい、なかなか決断できないという人も多いと思われます。そこで今回は、会社を辞めたいと思ったらまず何に手をつければ不安なく転職活動が行えるのかについて解説していきます。

会社を辞めることの不安とリスクとは?

給料

まず、仕事を辞めることに対して、ビジネスマンはどのような不安やリスクを感じるのでしょうか。辞めたいと思いながらもなかなか退職へと踏み切れない理由をいくつかピックアップしてみました。

生活への不安

仕事を辞めるという事は、給料をもらえなくなるということです。即ち生活に対する不安が芽生えるということであり、貯金を切る崩すなり親兄弟にお金を借りるなりして生活していかなければなりません。

もちろん、すぐに転職に成功したとしても、前職の給与が保障されるわけではありません。あわせて、年功序列終身雇用を前提とした日本企業の場合、中途採用者の退職金は新卒者よりも少なくなります。これは老後の不安にもつながるため、家族を持っている人や家のローンを抱えている人に対して心理的に「今の会社で頑張るしかない」という選択をさせてしまうのです。

キャリアダウンと人脈の断絶

これまで積み重ねてきた会社におけるキャリアがダウンしてしまうこと、あるいは社内や取引先との人脈が転職により断絶してしまうことのリスクも転職を思いとどまる理由の一つでしょう。

会社が変われば社内関係もまた一から構築しなければなりません。社風も異なる会社へ馴染めるか、そしてその会社で出世していけるのかという不安も影響します。未経験分野に転職するならまだしも、経験のある分野へ転職を希望する場合にはこれまでのキャリアが他の会社で通用するかチャレンジするよりも今の会社の慣れ親しんだ環境で頑張ろうという気持ちが働くのも無理はないでしょう。

会社を辞めてもいいケースもある

ブラック企業

会社を辞めることはこのような不安とリスクが目の前に立ちはだかることを意味します。しかし、そういったリスクを背負ってでも辞めた方がよいケースもあります。

そのひとつとして、いわゆるブラック企業と言われる労働環境の劣悪な状態で勤務している場合が挙げられます。連日深夜まで及ぶサービス残業や毎週休日出勤を余儀なくされるような労働環境に身を置くとメンタルに支障をきたしてしまい、いずれ正常な判断ができなくなってしまいます。最悪の場合精神疾患に侵されたり自らの命を捨ててしまったりする可能性もあります。

性格がまじめな人ほど「自分がこの会社からいなくなったらプロジェクトが頓挫してしまう」と思い込みがちです。また、気持ちに余裕がなくなり将来のことを正常に考えられなくなり、惰性で勤務を続けてしまうこともあります。精神を病んでしまっては元も子もありません。危ないと思ったらすぐさま会社を辞めることを検討しても良いでしょう。

なお、ブラック企業とまではいかずとも、上司のパワハラやセクハラあるいは明らかな差別評価など、理不尽な扱いによりメンタルを病んでしまうケースもあります。このような兆候を感じた場合、そこから逃げだすことは恥でもなんでもなく正当な自己防衛です。早い段階で次の進路を考えたほうが良いでしょう。

不安やリスクを解消する会社の辞め方

面接

会社を辞める際に感じる不安や見込まれるリスクを解消する方法として最も有効なのは、退職の意思表示をする前に次の勤務先を決めておくことです。つまり、在職中に転職活動を一通り終わらせておき、希望条件を満たす新しい勤務先を確保してから辞めることです。

会社を辞めることを考えた際、多くの人はネットの転職サイト等を見ることがあるでしょう。自分の希望条件などを入れて検索し、どのような会社があるか確認することは誰もが経験あると思います。そして「あまりいい会社はないなあ」と思いながらブラウザを閉じてしまう人も多いでしょう。ではここであらためて転職サイトのメリットとデメリットを簡単に説明します。

転職サイトのメリット

1.案件数が圧倒的に多い
2.給与条件や待遇がはっきり明示されている
3.入社後の働く場面を想像しやすい

転職サイトのメリットはその案件数の多さにあります。また職場の雰囲気を事前に原稿から読み取ることもできるので、入社後の自分の姿をイメージしやすい点も挙げられます。給与条件などの待遇も情報量が多いためわかりやすいですね。

転職サイトのデメリット

1.自分の待遇が確認できない
2.入社までの期間や流れがつかめない

転職サイトのデメリットですが、給与条件として提示されているのはあくまでの一般的なケースです。自分だったらいくらになるのかが不明であり、その点でいうと転職後の生活設計上の不安は残ります。また、応募した後どのように行動すればよいのか、転職が初めての人は特にわかりにくいでしょう。

転職サイトはおおよその傾向や自分の市場価値を客観的に見るには適しています。もちろん、転職サイトを使って転職活動を行うことも選択肢の一つとして重要です。しかし、不安やリスクが完全に解消されるとは限らないのがネックとなります。

不安やリスクをほぼ解消したいなら転職エージェントがおススメ

転職エージェント

転職サイトを使った活動で払しょくできない不安やリスクは、転職エージェントを活用することで解消する場合があります。転職エージェントは転職支援会社とも呼ばれており、専門の人材エージェントが転職希望者の希望を聞き、その人に適した案件を紹介し転職成功まで支援してくれる会社です。転職サイトのデメリットや退職における不安を踏まえ、転職エージェントのメリットとデメリットを見ていきましょう。

転職エージェントのメリット

1.自分にあった案件を紹介し、待遇の交渉もしてくれる
2.転職成功まで数多くのアドバイスをしてくれる

転職エージェントのメリットは、転職希望者に適切な案件を紹介する能力があること、そして転職希望者の代わりに企業に対して待遇の交渉をしてくれることにあります。希望年収や勤務体系について、可能な限り転職希望者の要望を聞いて企業と交渉してくれるため、転職後の生活の不安についてはこの時点で払しょくできます。また、転職成功までさまざまなアドバイスをマンツーマンで受けることができるため、自分を客観的に判断する材料にもなります。

転職エージェントのデメリット

1.希望案件が無い場合は紹介されない
2.非公開求人が多く、事前の下調べには向いていない

転職エージェントのデメリットとしては、転職希望者が提示する条件によっては案件が紹介できないケースがある点です。転職サイトの場合はある程度”ダメ元”で応募することもできますが、転職エージェントの場合だとそれができません。また、非公開求人(会社名が明らかでない案件)もあるため、本腰を入れて積極的に転職活動を行う人にとっては問題ないですがまだ検討を始めたばかりで様子見という人にとっては少しハードルが高く感じてしまうでしょう。

不安やリスクを抱えたまま辞めてしまった場合

逃げる

このように、転職サイトや転職エージェントを活用して退職前に次の職場を決めておくのことで不安やリスクの解消になります。とはいうものの、メンタル的に耐えられず一刻も早く今の職場を抜け出したいという方もいるでしょう。

仮に次の職場を決めずに退職してしまったとしても、日本には雇用保険制度があるため無職中もある程度の生活レベルは維持できます。ネガティブでやさぐれた気持ちのまま転職活動をしても無駄に終わる可能性が高いため、少し心を休ませてから転職活動をするというのも良いのではないでしょうか。その場合、転職エージェントを利用する方が何かと助けになってくれるため便利であると言えます。

まとめ

青空

会社を辞めるときに感じる不安や辞めた後のリスクについては、事前に転職活動を行うことである程度解消できます。その際転職エージェントを活用することでほぼ不安やリスクをゼロにすることも可能です。

転職エージェントにも何社かありますが、キャリアカウンセリングの充実度や専門特化したコンサルタントが多数在籍しているDODAが最も頼りになるエージェントです。登録もweb上でできるため手軽です。応募について、あるいは退職についてのアドバイスも充実しているため、まずはDODAへ登録してみてはいかがでしょうか。