高卒で就職するべきか?大学へ進学するべきか?

高校卒業

大学全入時代と言われて久しく、高校を卒業して大学へ進学する率も、年々増加傾向にあります。高校の普通科を卒業した場合は8割以上が大学や専門学校へと進学し、工業系や商業系の高校を卒業した場合でも今や半数近くが進学の道を選んでいます。

高卒で就職するか、あるいは進学するかの選択は、おそらく人生で最初に訪れる大きな分岐点と言えるでしょう。そこで今回は、高卒で就職した場合と大学へ進学した場合のメリットデメリットや、絶対やってはいけない就職先の選び方をご説明いたします。

高卒と大卒ではどこが違うのでしょうか?

高卒者と大卒者、その大きな違いと言えば社会人としてスタートする年齢です。高卒者の方が早く社会の厳しさや大変さを実感し、労働によって対価を得ることの喜びを感じます。他にも大きな違いがありますので、それぞれについて詳しく見ていきましょう。

高校を卒業して大学へ進学すること

大学の授業風景

最初に、高校を卒業して大学へ進学する場合のメリットとデメリットについて見ていきましょう。大学ではなく専門学校等の場合は若干事情が異なってきますが、それほど大きくは変わらないと思ってください。

大学進学のメリット

1.より高度な知識を学べて仕事に活かせる
2.卒業後の就職先の候補が高卒者よりも多い
3.自由な時間が多く将来を考える時間が持てる
4.大人の仲間入りを果たし自由な立場で経験値が増える

大学進学のメリットですが、何といっても専門知識の習得により仕事の選択肢が増えることにあります。

高卒者と比較して大卒者向けの求人数はけた違いに多く、大手企業の募集も大卒者に集中していますし、その待遇も高卒者と異なり有利に設定されています。

また、大学在学中の時間を使って自分の将来をじっくりと考えることができます。高校の頃よりも視野が広がり、自分の可能性を確かめるフィールドが広がって見えるでしょう。社会へと旅立つ準備期間としても大学時代は貴重な時間です。

大学進学のデメリット

1.学費や生活費がかかる
2.高卒就職者よりも精神的に幼くなってしまう
3.出身大学によっては就職後に苦労することもある
4.自由に使えるお金が少ない

大学進学のデメリットですが、学費や生活費など4年間で相当な金額の支出があります。家が裕福であれば問題ないかもしれませんが、多くの学生はアルバイトしながら学生生活を送ることになるため、自由に使えるお金も時間も限られてきます。

また、大企業は特にですが、学閥が存在するため、出身大学によっては就職後もさまざまな場面で苦労することもあります。

大学は多くの人が18~22歳までの時期を過ごす場所です。その多感な時期に自由な空気に触れることはその後の人間としての成長にも影響します。ただし、そのための費用がネックになるということです。

進路の決め方は人それぞれですから、あなたに合っている道・挑戦したい道を探していきましょう。

高卒で就職すること

職人

次に高卒で就職する場合のメリットとデメリットを見ていきましょう。高卒で就職する場合は、職人や公務員と言ったケースが多いのですが、それ以外の職種に就職する場合も含めて包括的に特徴を挙げてみました。

高卒で就職するメリット

1.早く社会人の一員として活躍することができる
2.学生と比べ自由に使えるお金が多い
3.早いうちにお金を貯めて結婚できる
4.高卒者でないと採用されない職種もある

高卒で就職する最大のメリットは何といっても早くから独立して生活できるだけの給料を稼ぐことができる点でしょう。

学生と比べて自由に使えるお金も多く、社会経験などもその分多く積むことができます。

また、お金に余裕があるため結婚が早いのもポイントです。現業職の一部では高卒者しか採用しない仕事もあるなど、メリットは大卒に引けを取りません。

高卒で就職するデメリット

1.就職したくても求人の募集が圧倒的に少ない
2.後から入ってきた大卒の方が高収入を得ることもある
3.大卒限定の転職先に応募できない
4.生涯年収で大卒より下回ることが多い

高卒で就職するデメリットは、やはり就職先が限られている点です。高卒採用の求人はそれほど多くはなく、また単純労働・肉体労働の仕事が多いのが特徴です。

技術の高さを要求する仕事はあまり多くはありません。また給与も大卒と比べて低いため、長い目で見た収入面で大卒を下回ることもあるのです。

このように、高卒で就職する場合はメリットデメリットともに金銭面が挙げられます。早く収入を得ることができるものの、トータルで見ると少なくなってしまう傾向にあると言えるでしょう。

高卒で就職できる求人はどんなものがあるのか?

事務職

では、高卒で就職する方法を具体的に考えていきましょう。求人情報サイトのDODAでは、学歴を問わない求人案件が数多く掲載されています。案件の多い順に人気の就職先ランキングを紹介します。

1. 飲食系

幹部候補や店長候補として飲食店の店員を募集しています。接客業(ホールスタッフ)だけではなく、調理担当などさまざまな部門での募集をしており、将来的な独立やのれん分けも制度として整備されている会社もあります。

2. 一般事務系

企業における総務経理や一般事務といった事務系の仕事の募集です。多くは日商簿記3級程度の資格を必要としており、商業高校出身であれば難なく対応できるでしょう。

3. 営業職

営業職という仕事自体が学歴はあまり関係なく実力主義という風潮があります。コミュニケーション能力を持っていれば高卒でも十分対応できる仕事と言えます。

ただ、平均残業時間がTOP10にランクインしており、41.9時間というデータがあります(参考:DODA)ので、勤務時間の長さはある程度覚悟しておいたほうが良いかもしれません。

4. ショップ店員

携帯電話販売店やアパレルブランド販売店など、接客業務の募集です。こちらもコミュニケーション能力を求められます。

5. メンテナンス

車の販売店や工場などにおける機械整備の仕事です。工業系の高校である程度の技術や資格を身に付けていれば、難なく対応できる仕事であると言えます。

このように、高卒で就職する場合は比較的人と接する仕事が多い傾向があります。また、簿記や自動車整備といった専門知識を必要とする仕事もあり、その場合は専門系の学科を卒業していることが条件となる場合もあります。

決してフリーターになってはいけない理由

ゲームするフリーター

高卒で就職も進学もせずにフリーターで生活を志す人もいるかもしれません。結論から言うと、フリーターだけは絶対にやめておいたほうが良いと断言できます。

なぜなら、一度フリーターという立場になると、そこから抜け出すために相当な壁があるからです。

これは大卒にも共通して言えることですが、職歴のブランクは転職活動の際に致命的なマイナスポイントとなります。

会社倒産などのやむを得ない理由を除き、良い評価にはつながりません。ましてや卒業して即無職という経歴だと、書類選考を通過することすら難しくなってしまいます。

大卒と違い、高卒の場合は希望者の就職率が90%を超えており仕事がないという状況はあまり考えられません。学校も就職に関しては全面的にバックアップを行いますので、就職するならば正社員として勤務するルートを選択してください。

まとめ

資格の勉強をする女性

高卒で就職することは、大卒者よりも一歩早く社会へ旅立つことを意味します。社会の厳しさを一早く体験し、自分の力とすることができるのです。その分、仕事力や生活力も早めに身につけることができます。

また、民間企業だけでなく公務員採用試験も受験することができます。多くの自治体が高卒者枠を設けており、試験に合格すれば公務員になる道が開けます。比較的競争率も低いため、大学へ行かず高速で公務員を目指す人も増加しているようです。

ただし、就職の受付窓口となる場所を間違えると、こんなはずではなかった・・・という結果を招きかねませんので、どこにサポートしてもらうべきかは考えなくてはいけません。

おすすめは転職サイトのDODAです。学歴不問経験者歓迎の求人案件が数多く掲載されていて、もちろん高卒の就職も積極的に相談を受付していますので、ぜひ有効に活用してみてください。一度社会人経験をしておけば、転職活動も経験者枠で応募することができます。数年先を思い描ける選択をDODAで実現しましょう。

高卒で社会人になる人向けQ&A

 

f:id:worqlip:20170704100345j:plain

高卒で就職するならどこがおすすめ?

優良企業で働きたい、収入を安定させたい、休みもしっかり取りたいなど、この先、何十年も社会人として生きていくのですから、色々な希望があると思います。

ですが、高卒で就職するとなると、内定がもらえるのだろうかと心配になりますよね。就職のしやすさでいうなら、上の就職先ランキングにあるように、販売業、接客業、営業職、肉体労働といったところです。人気度でいうなら「とにかく大手!」と考える人は多いです。

やはり中小企業と比べると収入が高い、安定しているというイメージがありますから。とはいえ、まずは高卒後すぐに就職することが重要ですから、中小企業で数年間、経験と技術を積んだ後で次の道を検討するという方法もあります。

大企業にこだわるあまり、就職できないからと来年また頑張ろうとフリーターになってしまうと、正社員になるのは大変です。フリーターだと年収も安定せず経済的にも困ってしまうことを考えると、やはり大手だけではなく中小企業への就職も積極的に検討すべきだといえます。

一人の力では限界がある

昔ほど学歴が重視されなくなったとはいえ、やはり全く影響しないというわけではありません。大卒者と比べると求人数は少ないですし、就職後も出世が難しい企業もあります。

高卒だから仕事は選べない・・・と、採用されること重視で就職活動をした結果、ブラック企業につかまってしまうリスクもあります。

そんな中で、ホワイト企業で働く・希望とする企業で働くためには、やはり自分の力だけでは限界があります。おすすめの就職先よりも、就職サイト・転職サイトの利用することをおすすめします。

デスクワークの仕事がしたいのだけど・・・

デスクワークが主となる職種は、事務系やコールセンター、webデザイナー、エンジニアなどが思い付きます。どれもパソコンを使いこなせていないと出来ない仕事ですし、資格取得で有利に動くこともあります。

高卒で就職した場合、もちろんデスクワークの仕事はありますが、やはり商業高校で資格を複数取得しているほうが断然採用率は高いです。商業以外の高校であれば、事務系の資格を出来るだけ取得しておくことをおすすめします。

資格は、簿記3級、秘書検定、医療事務、MOS Excel(Word)スペシャリストなどがあり、独学で受験できるものからスクールに通う必要があるものまであります。あなたが興味のある職種は、どんな資格を持っていたら有利になるのか調べておきましょう。

デスクワークはパソコンの技術が必須になりますが、特別なことをやろうとするよりも基礎的な部分を徹底して身につけておきましょう。ブラインドタッチができるようになる、ショートカットキーを使いこなせるようになる、エクセルやワードにある機能を一通り把握しておく、関数やマクロを覚える・・・など、ひとつひとつのパソコンスキルが効率化に繋がります。

サービス業って具体的にどんな仕事?

高卒で就職するなら、サービス業に就くことも多いです。どんな種類があるかというと、宿泊・レジャー・郵便・通信・外食・運輸、コンサルティング・金融などが当てはまります(Wikipediaより)。

高卒での就職だと高時給・高収入は望めない?

大卒と比べると、高卒者は就活に苦労する可能性はありますし、収入面でも差をつけられてしまいます。厚生労働省の調査によると、学歴別の平均初任給は大卒で約20万円なのに対し、高卒だと約16万円となっています。更に30~34歳になるとその差はより大きくなり、大卒が約31万円、高卒だと25万円なのだとか・・・。

ですが、高収入が望めないからといって、正社員としての就職を見送り、フリーターになるのはおすすめできません。高卒での就職はブランクがあるほど厳しさは増していきますから、若いうちは収入よりも社会人として濃い経験をし、正社員として働くことを重視しましょう。

高時給・高給料をもらうためにやるべきこと

上の金額はあくまで平均ですから、中には高卒で就職して早いうちに一人前の技術者になり、給料が高い人もいます。また、起業して高年収を達成した人も。

高卒の就職で経済的な成功を収めるためにおすすめなのは、高給料をもらえる国家資格の取得を目指すこと。資格は高卒でも取得できるものがたくさんあって、稼げる資格と言えば、ファイナンシャルプランナー、社会保険労務士、中小企業診断士、宅地建物取引士あたりが有名です。どんな仕事をするのかももちろん重要ですが、まだ将来が見えていないなら、年収が高い仕事を目標に勉強を始めるのもひとつの方法だと思います。

資格を活かして就職できれば、そこから技術を磨き一人前を目指し、収入UPの道も開けてくるでしょう。

もしくは、歩合制の仕事に就き実力で勝負する、初期費用が安くて済むネットビジネスに挑戦するといったことも面白そうですが、誰もが高収入を得られるわけではないのでハードルは高いです。

高卒で女性、就職活動のコツは?

今の仕事を辞めたら転職は難しいと感じている女性、育児と仕事の両立に自信がない女性、そして高卒だと就職活動は大変なのではと不安になっている女性は少なくありません。

改善されているとはいえ、働くうえでは男性のほうが給料や待遇が良いとされるのは、今も残っている慣習ですから、そう思うのも無理はありません。

ですが、女性の活躍はめざましいものがあります。高卒の就職率を見てみると、男性は98.5%なのに対して、女性は97.4%。また、大卒の就職率においては男性より女性のほうがわずかに高くなっています。

就職率を見ても分かるとおり、高卒だから、女性だから不利になるということはかなり少なくなってきました。ただ、女性が活躍できる就職先の決め方は次の点を重視しなくてはいけません。

女性がキャリアアップできる職場なのか、結婚・妊娠・子育てなどライフステージが変わった時の両立支援環境が整っているか、女性の役割が限られていないか、長時間労働が当たり前になっていないか・・・などなど、見るべきポイントはいくつもあります。

ですが、実際は高卒という早い段階で社会へ出る不安、どんな職種にすべきなんだろう・自分は何がしたいんだろうという迷いで、色んなことを一度に考えるのは大変です。だからこそ、就職サイト・転職サイトが必要になるのです。

求人を見たり、女性が活躍できる人気の職種ランキングなどの情報収集も大切ですが、やはり就職・転職のプロが寄り添ってくれると安心感が違います。

高卒の就職活動だと大手企業は難しい?

求人案件の中には、学歴が必要なところもありますが、学歴を問わない大手のホワイト企業もたくさん見つかります。高卒であることは影響するにはしますが、やり方次第では良い待遇での大手企業への就職も可能です。そのやり方として最適なのが、やはり就職・転職エージェントの活用になります。

効率的な情報収集ができますし、悩み事や問題にぶつかってしまったときにプロに直接相談できる仕組みが整っているのもメリットです。

わからないことだらけの中で、就職・転職活動をしていくのは本当に苦労します。決断するのはあなた自身ですが、そこに至るまでのサポート体制はあるに越したことはありません。

「未経験歓迎」はチャンス?

求人情報を見ていると、未経験歓迎と記載されている募集もチラホラ見かけると思います。未経験歓迎としている企業は、若いうちから育てたい・経験よりもやる気重視・自社の研修制度が充実しているから経験の有無は問わないといったことを考えています。高卒での就職は、若さとやる気が武器になりますから、採用される可能性は十分にあるでしょう。

休みが多い仕事って何?

休みが多いとホワイト企業なのだろうという安心感があると思います。高卒での就職活動は、職種や企業を選べない・贅沢は言っていられないというイメージがあります。もちろんそういう面はありますが、まずは自分が希望していることは何なのかを明確にするのは大切です。

お給料は17~18万くらいは欲しい、30分以内で通勤できる場所がいい、休みが多い仕事がいいなど色々ありますが、その中でも休みが多い仕事についてピックアップします。

転職エージェントDODAの調査によると、休みが多い業種は、自動車・輸送機器メーカー(135.2日)/電子・電気部品・半導体メーカー(132.7日)/医療機器メーカー(130.5日)などがあり、TOP5は全てメーカーです。

135日ということは、月で割ると11日くらいですから確かに休みが多いですね。

ちなみに、休みが少ない業種1位はコンビニで95.8日でした。休みが多い業種と少ない業種とでは40日以上も日数が違うというのは驚きです。

高卒での転職活動は大変?

高卒で就職して数年勤めた後、転職しようと考えた時、学歴が足を引っ張るのではないかと不安になることがあります。これに関しては、職種や各企業の考え方にもよるので全く影響しないとは言えません。ですが、転職が厳しくなってしまう要素は学歴に限らず、年齢や未経験であることでも引っかかるものです。

大切なのは、たくさんの求人情報をチェックできる環境をつくることです。転職エージェントに登録して、気になる募集を見つけたらお気に入りにいれておき、後でじっくり比較検討してみてください。また、アドバイザーの存在も重要になってきますから、相談に乗ってもらうと良いでしょう。

高卒でプログラマーになれる?

高卒OK、未経験OKでプログラマーを目指すことはもちろん可能ですし、求人募集もあります。高卒の就職でプログラマーになりたいと考えているなら、就職活動は意外にあっさりと進んでいくでしょう。ただし、勤めてからが大変です。専門的な知識を身につけなくてはいけませんし、かといって研修制度が充実しているわけでもない所が多いので、相当な覚悟が必要になります。