在職中に転職をスムーズに行うためのポイントと注意点

在職中の転職活動には不安がつきもの。時間の制約がある中でスムーズに転職を成功させるための方法について解説していきます。

在職中の転職はどんな問題点があるの?

在職中の転職活動の大きな問題点は「仕事との両立」。転職活動そのものを行う時間の無さと、転職できるかどうかという不安を抱えながら、在職中の仕事をこなす必要があるので、様々な苦労が待ち受けています。

転職活動をする時間が限られる

在職中期間中は通常の業務があるため、転職活動に割ける時間がどうしても少なくなります。求人情報を集めるのはもちろんのこと、面接の時間も限られ、企業側と連絡を取り合うタイミングも業務後や休日を利用することになります。転職を希望する業界によっては案件も多数ありますので、選別するのも一苦労。一人で応募先を探すのにも限界があります。

在職中の職場との兼ね合いを考慮する必要がある

転職活動を行うにしても在職中の仕事はきちんとしなければなりません。「どうせ転職するから」という態度では職場に悪影響を及ぼす上、自分自身の仕事でのミスも起こります。

また、面接の日程や時間によっては現職の仕事のスケジュールや周りで働く人との調整が必要になるため、いつでも自由に行けるわけではありません。

そのため、どうしても応募先企業から案内された日時に面接に行けず、辞退しなければならなくなることも。あなたが在職中であることを理解してくれる企業を探す必要があるのです。

在職中に転職を成功させるポイント

仕事をしながら転職をうまく行うためにはいくつかポイントがあります。現在の仕事を辞める手順の確認や資格の習得、転職を成功に導く転職エージェントとの利用などが挙げられます。

在職中の職場を辞める際の手順を把握しておく

転職活動をする上で最も必要な下準備として、在職中の職場を辞める手順を社内規約などを調べておきましょう。

内定を貰った後でもいいのではないかと思うかもしれませんが、それでは遅いです。応募先企業との面接の際に、入社可能日を必ず確認されます。この質問がとても重要で、あなたがいつから出社できるかによって採用不採用を決める要因になりますし、あなたが入社するために準備する期間はどれくらいあるかを計るために聞かれているのです。

そのため、この質問に対して明確な期日を答えられず適当に返事をしてしまうと、あなたも採用担当者も困ることになります。正確な答えをするには、在職中の会社で退職届を出すのはどれくらい前に出すべきなのかを調べることが必要。社内規約沿って手続きを行うことは最低限の社会人マナーです。

その上で仕事の人員や引き継ぎ、納期などを加味しながら退職予定日を検討していきましょう。

在職中に資格などの習得が可能であればしておく

在職中の職場で資格などの習得補助がある場合はこれらを活用しましょう。一から資格を習得するには時間もお金も必要ですが、在職中の仕事に関わることであれば比較的習得しやすく、企業によっては資格習得のための補助金を支給してもらえます。

これらを利用して、効率的に今あるスキルを資格という目に見えるものにしておくことで、転職で有利に使えます。もちろんこうした資格習得申請を行う際「転職のため」と言うのは避けましょう。

あくまでも「スキルアップのため、自分の知識を確認するため」という理由にしましょう。そうすることで、資格習得を頑張っているという好評価にも繋がります。

転職エージェントと相談して、在職中であることを考慮してもらえる応募先を探す

転職活動をする時間も少なく、なかなか案件を探すのも一苦労な人は転職エージェントに力を借りるのも1つの解決法です。

転職エージェントはあなたの希望する条件に基づいて、履歴書や職務経歴書からぴったりな案件を紹介してくれるので、自分で探すよりも効率よく内定を獲得できる可能性が出てきます。また、連絡方法や時間帯についても柔軟に対応してくれますので、そういう意味でも、在職中の転職活動には欠かせないサービスと言えます。

一人で情報収集をしていると、ついつい希望を優先しがちですが、それだけではなかなか転職を成功させることはできません。

しっかり自分のキャリアを第三者から見て評価してもらい、適した案件に応募することが転職の近道になります。それ以外にも、応募先企業に合わせた履歴書や職務経歴書の書き方や添削、退職理由や志望動機といった面接アドバイスなど、様々なサポートを行なっていますので、一人で転職活動をするより効率良く物事を進められます。

在職中の転職で気をつけたいところ

在職中の転職は注意すべきこともあります。現在の仕事をしっかり行うことや転職活動していることを職場に人間に漏らさないことが大きな注意点でしょう。

在職中の仕事を疎かにしない

転職活動中や内定習得後も在職中の仕事は全力で取り組みましょう。これは綺麗事ではなく、スムーズに後腐れなく退職するために必要なことです。現在抱えている仕事をキリよく終わらせ、後任に引き継ぎ、あなたが退職した後も業務に支障がないように配慮しましょう。そうすることで、転職する際に嫌な顔をされることなく「お疲れ様」という気持ちで送り出して貰えます。

逆にもし転職が決まった後に適当に仕事をして、全く引き継ぎもしなかった場合はどうなるのでしょうか。もちろん退職日が決まっている場合、退職は可能ですが、決まっていない場合は退職を認めて貰えず、転職先の入社日の変更をしないといけなくなるかもしれません。

法律的には会社に退職を認めない権利はありませんが、揉め事はないに越したことはありません。また、企業同士がどのように繋がっているかわからない時代ですので、あなたの勤務態度が転職先に伝わってしまうことや取引先となった際に不利益を被る可能性も十分に考えられます。最後まで気を引き締めて仕事に励むようにしましょう。

在職中の職場で転職活動していることを言わない

転職は珍しいことではありませんが、会社に対する裏切りであると捉える人も少なくありません。
あなたからすると、慣れない転職活動による不安で、身近な人に話を聞いてもらいたいかもしれませんが、いくら良好な関係が築けていたとしても、社内の人に話すのはデメリットが多いと思っておいたほうが良いでしょう。

特に直属の上司や教育指導に携わった担当者からすれば「自分があなたのために割いた時間はなんだったのか」と思う人が多いのです。

また、忙しい時期に転職活動を行なっていることが社内で知れ渡ってしまうと「一人だけ逃げようとしている、裏切り者だ」と陰口を叩かれる可能性もあります。噂だけならまだしも、露骨な嫌がらせや転職活動できないように仕事を押しつけて残業を増やす、有給休暇を取得しようとしても「面接に行くのではないか」と思われ、認めてもらえないといった悪質なケースもあります。

転職活動していることは社内の人間に相談するのを控え、内定が決まってから報告すべきタイミングで上長や関係部署に伝えましょう。転職活動がうまく行かず不安な時は、転職エージェントに相談しましょう。知識と理解のあるエージェントに相談することで、不安を解消し前向きに転職を進められるでしょう。

まとめ

在職中に転職活動する時は一人で悩まず、転職エージェントを利用しましょう。特に、忙しくてなかなか時間の取れない人や、初めての転職でアドバイスが欲しい人は最初から転職サイトではなく、転職エージェントに登録して、専門家のサポートを受けることがベストな選択と言えます。

「自分の転職先は自分で見つけたい」と考えるかもしれませんが、転職サイトの案件の中にはブラック企業も混在していることがあります。それを素人判断で見分けるのは難しく、失敗してしまうケースも。転職エージェントも案件をいくつか提示してくれることがほとんどですので、自分で選ぶ選択肢もきちんとありますので、利用するメリットのほうが明らかに多いのです。

専門家によるアドバイスや添削をフル活用して、転職を早期に成功させましょう。転職エージェント大手のリクルートエージェントでは、そうしたサポートに加え、リクルート独自の調査による企業データや未公開案件などを転職活動している人に合わせて提供しています。

転職相談は平日のみならず、土曜日や空いた時間に合わせた電話対応なども行なっていますので、是非一度登録して、相談してみてはいかがでしょうか。