読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

休職期間中の転職活動はNGではない?次が決まればそのまま退職もあり?

休職期間中に転職活動をすることはいけないことなのか?

このような質問を受けることが度々あります。休職というのは仕事をせずに会社に籍を置いている期間であり、休職者は少なからず会社に対する恩義を感じているため、その期間に転職活動を行うことは「会社に対する裏切り」と考えてしまうようです。

しかし、結論から言うと休職期間中の転職活動はNGではありません。むしろ有利に転職活動できるチャンスでもあります。

そこで今回は休職期間中の転職活動について、その考え方や注意点などをお話しいたします。

急増する「休職者」とその背景

社会構造の変化や働き方の多様化とともに、企業の従業員を取り巻く環境も年々厳しさを増しています。それを裏付けるように、ここ数年休職者の数も増加しているそうです。

日本生命保険相互会社が平成28年1月19日に発表した「これからの福利厚生のあり方について」レポートによると、従業員1000人以上の企業や官公庁において過去5年の間にうつ病などの精神疾患を患うメンタルヘルス不調による休職者が増加したと回答した企業は全体の5割近くにも上っています。

企業規模の小さい所においてはそれ以上であると推測されるため、日本企業における従業員のメンタル面の健康状態は、より厳しくなりつつあると見るべきでしょう。

もしも重度のうつ病になってしまったら、自ら命を絶ってしまうリスクすらあるのですから本当に怖いです。診断書の提出や自身の状況を説明していく中で、会社の人に理解してもらう必要があります。

休職期間中の過ごし方いろいろ

いずれにせよ、休職期間中はゆっくりと体と心を休めることが基本です。

特にメンタルヘルス不調により休職を余儀なくされた方の場合、「みんな一生懸命仕事をしているのに、自分だけサボっているみたい」「ここままじゃ職場のみんなに迷惑をかけてしまう」と、自分を責めてしまう方向に考えがちです。

これだと、ストレスが和らぐどころか心身ともに疲労が溜まってしまう一方です。

しかし、休職というのは「復職した時にまたバリバリと働いてもらうため」に会社が設けた制度。

従って、休職期間中はゆっくりと休職の原因となった怪我やメンタルヘルス不調に対処し、好きな音楽を聴く、家族と会話する、小旅行に行くといったようにリラックスして過ごすことが大切です。

休職期間に転職活動をしてもよいのか?

一方で、メンタルヘルス不調を原因として休職している方の中には、元の職場に復職することにより再度メンタルヘルス不調に陥ることを恐れ、休職中に転職活動を行う方もいます。

実際に行動に移さなかったとしても、求人情報だけはチェックしているという方はもっと多いでしょう。

休職の原因がメンタルヘルス不調であり、勤務中のハラスメントや過重労働が原因である場合、復職すれば症状を再発してしまう危険性は十分にあります。明らかなブラック企業に勤めている場合は、今度は絶対にホワイト企業との出会いを果たしたいです。

このようなケースにおいて、休職期間中に転職活動を行うことはルール違反でもなんでもありません。倫理的にどうかという意見もありますが、自分の将来がかかっているわけですから誰にも止める権利はありません。

むしろ、精神的・肉体的に疲労もなくリフレッシュされた状態で新しい仕事を始められるのであれば双方にとってメリットがあると言えます。

ただし、転職活動は在籍中の会社にバレないように行うように配慮することは必須です。会社としては「復職を前提とした休職」という位置づけであるため、休職中に転職活動を行っていることが判明すれば何かしらの処分を課されることがあります。

例え休職中で無くとも、内定をもらうまでは現在在籍している会社にバレないようにすべきというのが鉄則ですね。

転職活動に割ける時間はいくらでもあるのが強み

休職期間中に転職活動を行うことのメリットとはどういうものでしょうか?

最も大きなメリットは「時間があること」です。転職活動は何かと時間を必要とします。

候補となる企業の情報を集めてピックアップしたり、履歴書や職務経歴書などの書類作成をしたり、面接を受けたり・・・と、普通に働いていたらなかなか前に進まないこともあるほど忙しいです。

しかし、休職期間中は転職活動に多くの時間を費やすことが可能。じっくりと落ち着いて転職活動に取り組むことが可能であるため、心に余裕が生まれます。面接の日程も組みやすくなり、意外と早く次の仕事先が見つかる可能性も高まります。

次が決まっても決まらなくても立場は保証されている

休職期間中に転職活動を行うことのもうひとつのメリットは、転職が成功しても失敗しても無職にはならないということ。

希望通りの企業に採用が決まれば、そこで新たなキャリア構築を行えば良いですし、逆に転職がうまくいかなくても復職すれば慣れ親しんだ職場で活躍することもできます。つまり、どちらに転んでも無職になることはなく、将来の不安は当面考えなくてよいことになります。

このメリットは意外と大きく、特にメンタルヘルス不調で休職している方にとっては、将来が見通せないことによる不安から解放されるという点が大きいと言えます。失業する心配が無いため、思い切ってアクティブな転職活動ができるのです。

あくまでも優先すべきは現在の勤務先

このようにメリットのある休職中の転職活動。しかし、忘れてはならないのが今は「休職中」であり、出社していないとはいえ会社に籍が残っているということ。

そして、休職中にしっかりと回復し、復職してまた休職前と同様にバリバリ仕事をするということが前提であるのです。

従って、道義的観点から言っても、会社には転職活動を行っていることは決してオープンにせず、休職中に次の仕事先が見つかったならば速やかに復職して引継を行う必要があります。

また、休職していたことは次の勤務先にはしっかりと話しておきましょう。仮に黙っていたとしても、源泉徴収票を見ればすぐにわかります。新しい会社へ入社してから前職での休職が明らかになってしまうとマイナス評価につながる可能性は否定できません。

このように、休職期間中の転職活動にはさまざまな注意すべき点があり、自分ひとりですべてをスムーズに進めるにはハードルが高いのではないでしょうか。

転職エージェントを活用し休職期間の転職活動を成功させよう!

休職期間中に、現在の勤務先に迷惑をかけず、新しい勤務先にも悪い印象を与えずにスムーズな転職活動を実現したいと考えているなら、転職エージェントサービスの活用をおススメいたします。

転職エージェントでは、休職期間過ごし方や休職期間中の転職活動について、転職の専門家であるキャリアコンサルタントがさまざまな事例を基に適切にアドバイスしてくれます。特に転職経験がない人にとっては心強い味方となってくれるでしょう。

現在休職中であることをマイナスに取られないように、応募先の企業へしっかりとあなたのスキルや経験を伝え、面接をクリアできるよう調整もしてくれます。

転職エージェントは転職活動のプロフェッショナル。休職中に注意すべきことや求職理由について面接で聞かれそうなこと、そしてその上手な回答方法を事前に組みたて、模擬面接などでしっかりと準備して臨むことができるのです。