WORQLIP

元転職エージェントのここだけの話

グローバルに活躍できるビジネスマンになる!丸紅への転職はこうやって成功させよう!

日本を代表する総合商社である丸紅株式会社。三菱商事や三井物産・伊藤忠商事などと並んで就職人気も高く、会社説明会などでは多くの学生が列をなしています。転職先としても大人気であり、多くのエリートビジネスマンが丸紅への転職を目指しています。

憧れの海外勤務を実現することも可能な丸紅での勤務ですが、人気企業だけあって当然採用選考は狭き門。キャリア採用であればかなり高い実績とスキルが求められることはいうまでもありません。

そこで、今回はそんな人気の総合商社丸紅へ転職するにはどのようなスキルが必要となるのか、どのような転職活動を行えば良いのかをご紹介いたします。

丸紅とはどんな会社なのか?

丸紅は、三菱商事、三井物産、住友商事、伊藤忠商事に並び「日本の5大総合商社」と呼ばれている日本を代表する大手企業の一つです。

創業は1858年。長い歴史の中で築き上げた国内外企業とのネットワークを通じて、食料、紙パルプ、エネルギー、情報などの幅広い分野での輸出入や国内取引、各種サービスや事業への投資や開発など、幅広い分野を手がけています。

2017年4月の時点で、世界66ヵ国、131ヵ所に拠点を置き、連結対象会社の数は438社。グループ総従業員の数は39952人、2016年度のグループ純利益は1554億円。経営力が高く、世界各地で活躍している大手総合商社です。

グループの中核となる丸紅本体が展開する6つの営業グループの中にあらゆる部門があり、構成は下記の通りです。

◇生活産業グループ(5部)

穀物本部、食品本部、ライフスタイル本部、情報・物流・ヘルスケア本部、保険・金融・不動産本部

◇素材グループ(3部)

農業化学品本部、化学品本部、紙パルプ本部

◇エネルギー、金属グループ(3部)

エネルギー本部、鉄鋼製品事業本部、金属資源本部

◇電力・プラントグループ(2部)

電力本部、プラント本部

◇輸送機グループ(3部)

航空・船舶本部、自動車・リース事業本部、建機、産機本部

丸紅の社風と待遇は?

転職を考える人たちにとって、総合商社の大きな魅力の一つは「年収の高さ」です。

丸紅のホームページに掲載されている採用情報によると、初任給は一般職の場合は大卒・院了が205,000円、短大卒が185,000円。総合職の場合は大卒で240,000円、院了で275,000円と平均より「少しだけ」高いかなという程度です。

しかし、丸紅の魅力はアップ率の高さにあります。

公開されている丸紅の有価証券報告書によると、平均年収は1,226万円(平成29年)。初任給からの給与の伸び幅が大きく、30代の半ばには年収1,000万円を超える人も少なくありません。管理職では年収2,000万円以上の人もいます。

社是は「正・新・和」

「いつの時代も信頼を得るために正義を貫き」「新な分野への挑戦の心を忘れず」「個人の強い力が団結してこそ存在感を発揮できる」という意味が込められ、今も受け継がれています。

ほかの総合商社に比べ若手に裁量権が与えられることが多く、チャレンジする姿勢が好まれる社風です。また若手がグローバルに活躍できる環境が整っていることも、特徴の一つに挙げられます。

また、女性が持続的なキャリアを形成し活躍できる場の創出にも積極的です。

育児と仕事の両立ができるようなサポート体制が整っており、「妊娠休暇」「ファミリーサポート休暇」、男性社員の育児休業を一部有給扱いにする「育MEN休業」などの制度も設けているなど、福利厚生も充実しています。

このような取り組みが厚生労働省より評価され、「女性の活躍推進に関する取り組みの実施状況が優良な企業」として、「えるぼし」企業の認定を受けるなど、その取り組みは高く評価されています。

丸紅の仕事内容と職種

洋服や靴などの身近な物の輸出入から、飛行機のエンジンや宇宙開発まで幅広い事業を展開している丸紅。その事業内容・セグメントは「生活産業」「電力・プラント」「エネルギー・金属」「素材」「電力プラント」「輸送機」の6つです。

なかでも穀物トレーディンングの取扱数量は業界ナンバーワンの6700万トン、日本のコーヒー消費量の約30%を取扱うほどの規模となっています。

また特殊専用船を運用したエチレントレードシェアは、世界貿易市場の30%のシェアを占め、国内IPP(Independent Power Producer:独立発電事業者)として、10,743ワットという国内トップクラスの持分発電容量を持っています。

併せて、「インドネシアでの植林事業への展開」「新興国への安定したエネルギーの供給」「フィリピンの上下水道調整事業」など、ビジネスを通じた社会的課題への取り組みへも率先して行っています。

丸紅に転職するために必要なスキルとは?

まず何といっても「語学力」を問われることは当然のことです。特に、世界共通語である英語については高いレベルでコミュニケーションをとることができるスキルが必要です。

商社で働くうえでビジネス英語は必要不可欠なスキルあり、可能性を広げるツールの一つであると念頭に置いておく必要があります。

なお、スキルレベル的には「TOEIC730点以上」が一つの目安になっています。

また、これまでの業務経験で培ったスキルも重要視されます。中途採用の応募要件を見てみると、「電力アセットマネジメント部」では「5年程の火力発電所での勤務」、「金属資源開発部」では「国内外の鉱山開発事業に3年以上勤務した経験」「英語とスペイン語の能力」と細かい条件が挙げられており、より専門的な知識と現場経験を持つプロフェッショナルな人材が求められています。

求める人物像に関しては「画一的に定めていない」としつつも、自社のホームページには、「やる気とチャレンジスピリットに溢れ、変化に対し挑戦する気構えと、社会のニーズをとらえる感性を持ち、自ら課題を見つけ、考え、行動に移せる方と一緒に働きたい」と記されており、熱意を持って前向きに仕事に取り組み、将来的にはリーダーシップを発揮できる人材を欲していることが伺えます。

丸紅に関する口コミあれこれ

・ビジネスのスケールが大きくやりがいがあり、若手社員でも比較的責任ある仕事を任される。
・入社1年目から貿易実務やビジネスの基礎に関する研修が充実しており、スキルアップが早い。
・若手社員が多く風通しは良い。上司や先輩に相談しやすく仕事がしやすい。
・比較的、有給が取りやすい職場環境である
・フレックス勤務制度が充実しており、子育て中の女性も働きやすい。
・総合商社なので給与水準が高く、賞与額を不満に思ったことはない。
・20代の全社員に海外経験を義務付ける制度を導入している。
・時差のある海外とのやりとりがあるため、夜間に会社待機となることもある。
・体育会系出身者が多く、飲み会や接待は多い。
・残業が多く、平均勤務時間が長くなってしまう

丸紅の転職者採用は?

丸紅は自社のホームページで「新卒採用情報」や「キャリア採用情報」を掲載しています。キャリア採用情報は2018年3月現在で、「総合職」の「生活産業グループ」「エネルギー・金属グループ」「電力・プラントグループ」「コーポレートスタッフグループ」の4つのグループの中にある、11の部署が募集をしています。

選考のプロセスは、ホームページのエントリーフォームから、キャリアエントリーを行い、希望の部署を選択します。その後、書類選考の結果を待ってから、複数回の面接と筆記試験で採用が決定します。

キャリアエントリーの際に希望の部署が募集を行っていない場合でも、最初にキャリアエントリーさえ行っていれば、一定期間(原則一年間)はキャリアを検討してもらえ、適した部署での新規募集があった場合は、選考への打診を受けるチャンスを得られます。

丸紅は世界レベルで活躍できる人材を求めているので経験者歓迎の企業です。キャリア入社で管理職、幹部候補としてあなたの力を発揮してください。

転職エージェントを活用し丸紅への転職を成功させよう!

このように、丸紅への転職を考える際には企業ホームページから直接応募するのも一手です。しかし、丸紅クラスの規模の企業となれば多くの希望者が殺到し、セールスポイントを上手にアピールできる人材で無ければ書類選考すら通過しないでしょう。

そこで、このような人気企業への転職を考える場合は評判の良い転職エージェントの活用を考えた方が得策です。転職エージェントでは、求人情報を数多く取り扱っているだけでなく、これまで多くの優秀な人材を丸紅へ送り込んできた実績があります。

従って、丸紅がどのような人材を望んでいるのか、どのような人材が採用されやすいのかを熟知しているのです。

丸紅の選考に通過しやすい書類の作成方法や面接官に上手くアプローチするための採用面接対策などたくさんのアドバイスを受けることができます。勤務地の相談や研修制度など具体的な質問であるほど、細やかな対応をしてもらえるでしょう。