労基へ通報は意味なし!?育児休暇取得で部署異動になり労基へ行った話

 私は、当時勤務していた会社に対して、大きな不満があり、労基(労働基準監督署)への通報を決意しました。

その状況と、私のその後をご紹介いたします。労基へ通報を検討している方に、少しでも参考になれば幸いです。

2度目の育児休暇取得で部署異動に

私は38歳女性です。以前、IT系の会社へ勤務していました。

そこは7年間勤務していた会社で、合計2回の育児休暇を頂きました。1回目の育児休暇後は同じ部署に戻れたものの、担当業務が変わったため、大半は新しい業務となりましたが、なんとか仕事を覚えてこなしていました。

そして、2回目の育児休暇取得後の職場復帰の際は、同じ部署に戻ることはできず、大きく部署移動となってしまいました。

育児休業後の部署異動は、法律ではっきり「ダメ」という風に記載されていませんが、以下のように「不利益な取扱いをしてはならない」と、曖昧ではありますが記載されています。

育児介護休業法第10条(不利益取扱いの禁止)
事業主は、労働者が育児休業申出をし、又は育児休業をしたことを理由として、当該労働者に対して解雇その他不利益な取扱いをしてはならない。

しかし、この時点で2回もの育児休暇を取得していたので、そのことに関して会社に対し文句を言うことはできず、部署異動にも応じました。

実際に、職場復帰および部署異動してみるものの、子供3人の育児をしながらの会社勤めは本当に大変なものでした。

移動先では休みも取れず残業の日々

会社では新しい業務が山盛り状態。

9~16時の時短勤務であったのにもかかわらず、フルタイムのメンバーと同じ業務をしかも兼務で強いられ、少し仕事を減らして欲しいと、直属の上司Aとの月一面で何度か交渉したにもかかわらず、結局減らしてもらえず、休みも取ることもできず、残業の毎日でした。

残業代は基本的につけにくい雰囲気だったので、あまりつけていませんでした。

職場復帰後、自分の時間も取れず、日々の生活に追われ、だんだんと家事育児もままならなくなりました。

上司からの突然の呼び出しで「懲戒免職もんだよ」

そんな時、別件で事件が起こり、上司Aに「こんなの懲戒免職もんだよ」と言われました。

その別件というのは、後輩女性が、理不尽に上司に怒鳴られ、言い返すことができずに、ミスをなすりつけられていたので、私の上司Aのさらに上司Bに直接このことをメールで伝えました。

後輩女性の上司と私の上司は同じ上司だったので、私の中では「間違っていない」という判断でした。

しかし、翌日、上司Aから呼び出しがあり、「こんなの懲戒免職もんだよ」と言われたのです。

初めは意味が分からなかったのですが、どうやら上司Aに相談することなく、上司Bに直接言いつけたことが原因だったようです。

私は、その言葉にひどく傷つき、その発言が最大のきっかけとなり、労基に相談することを決意しました。

上場企業の内部監査部門はまったく機能せず

私の勤務する会社は上場企業でしたので、一度社内の内部監査室に匿名で相談しようと思いましたが、私がその「内部監査室」の担当の1人でしたので、同じ内部監査室の男性に相談しましたが、軽く受け流されてしまいました。

この時点で、内部監査室の機能は、全く機能していないということになります。

労基へ匿名メールで通報するも返事はなし

社内の内部統制は、残念ながら機能していなかったので、まずは労基へメールを送ることにしました。

会社へ知られることを恐れ、初めは匿名のメールを送りました。内容は、「不当な育児休業後の人事異動と、根拠のない暴言について」。

しかし、匿名であるためか、1週間待ってもなかなか返事をもらうことはできませんでした。

▲労働基準関係情報メール窓口 送信フォーム
https://www-secure.mhlw.go.jp/getmail/roudoukijun_getmail.html

今度は名前を書いて労基へ通報するも返事はなし

次に、名前を書いてメールを送りましたが、この内容では緊急性が低いと思われているためなのか、メールの対応は後回しなのか、1週間待っても特に返事が来ることはありませんでした。

労基へ直接電話するも「大丈夫ですよね?」

今度はさらに勇気を出して、名前を出して電話を掛けてみました。

つながりはしたものの、話し中が暫く続き、時間をおいてようやく繋がりました。

「不当な育児休業後の人事異動と、根拠のない暴言について」を話しましたが、電話に出た担当の方は質問をしながら話を聞いてくれるものの、「相談」という感じで「特に大丈夫ですよね?」と言われてしまい、あっけなく電話相談として終わってしまいました。

後日、再度労基に電話を掛けることにしました。今度はもう少し、切羽詰まった感じと緊急性をプラスして伝えました。

すると、電話に出てくれた担当の方が前回と違っていたというのもあるのか、前回よりも話を聞いてくれました。いずれにしても、何らかの「証拠」はないかと聞かれました。

「懲戒免職」と言われたときは、会議室に呼ばれて二人きりで言われたので、ボイスレコーダーも何も用意をしていなく、特に証拠はない状態。上司Bに直接伝えたときのメールはありますが、それ以上の証拠は、ありません。

とりあえず、証拠になりそうなものを探して、時系列で状況を教えてくださいとのことでした。

また、遠回しにですが、給料や残業の未払い、不当解雇、休日がないなどの案件と比べると、やや緊急性や重要性が低くなるというような言い方されました。

数日後、証拠となりそうなメール、チャットなどを探し、後日訪問しました。

労基の方は、話を聞いてくれるものの、やはり、緊急性、重要性という面では優先順位は低いようで、なかなか話は進みませんでした。

且つ、私は会社にばれたくなかったため、できれば匿名で行きたいと思っていましたが、調査が入るには、名前や連絡先などあったほうが、より優先度は上がるというような言い方をしていました。

担当の方は、顔色を変えず淡々と話していたのが印象的です。こういうことで、労基へくる方はたくさんいるのだろうなという印象を持ちました。

私は、まだ名前を明かすまでは勇気がなく、一旦その日は労基を後にし、岐路につきました。

名前を出して労基へ通報する事を決意

数日後、再度よく考えた末、自分の名前を出して、「不当な育児休業後の人事異動と、根拠のない暴言について」、再度改めて労基へ「通報」することを決意しました。

これは、私にとってかなり勇気がいることでした。ここまで来て後戻りはできないという想いで揺れ動いていましたが、もし今回でだめなら、もう諦めようと思いました。

なぜなら、この労基に対する労力と時間、精神的な苦痛を考えると、会社を辞めて新しい仕事を探す方がよっぽど楽だと思ったからです。そのくらい、私にとって心身ともに苦痛なものでした。

名前と連絡先を伝えることで、優先順位が上がると思い、思い切って、連絡先を伝えることにしました。

その後、詳しい状況を聞かれ、メールやチャットなど資料となり得そうなものを紙に印刷して資料として持参しました。そして、その日以降毎日ドキドキしながら、会社に調査が来るのを待つことになりました。

結局労基の調査は入らず私は退職へ

ところが、何日経っても労基からの「調査」は、入りません。

会社の電話が鳴るたび、会社のインターホンが鳴るたび、FAXが来るたび、私の中で緊張が走りました。

そうした日々を2週間くらいでしょうか、過ごした頃、もうその緊張感から解放されたいと思うようになり、もう会社を辞めることを決意しました。

労基への通報経緯

私の場合となりますが、労基への通報経緯をまとめました。

労基へ匿名のメールを送付→1週間返信なし

名前を記載し、労基へメールを送付→1週間返信なし

名前を出して電話→あっけなく「電話相談」として終了

緊急性をプラスし、名前を出して再度電話→何か信ぴょう性のある証拠はないかと聞かれる

メール、チャットなどの証拠となり得そうなものを持参し、後日訪問→連絡先を伝える勇気がなく一旦帰宅

後日、勇気を出して、名前と連絡先を出して、改めて「通報」する→調査が入ったかどうかは不明

結局、心身ともに耐えられなくなり、退職を決意

退職

私は覚悟をしていたようで実際には覚悟ができていなかったため、中途半端なやり取りが多くなり、最終的に自分の身が持たなくなり、退職を決意しました。

これから労基へ「通報」を考えている方へのアドバイス

もし、これから労基へ通報しようと思っている方がいましたら、通報する際には、名前と連絡先を伝える覚悟はあるか、通報したことが会社にばれたとしてもその覚悟はあるか、会社を辞める覚悟はあるか、会社と戦う覚悟はあるか、ということを念頭に入れておくべきです。

絶対にばれるということはありませんが、絶対にばれないとも言えないからです。

気軽に相談だけするのであればいいのですが、本気で覚悟をもって「通報」する際は、それ相応の覚悟を持って「通報」すべきです。

安易に気軽な気持ちで、名前も出さずに、ばれずに通報したとしても、いずればれてしまう可能性があるということです。

<これから労基へ通報しようと思っている方へのアドバイス>
・名前と連絡先を伝える覚悟はあるか
・労基へ通報したことが会社にばれたとしても、覚悟はあるか
・いざというとき、会社を辞める覚悟はあるか
・会社の人と戦う覚悟はあるか

さいごに

私のような「不当な育児休業後の人事異動と、根拠のない暴言について」などは、優先順位が低くなってしまうと感じました。

また、労基への「通報」には、それ相応の覚悟が必要ですし、そこまで戦う覚悟がなければ、通報しない方が自分のためだと感じました。私の経験がどなたかの参考になれば幸いです。

 

寄稿 まゆ