読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新卒で会社を辞めたいは甘え?3年以内に退職しても良い人ダメな人とは?

内容通知書

厳しい就職戦線を勝ち抜いてようやくつかんだ内定。

希望に胸を躍らせ社会人になったはいいものの、「何か違う。これじゃない」という思いが日に日に強くなり、「辞めちゃおうかな」と考える人もいるでしょう。

でも今度は短期間で退職した根性の無い若者という先入観で見られ、転職活動も難航するのでは・・・と考えなかなか退職に踏み切れないもの。そこで今回は新卒で就職したにも関わらずほんの数か月で退職したいと思った時にはどうすればいいのかを考えてみましょう。

新入社員の3年以内の退職率は・・・?

入社

新卒で会社に就職し、忙しい毎日を送る中でふと自分の仕事に疑問を持った経験のある方は多いでしょう。また、入社前に思い描いていた社会人のイメージと今の自分があまりにもかけ離れており、その現実に打ちひしがれてしまうこともあるでしょう。

実は厚生労働省の調査によると、新規学卒者が3年以内に会社を離職してしまうという、いわゆる「新卒3年以内離職率」は全体の3割を超えるというデータがあります。実に10人中3人の新卒者が入社して3年以内に退職しているのです。その理由を挙げてみると

・給与や人間関係に不満がある
・仕事のストレスが思った以上
・会社に将来性がない、経営状態が悪い
・パワハラやセクハラがひどい
・ブラック企業のため過重労働でメンタルに支障をきたした

などがあるようです。

この3割という数値、業界によっても差がありますが非常に高いと言わざるを得ませんね。

石の上にも3年。今の会社で3年は我慢すべき!辞めたいは甘え?

石の上にも3年

新卒で就職した会社を入社後すぐに辞めたいと感じてしまった場合、多くの人は周囲に相談することと思います。相談相手は大学時代の友人であったり親であったり恩師であったりさまざまですが、多くの場合このようなアドバイスに終始することでしょう。

・せっかく就職したのにもったいない
・きついのは今だけだから我慢すべき
・仕事も覚えていないうちに何を甘えた事を言っているのか
・石の上にも3年というから3年は耐えなきゃダメ
・せっかく育ててくれた会社を裏切るのか

などなど、総じて辞める側に批判的な意見やアドバイスが多いのです。特に年配者になればなるほど、日本企業の終身雇用制度を前提として話をするため、何年目であろうが会社を辞めるなんてとんでもない、ただの甘えだ!という意見になりがちです。

一方、企業側も入社してすぐに辞められることは大きな痛手です。コストをかけて採用活動を行い、新入社員教育にもOJTにもコストをかけ戦力に育て上げようとしています。

企業にとって新卒社員は宝であり、じっくりと育てて戦力にし、いずれ会社に大きな利益をもたらす社員になるように期待しているのです。

実際、多くの企業の人事担当者に話を聞くと、新卒者の場合入社後10年間くらいは「コスト」であり、それ以降の実績でようやくコストを回収し会社に利益をもたらす存在になるという会社が多いのです。

入社3年以内に辞める事のメリット・デメリット

退職届

では、新卒者が入社して3年以内に会社を辞めてしまうことについて、それぞれのメリットとデメリットを新卒者側の視点で見てみましょう。

3年以内に会社を辞めることのメリット

① 耐えられないほどのストレスから解放される

退職を考える理由は上述のようにさまさまですが、共通するのは会社から何かしらのストレスを受けているということです。そのストレスから解放されるということは人間らしさを取り戻すことにもつながります

② 早い段階で軌道修正ができる

新卒3年以内の場合、退職時の年齢は25歳前です。25歳という若さであればまだまだこれから人生の軌道修正はいくらでも可能です。自分の思い描いた人生を送るには、軌道修正は早い方がよいという点で早期退職はメリットになります。

③ より良い条件の会社に早期に入社できる

今の会社の給与や待遇に不満がある場合、早めに待遇の良い会社に転職したほうが生涯年収は増加します。今の会社が低待遇である場合、もっと条件の良い会社へ転職することによる金銭的メリットは長い目で見るとかなり大きいと言えますね。

3年以内に会社を辞めることのデメリット

① 一時的に収入が途絶える可能性がある

会社を退職することはイコール収入が無くなることです。スムーズに転職できれば問題ないですが、そうでない場合は無収入期間が生じることになります。新入社員のうちはそれほど多くの蓄えもないでしょうから、無収入は生活を直撃するでしょう。

② 世間から冷たい目で見られる

3年以内に会社を退職すると、やはり周囲からの見る目が厳しくなります。何十時間に及ぶサービス残業や上司の執拗なパワハラによりメンタルに障害が発生した場合でさえ「忍耐力がない」と言われてしまうこともある日本の労働社会。早期の退職者に向けられる目は厳しいのが現実です。

③ スキルが身につかない

会社におけるスキルの習得というのは、日々の業務の積み重ねによって得られるものです。3年以内に退職することは、それまでの経験を捨てることにも等しいと言えます。つまり、入社から数か月~3年の期間をほとんど無駄にしてしまうことにつながるのです。

退職してもいいケース・ダメなケース

サラリーマンのジャンプ

このように、新卒者が早期に退職してしまうことはさまざまなメリット・デメリットが伴います。これを踏まえて、早期に退職してもいい人、退職しない方がいい人を分類してみましょう。

退職してもいい人

① キャリアビジョンをしっかりと描けている人

なんとなくイヤだからとか仕事がきついからという理由ではなく、自分の思い描くキャリアと今の会社における将来像の差異を明確に捉え、その差を埋めるために転職するというような自己分析ができている場合には早めに行動を起こした方がよいです。

② 体やメンタルの不調が顕在化している人

さまざまな要因により体調やメンタルに異常をきたし通院を余儀なくされるようなケースでは、一刻も早くその原因を排除することが必要でしょう。原因が上司や会社にある場合、まずは改善要望を伝え、それでも改善されないようであれば退職して次へ向かうことも必要です。

退職してはダメな人

① 後ろ向きな理由で辞めたいと思っている人

「なんとなく仕事がきつい」「今の会社ではやる気が出ないので環境を変えたい」といった後ろ向きな理由ばかりを挙げる人の場合は、辞めることでさらなる悪循環に陥る可能性が高いと言えます。仕事がきついのはどの会社も同じだと思い、しばらくは自分の将来ビジョンを考えることに集中しましょう。

② 仕事内容が思っていたのと違うと感じている人

入社前に思い描いてた仕事内容と今の仕事内容を比較して物足りないと思っていたり、なんでこんなつまらない仕事をしないといけないのかと思っていたりすることが理由の場合、しばらく様子見することをおススメします。社歴の浅い人に重要な仕事を任せる会社は多くはありません。退職して新しい会社へ移ったところで、仕事内容が劇的に向上する望みは薄いのです。

③ 会社の矛盾が許せないという人

上司が朝令暮改であるとか、お客様を大切にするのに社員は大切にしないとか、会社というのはいろいろ矛盾に満ちた組織です。その矛盾が許せないという理由で辞めるのは得策ではありません。新しい会社もきっと矛盾に溢れているからです。

新卒入社してすぐに辞めてしまう人こそ転職エージェントの活用を!

転職

仮に周囲を納得させられるだけの理由で退職したとしても、次の職探しには苦労するはずです。入社してすぐに退職してしまう若者を雇うリスクも会社は考えますし、書類選考で落とされることも増えるでしょう。

そこで利用したいのが転職エージェントです。転職活動のプロであるコンサルタントが、応募書類の書き方や面接対策、そして短期間で退職した理由をカバーしてくれるようなアピール内容のアドバイスなど、さまざまな面でサポートしてくれます。

数ある転職エージェントの中でもDODAは20代の求人数が多く、初めての転職活動をする若者向けの転職サービスと言えます。初めての転職活動の場合、いろいろ勝手がわからず戸惑ってしまうもの。DODAでは転職活動のイロハから教えてくれるので、人生初の転職でも成功率を上げられます。

まとめ

階段

新入社員で入社した会社をすぐに辞めてしまうことは、さまざまなデメリットやリスクを伴います。世間的にもあまり好印象を与えるものではなく、次の職探しにも苦労することとなります。

しかし、優秀な転職エージェントを活用することで多くのリスクを解消することが可能です。業界未経験や資格なしといった条件でも数多くの優良案件の中から応募者にぴったりの案件を紹介してくれることでしょう。

そして転職エージェント大手のDODAであれば案件数も日本トップクラスであるため転職成功の可能性も上がります。新卒入社してすぐに退職してしまう場合は、より有利な転職のために迷わず転職エージェントを活用してみましょう。